新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

石原元都知事の百条委員会喚問に思う

2017-03-21 07:59:08 | コラム
呼ぶ前から結果は見えたいたのではないか:

同期生としては一言にすれば「気の毒だったなー」とでもなるかも知れない。私には何故、東京都議会が石原君を喚問するのかが始めから良く解らなかった。強いて考えれば、小池都知事が大物をを標的にして叩くという方式をここででも取りたいのだろうという類いの忖度があったのか辺りしか思い浮かばなかった。私は以前から彼が脳梗塞に襲われたとの噂を聞いていたので、あのヨロヨロとした歩き方には尋常ならざるものを感じていた。小池都知事も都議会議員たちもその程度のことは聞き及んでいただろうに、そこを押してでも彼を召喚する無情さには少なからず異常さを感じていた。

それにしても、今更彼や浜渦元副知事を召喚して訊問(尋問?)することに何の意義があるかは、喚問が終わっても良く解らなかった。マスコミもテレビに登場する御用解説者も「未だに不明な点が残った」(のは残念?)という類いのコメント(カタカナ語だ)をして下さる。変更を支持してくださって有り難いことではないか。

そこで、敢えてこの喚問の意図を考えてみることにした。あるいは考えるのではなく、小池都知事の意図を忖度することかも知れない。それは「あのような汚染された土壌しかない東京ガスの工場跡地を無理矢理に取得して、その浄化費用の東京ガスの負担をあのような最小限に止めただけで飽き足らず、都の負担分を800億円超にも増大させてしまった責任は重大だ。それだけではなく、建設された新市場の建物の地下水からは環境基準を遙かに超えた有害物質が検出され、業者と都民に不安感を抱かせた責任もこれまた重大である。潔く責任を認めて謝罪し罪の服すべきだ」とでもなるのだろう。

といった具合で、都議会にも、石原元都知事の後継の都知事には全く何の責任もなく、彼と濱渦元副知事のみを喚問と訴訟の対象にでもしようという気なのかとしか思えないのだ。また、マスコミも議員たちも「記憶にない」を逃げたと非難するが、それは「記憶を失ったこと」がない者だからこそ言える無情な台詞だ。私は1985年10月にシアトルで自動車事故の被害者となり、頭を強打された。結果として記憶の一部を短期間失った。

その経験で解ったことは「記憶喪失とは言うが、記憶全体を失うのではなく、記憶のどの部分を失ったかが当人には解らないのが辛いのだ」ということ。具体的にいえば52歳の若さで?予定を失念していたかと思えば、「言いました」と決めつけられた事柄の記憶が全くなく、証拠書類を見せられて思い出したとか、てっきり初対面と思って何人かに名刺を出して「前にお目にかかったいますよ」と言われたし、秘書にも注意されたことがあった。

脳梗塞は経験したことはないが、知る限りでは大いなる記憶の欠落を生じるようで、私のように頭を強打されたのとは次元が違う病だろうから、経験もしていない者が彼を如何にも「責任逃れ」だの「おとぼけだ」などというのは極めて不当であると思う。何度でも言うが「豊洲移転の案件を裁可した責任は認める」と記者会見でも昨日も言ったではないか。それ以上をあの病み上がりのご老体に何を求める気か。偏向したマスコミも好い加減にしろ。

最後に一言「世間には石原君嫌いか、反石原派が予想以上に多いようなのは、遺憾だし、残念だ」となる。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月20日 その2 カタカナ語... | トップ | 2016年の我が国の広告費 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。