新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

12月7日 その2 時代は急速に進歩し変化する

2016-12-07 13:35:28 | コラム
アメリカで起きた現象は:

本日、カリフォルニア州に40年近くも住んでいるSM氏が興味ある現象を以下のように知らせて貰えたので紹介しよう。

>引用開始
最近あるNational chain のレストランへ行って驚いたことは、注文、支払いをテーブルの上にあるスクリーンで行い、いわゆるウエイトレスはいることはいますが、料理のテーブルへのデリバリーはアルバイト的な高校生のようなものが専門的に行っています.結局、スーパーのチェッカーと同じようにウエートレス(ウエーター)職も消える過程にあるようです.今後全米各州で最低賃金が$15以上に上がる動きに備えてのIT化の流れでしょう.
<引用終わる

如何にもアメリカ人がやりそうなことだと思った次第。彼らの人件費節減に向けての強烈なコスト意識とはこういうものだと、あらためて思い知らされた。

それで思い出したことがある。2000年に6年振りで、しかも生まれて初めてアメリカにビジネス以外(”sight seeing”ではなく”pleasure”と言うようだ)で訪れた時のことだった。先ずサンフランシスコから入って、Weycoのコーポレート・レートを適用して貰ったハイヤットリージェンシー・ホテルにチェックインした。ふと、リセプションのカウンターの片隅に”Video check-out”と言う看板を発見して何事かと一瞬思ったが、直ぐに忘れて部屋に入った。

そしてテレビをつけて直ぐに判明したことは、そのテレビのリモコンを使ってチェックアウトが可能であり、そのままホテルを後にしても良いシステムが導入されていたのだった。更に、出張者で領収証と明細が必要な場合には、上記のカウンターに行って請求すれば貰えるように準備されているのだった。それならば朝のチェックアウト客でフロントデスクが繁忙を極めている時に、さっさと出て行けるような便利なシステムなのである。

これがアメリカ人が考える能率化であり、そこに私の持論である「アメリカで導入される新規開発の生産方式やを合理化のシステムや新規開発の製品などは、何れは我が国に導入される」を当てはめると、遠からぬ将来我が国のホテルにもと一瞬考えたが、それ以降何度か訪れる機会があったアメリカの各地のホテルでは、一向に見かけなかったし、我が国でもそういう類いの合理化も導入されていないようだった。

寧ろ、回転寿司チェーンなどにはICチップが埋め込まれた皿が導入され、瞬時に計算書が現れてくる端末を持った店員さんがいるかと思えば、某専門商社の社員食堂にも、食器類にICチップが入ってい会計方式になっていたのだった。このように、世の中は何らかの機会を捉えては人手を省く方向に進んでいるし、AIなどの研究開発も進歩発展の一途である。このようなICT化の勢いは最早何人も阻止出来ない次元に入っているのだろう。私がリタイヤーする際に多くの若手に言われた「良い時に辞められますねー。一方残された我々は・・・・」を思い出す、今日この頃である。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ICT化が広範囲に普及した時代... | トップ | 私インターネット・リテラシ... »

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。