新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

10月13日 その2 小池都知事対組織委員会とIOC

2016-10-13 17:34:36 | コラム
小池都知事は何処までやる気なのか:

本日は休養に充ててボンヤリとテレビを眺めていた。すると、多くの局が面白そうに小池都知事対組織委員会というか、ボートとカヌー会場の変更案を採り上げていた。住民税を年金の振り込みから膨大に?ひかれている身からすれば、極力オリンピックへの出費は軽減して貰いたいと思って期待している。言わば「フレー、フレー。小池」なのだ。

昨日から登場した宮城県の村井知事は小池都知事の立候補から連携されていたようだが、組織委員会では閣僚崩れのラグビー経験者の某理事にかなり冷たくあしらわれ、都知事との温度差が大きすぎると表現した上で、必ず長沼への移転を実現させると意気込んでおられた。それはそれで意気壮んで誠に結構なのだが、現状から見れば、元総理を中心に頂く運動選手上がり集団とIOCとJOCを切り崩せるとは思えない感が深い。

小池都知事が自ら名乗りを上げて改革したい案件は極めて多く、また容易に成就できそうにもない事がこれまた多い。私は何時までもオリンピック会場の冗費節約に拘っておられずに何処かで上手に切り上げて、都庁と都議会の改革に集中して貰う方が自然であると同時に、頑迷な元総理と争う事が得策とも思えない気がする。折角あれほど都民からの大きな支持を得られたのだから、そこを有効活用して舛添の後始末だけではなく、より良い東京、住みやすい東京を実現して貰いたいのだ。

決してオリンピックへの3兆円もの出費を是認するわけではないが、相手が悪すぎると懸念するのだ。麻生財務相などは「日本オリンピックではない。東京が招致したのだ」などと言っていたではないか。もしかして東京の住民税が増額でもされたらたまらない。ここまでのやりとりを見ていると、小池さんに分があるとは思えなくなってきたので言いたいのだ。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジェトロ「世界貿易投資報告... | トップ | アメリカ国内の米価 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。