新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

10月29日 その3 私が小池都知事危うしと言うもう一つの理由(ワケ)

2016-10-29 15:46:08 | コラム
多数派が絶対的なのか?

私が「小池都知事危うし」と最も恐れている理由(ワケ)は「100人中の2~3人の主張が如何に正しくて良いことであっても、残る97~98人の言うことがそれと異なる反対意見だった場合には(民主主義の原則でもある)多数派が正しいことになってしまうこと」なのです。私は反小池派はそこを狙っているのではないかとすら疑っています。即ち、小池さんを多勢無勢の状態に追い込みたいのでしょうか。

オリンピックを我が国で開催することを恰も「錦の御旗」か「水戸黄門の印籠」であるが如き主張をテレビに出ては繰り返していれば「小池都知事は誤り」であると思わせる世論形成すら出来かねません。私は事の成り行きをある程度斜に構えて見守っております。ジャーナリスト系の解説者は言わば風見鶏的な言動が多く、JOC出身者や鈴木某の如きはIOC様々が基本です。組織委員会長様は単細胞ですから、困ったことにその巨頭でしょう。

私はオリンピック観戦などしたことはありません。だが(何年前のことか調べれば解るのですが)我が国で最初に開催されたアジア大会を元の国立競技場で観戦し、それなりに感動していたので、オリンピック開催の価値は認識しております。だがしかし、オリンピックの前には何物もないと主張する連中には、批判的とならざるを得ません。東京都やお国のお金を使うことを何とも思っていないのかと問いかけたくなります。更に彼らに「自費を投じてまで開催する気があるのか」と問いかけたいと、一都民として思うのです。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月29日 その2 冷静なる評... | トップ | ハロウイーンって何のこと? »

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。