新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

稲田朋美元防衛大臣

2017-08-16 07:53:36 | コラム
私は前防衛大臣だと思うのだが:

稲田朋美さんが昨年は果たせなかった靖国神社参拝を行ったと報じられた。しかし、中には「元防衛大臣」の肩書きにしてあったメディアもあった。私はこれまで現職の大臣(でも社長でも)の前任者は前大臣か前社長と呼び、その更に前の方は「元大臣」か「元社長」として区別してきた。だが、近頃は前任者だろうと誰だろうと、過去にその地位にあった方は全て「元何々」と元が付けられているように思えてならない。

この流れを見て少し自信がなくなってきたのだが、「前大臣」や「元大臣」という仕分けは最早必要がないのかと思うに到った。だが、稲田朋美さんはどう考えても「前防衛大臣」であって、中谷元氏が「元防衛大臣」だと思う。大体からして名前だって元さんだし。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月15日 その5 白人至上主... | トップ | 8月16日 その2 山中慎介が... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kazk)
2017-08-16 13:48:03
元大臣で全く問題ありません。
前大臣は岸田文雄氏です。外相兼務ですがこういう場合も単任の場合と同じで区別しませんから、いくら一週間の短期間でも前大臣の扱いになります。

ただ兼任しても給与はその分でないそうです。まあ防衛大臣経験者という箔は付くのでしょう。

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。