新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

6月22日 その2 小池都政批判派は言うが

2017-06-22 13:58:18 | コラム
何の具体性もないじゃないか:

22日の朝はジムのロッカー・ルームで論客の一人に「小池さんのあの発表には具体性がないじゃないか。豊洲への移転が来年の5月とやらだが、その間の経費を我々都民の税金で負担するというのか」と、不満足だとの議論を持ちかけられた。すると、何人かがその意見に同調して、時ならぬ盛り上がりとなってしまった。

私はこれは無理ではないことだとは思うが、こういう意見というか小池都知事批判の声がいくら上がっても、恰もトランプ大統領の支持率が一定以下から下がっていかないのと同様に、小池都知事支持派は揺るがないと思っている。それは先日紹介した有本香さんの著書のように、小池都政批判派は今更あの本を買わずとも解っているし、支持派は買う訳はないのだから。

22日の産経に自民党の平将明が「築地再開発は愚かなプラン」との論陣を張っていた。だが、小池都知事の支持層が産経を読むことすら疑問だし、仮令読んだところで歯牙にもかけないだろうと思う。私は小池都知事のこれまでの選挙対策はそれほど巧妙であったし、都政と都議会の暗部に光を当てて透明化するというスローガンは受けていると思っている。

それにつけても、東京都の自民党はこれまでの戦略が適切であったとは思えないし、内田茂都議会議員を「ドン」と呼ばれて為す術もなかった辺りは、石原伸晃も下村博文も後手後手を踏み続けたと思っている。告示は既に明23日に迫ったにも拘わらず、現状では小池都知事の作戦勝ちに終わるのではないのか。

そうなった場合に「都民ファーストの会」の議員たちが、問題を起こしてばかりいる自民党の2回生議員のようにならねば良いのだがと密かに危惧しているのだ。週刊新潮が取り上げ、今朝ほどから各局が音声を流している某女性議員の怒鳴り方には、余りの知性の無さに辟易している。

全くの余談だが、安倍総理夫妻のところに「寄付して頂いた100万円を“その前”(何の前か?)に返しに行く」と称して上京してきた籠池氏は、あれは何の真似だったのだろう。「あの札束の中央部は色が違う」と記者たちは指摘していたが。安倍総理もあれやこれやとご苦労が多いようだ。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蹴球からサッカーへ | トップ | 安倍内閣の包囲網か? »

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。