新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

5月19日 その3 アメリカのメデイアと我が国のマスコミ

2017-05-19 20:23:38 | コラム
我が国のマスコミは不誠実:

私はオバマ大統領が初登場した頃に、共和党支持の元の上司や同僚から民主党が下院院内総務(下院議長?だったか)のナンシー・ペローシが主導して、共和党寄りの記者会見とうからFOXを閉め出したのは誠に不穏当と聞かされておりました。昨夜、Prime newsでは小森義久氏とデーブ・スペクターがアメリカの新聞やテレビは支持政党を明確にして論じると指摘したような事態は、オバマ政権下でも明らかでした。

この辺りが我が国とは大いに違うのですが、我らがマスコミはそういうことを一切報じずに、NYタイムスとワシントンポストが恰も全国紙で読売や朝日のように読まれているかのように伝えて、罪なき読者を惑わしているのは怪しからんと思います。ハッキリと「アメリカの有力地方紙であると思っているニューヨークタイムズによれば」とでも言うべきでしょう。

事実、私は20年間アメリカ出張の際には主にシアトル市内のホテルに泊まっていたのですから、ニューヨーク州とワシントンDCの新聞なんて見たこともありませんでした。部屋に入ってくるのはUSA Todayだけ。朝は食堂にあるアメリカで印刷している日経と読売を読んでいましたが。因みに、シアトルの地元紙は日曜版だけは食堂にあるので読みましたが、日本のことなど一行も触れていませんでした。アメリカの新聞ではこれが普通です。地方紙ですから。

私はBSフジはデーブ・スペクターを色物の芸人とでも見做して使っているのかと思って、面白がって見ています。だが、時々「へー」と思うことも言ってくれますから捨てがたいところがあるのです。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月19日 その2 5月18日のPr... | トップ | 20日は疲労気味だったので »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。