新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

6月28日 その2 電子計算機の進歩と時代の変化

2017-06-28 17:10:25 | コラム
AIの進歩発展と普及に思う:

かの将棋界の新星というのか新たな英雄、藤井颯太四段はその進歩の過程で、AI(人工知能=artificial intelligence)を活用していると、お師匠さんが語っておられた。マスコミはコンピュータの将棋ソフトというのかAIの棋士?が、次から次へと対戦した生身の棋士を破って行くのを嬉々として報じている。何処かで読んだことは「大型コンピュータの処理能力では極めて短い時間に700万回もの将棋を指せるので、人に勝てるのに不思議はない」とあった。

私は1960年代にはお世話になっていた日本の会社で「情報用紙」(=ビジネス・フォーム用紙)を担当していた時期がながあったので、電子計算機について何らの具体的な知識もないままにその業界との接触があった。それは電子計算機の「アウトプット」用の用紙なのだが、紙に対する要求が非常に厳しく、後に知るようになったのだが、そういう紙を使う機械類は「紙という木材繊維で出来ている物の物理的な品質の限界などには全く何の配慮もしていなかった」のだった。イヤ、紙がこちらの要求を理解して即刻対応すべきだと頭から決めつけているといった方が正確だったかも知れない。

その当時でも、我が友・YM氏は電算機に通暁していて「如何にして大量の情報を機械に入れるかが肝腎で、入れた情報が少なければ吐き出される結果も限定されると知るべきである」と言って、如何にして短時間に大量の情報を入力して演算させるかが重要なのであると説いていた。こちらの理解力は「そんなものかな」と受け止める程度で、何とか早くクレームにならない紙が出来ればと願っていた。

話変わって、1987年にW社の他の事業部の日本市場進出のお手伝いをしていた頃に、その事業部のマネージャーと打ち合わせをしようと営業所を訪れたことがあった。その時に彼はパソコンに向かってゴルフのゲームをやる余裕を見せなから、私を出迎えてくれた。この頃には確か電子計算機はコンピュータというカタカナ語の名称に変わっていたが、アメリカでは”personal”なものまで出来していたとは不覚にも知らなかった。

そのまま私は仕事用にpersonal computerなどを使うことなく1994年1月末で引退となったのだが、秘書さんは既にPCを使っていたし、1987年に就職した愚息などは入社前にワープロは使いこなせるように準備することを求められていたと記憶する。そして、私が退職後間もなくW社ジャパンでは全マネージャーがPCを持つ(持たされる?)ようになったと聞いた。時代の変化であろう。

私は引退後にも物書きの真似事は続けていたが、何れは年金生活に入っていく身では分不相応な投資をしてPCを使って原稿を書こうとは全く思っていなかった。それが、私の運命は偶然に支配される要素があるので、2003年の70歳の秋から、偶然の積み重ねで導入せざるを得なくなって今日に至っている。

その便利さは十分に認識してはいるが、ワープロを使っていた頃にその道に詳しい某メーカーの部長さんに「貴方はワープロが持つ機能の10%も使っていない」と揶揄されたが、甘んじて受けた。現在でも「PCの機能の中では1%ほども活用していない」と、胸を張らずに言える自信はある。

27日には我が国最大の店舗数を持つに至ったと報じられた回転寿司のHを何回目かで訪れてみた。前回の時には未だ完全に受付業務がAI化(は大袈裟かな)されていなかったが、昨日はロボットに何名かとテーブル席かカウンターを望むかを入力して、吐き出される座席の感熱紙の番号札を持って#63に向かった。ここではタッチパネルで注文し、食べ終わってから会計を要求する方法にも慣れた。成田でのタッチパネルでのチェックインで戸惑いは十分に経験済みだったから。国立国際医療研究センター病院でも外来の受付から会計までのAI化は著しく進んでしまっている。

このようにAIによる合理化(人減らし)が今後とも何処まで進んでいくかは超後期高齢者の私には想像も付かない。だが、経済性の追及や合理化はその道の専門家によって、恐らく限界まで行くことになるだろうことは容易に想像できる。だが、その限界が何処で如何なる形になるかを老化して時代遅れになった頭脳で考えても解る訳がない。そこには空恐ろしいものがある。

私は自動車の自動運転のシステムの進歩(よく考えればおかしな言い方で、そもそもautomobileではないか)などは危険極まりないのではないかと、密かに恐れている。それは、これほど嘗ての電子計算機が進歩してAIになっても常に何処かで不具合が発生しているし、ハッカーなどという不逞の輩が続出する時代にもなってしまった。将棋用のAIが人間に勝っている程度で収めておけば良いのではないかと思うが、その道の研究者は追及を止めるとは思えない。世の中は常に進歩と発展を求めている限り。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 目下減量に努力中 | トップ | プロ野球のオールスターファ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。