新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

にしん蕎麦

2016-11-02 17:43:30 | コラム
懐かしき「にしん蕎麦」:

先月の中旬だったかに、大久保通りの外国人様御用達の業務スーパー・河内屋で、真空パックされたお買い得と覚しき鰊の甘露煮を発見した。多分(日本の会社時代の)大阪支店勤務の頃と、最初の転身先のM社の京橋にあった事務所の近所にだったかの「うどんすき」の名店”美々卯”でも食べていた関西風の「にしん蕎麦」が自宅で出来るかと思って、試しに買ってみた。しかし、あのにしん蕎麦の鰊が甘露煮であるかどうかなど全く知らなかった。東京の蕎麦屋で「にしん蕎麦」を出しているところは少ないのではと思っていた。

そして試してみた。我が家で茹でてつゆ蕎麦を作り、その上におっかなびっくり甘露煮を乗せて暖まるのを待って食べてみた。するとどうだろう、まさしくあの懐かしきにしん蕎麦の味になっていたのだった。「何だ。こんなに簡単なものだったのか」と恰も「コロンバスの卵」的な感覚でゆっくりと味わった。それまでは河内屋にそんな商品があったとは知らなかったが、その後も行ってみると、チャンと段ボール箱に入ったままで無造作に床に置かれていた。その程度の「非売れ筋商品」のようだった。

特に魚好きというわけでもないが、大阪に転勤した直後には関西風の薄口醤油の饂飩(と蕎麦)のつゆの色の薄さに「これは何だ」と驚かされたし「こんなに美味いものは東京にはないやろ」と大阪人が自慢する(東京を貶す?)ほど「きつねうどん」も「たぬきうどん」も美味だとは思わなかった。言うなれば、関東と関西の文化の違いだろうが。だが、それらよりも遙かに高価な「にしん蕎麦」は少しは美味いなと感じていたので、京橋への美々卯の出店は大歓迎だった記憶がある。

「うどんすき」は意外にもアメリカ人に受けたので、美々卯では屡々”UDON”を楽しんだものだった。中には「生もの」ではないことで安心して食べた者もいたのだと思う。しかし、それがどれほど高価な料理であるかには余り関心がなかった。そこで、本日はあらためて検索してみると、今や一人前が¥8,800となっていた。金額は大きいが、何となくどっちつかずの価格のような気もする。

にしん蕎麦に話を戻せば、それ以来毎週一度は鰊の甘露煮蕎麦を家内と楽しんでいる。それはまさか中国製ではあるまいと思って、やっと本日包装の生産国の欄を読んでみれば製造者名に宮城県の会社名があったが、魚の原産地は表記されていなかった。加工品はそれで良いのだったかと思って冷蔵に戻した。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊洲問題を考える | トップ | 朴大統領と崔順実問題 »

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事