新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

一帯一路を考える

2017-05-16 13:49:37 | コラム
中国のやることは:

本日は国立国際医療研究センター病院の循環器科に10:30の予約があり、10時丁度に到着しもしかして早く呼ばれるかと期待しておりました。結果は無残にも11:20に呼ばれました。それからバスの乗り継ぎは便が悪いのでタクシーを奮発して高田馬場駅前のビッグボックスに到着すればほぼ12:10頃。

シャワーを浴びて体を洗い終え着替えて時計を見れば12:30。未だ我が家の前で止まるバスが37分に駅前から出るのでダッシュ。無事乗り込んでから、思い直して調剤薬局に処方箋を置きに行ってから帰宅。昼食を摂ってからPCの前に座った次第。

なお、15:30には歯医者さんの予約があるし、調剤薬局にも薬を取りに行かねばなりません。肝腎の診断の結果は先ず先ずでした、念の為。ところで、畏メル友尾形氏から中国の一帯一路会議にあれほどの数の国が集まったことについて

<あの国が世界の覇権を狙い、それに同調する国々がいるのですから驚きですね。>

との感想が寄せられました。将に その通りです。彼らは唯々諾々と政治や経済の面では中国の誘いに乗る一方では、無数の若者を不正就労の為だけでもないでしょうが我が国の日本語学校に送り込んでいます。本当に一度大久保通りに来られて駅前から北の方向を見ながら10分でも立ち続けて、我が物顔でスマホに向かって喚きながら道を歩く彼らの実態を見て頂きたいもの。業務スーパー「河内屋」も是非視察願いたいのです。日本人も買いに来ているのが実態。

また、通りを離れて一歩路地に入れば彼らのアジトが林立。沢山の洗濯物が干してある風景はまるで往年の香港に来たような感があります。兎に角、何処に行っても、例のガラガラを引きずった連中に道を塞がれます。

私は我が国は人が良すぎると思っております。安倍総理も官房長官もテレビカメラの前で中国等を非難される時には、何処かの国の報道官のようにもっと怖い顔で彼らを見下したような声音で語られても良くはないかとすら思うのです。それに、我が国は常に後手を踏み、先手必勝の彼らに対して穏やかに反論するだけでは、今日の国際情勢下では弱すぎると思うのです。

そうは言っても、まさかトランプ様ほど強烈に他国を批判したり貶したりすることはないと考えていますが、我が国は全般的に品が良すぎる気がします。性善説に拘泥しすぎだと思うのです。ズバリと言えば「対海外の慣れが不足」なのかな。「詳細に言わずとも先方委が察してくれるだろう」では通用しないのでは。
ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一帯一路に思うこと | トップ | United Nations対我が国 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。