新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

2日夜に帰京

2017-08-03 09:20:13 | コラム
マスコミは高校野球の報道でも偏向:

3泊4日でPCもなく新聞も読まないで静養し、2日の夜に無事帰京した。静養先ではテレビは地上波で1、4、5、6、8チャンネルしか見られなかったが、朝夕にはそれなりにニュースには接していた。(日中は不在という意味、念の為)残念だったのは、7月31日にMXの「ニュース女子」を見られなかったことか。

偏向していると言ったのは、何れの局でも早稲田実業(=清宮幸太郎)が西東京の予選の決勝戦で負けてしまったので甲子園に出られなくなったし、清宮幸太郎もホームランの新記録達成がお預けになったことのみ残念がってを取り上げても、目出度く甲子園に出ることになった東海大菅生は無視したことを指している。兎に角、「清宮が打ったの、打たなかったの」ばかりでは、余りにも片手落ちだ。

私は早稲田大学とその系統高校の野球部からは未だ嘗て歴史に残るような大打者が出ていないのではない点を言いたいのだ。「何を言うか、世界の王貞治さんがおられるではないか」という反論が来るだろう。それはそうだが、王貞治は早実から投手で読売に入り、投手を諦めて打者に転向してから、故荒川博氏が個人指導で育て上げたので、早実出身の素材だったというだけだと、私は認識している。他にはオリオンズの榎本喜八が利他が、彼はホームランを沢山打つ人手はなかった。

私は少なくとも昔から早稲田大学野球部からは大打者が出ていないと思って見てきた。「ホームランを沢山打つような打者に限定すれば」という但し書きを付ければ、より一層正確な記述になるかと思うが。それかあらぬか、マスコミの清宮君に対する期待度が高すぎるのは納得できないのでもない。ではあっても、あの偏向振りには不公平すぎるのだろう。東海大菅生は何と思うのだろう。

冷静なる評論家としての私の清宮君の評価も述べておこう。彼の手先だけというか、早稲田式打法である「前の方でチョコンと当てる」打ち方で、あの体格と力で振り回した結果でホームランは確かに量産された。だが、練習試合とそう大して水神が高い訳でもない公立高校相手の試合等でも打ったホームランまで数えて107本と騒ぎ立てられては、清宮君も迷惑ではなかったかと思うほどだ。大体からして、マスメディアに過剰に囃し立てられて大成したスポーツ選手の数はそう多くはない。即ち、褒め殺される危険性があるのだ。

私は清宮君が走る頼りない腕を横に振る姿を見ていると、早実では何を教えているのかと思ってしまう。今時の運動部であるから、チャンとした基礎的な身体能力の強化等は鍛え込んであるとは思うが、あの走り方は気になってしまう。そういう点から見れば、早稲田大学野球部進学は余りお薦めしたくない。ではプロかと言えば、新入りの有望選手を育てる技術が劣悪な読売だけは避けるのが賢明だろう。坂本勇人があの素質であの窮屈な打ち方であそこまで行くのに何年費やしたかを思えば、この「読売駄目説」は理解して貰えると思う。

清宮君論が長すぎた。まともな番組に行こう。Prime NewsにDPRKのICBMを論じる番組に出演された第41代自衛艦司令官・香田洋二氏が指摘された「金正恩はアメリカが在韓の30万人のアメリカ人に配慮して攻撃してこないだろうと考えていれば誤りだ」には、唸らせられた。同時に「それがアメリカであり、戦争である」と考え込まされた。この番組には聞き所も多く、折角の静養中の目玉である温泉に入るのも忘れて聞き入ってしまった。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月30日 その3 今井絵理子... | トップ | 8月3日 その2 安部改造内閣... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kazk)
2017-08-04 12:58:04
お久しぶりです。

今回の早実の清宮君に対するマスゴミどもの扱いには大いに賛成です。野球は9人でやるものなのです。総合力で勝つものなのですから。

ただこれはどうでしょう。
>私は早稲田大学とその系統高校の野球部からは未だ嘗て歴史に残るような大打者が出ていないのではない点を言いたいのだ。
歴史に残るような大打者ですか…皮肉るんではありませんが何を持って大打者とされるのですか?

6大学野球の記録を見てみましょう。「HRをよく打つような打者に限定すれば」上位はこうなります。

高橋由伸 102試合 366打数119安打 62打点 打率.325 23本
田淵幸一 97試合  342打数 94安打 78打点 打率.275 22本
岡田彰布 88試合  309打数117安打 81打点 打率.379 20本
荒川尭  71試合  268打数 90安打 43打点 打率.336 19本
谷沢健一 82試合  308打数111安打 63打点 打率.360 18本
広沢克己 69試合 248打数 87安打 47打点 打率.351 18本

以上が上位5人です。なお上位者には山口高誉19本という記録がありますがプロ入りしてませんので除外しました。
なお例外としてこの人
長嶋茂雄 96試合  304打数 87安打 39打点 打率.286 8本
こんなやつが?という所で
鳥谷敬  96試合  345打数115安打 71打点  打率.333 11本
彼はこの程度の記録で三冠王を取ってます。
さらに
山本浩二 65試合  229打数 67安打 30打点 打率.293 8本塁打
こうなるわけです。
岡田や矢沢が大打者かどうか知りませんしどう評価されても勝手です。

でもそうなると早稲田が大打者を出せないのではない。6大学野球には大打者を出す能力がない、もしくは6大学野球には大打者なんていらない、というのが正解なんじゃないでしょうか。

上の表で間違いなく第一のHR打者といえるのは田淵でしょうが彼だけが上位者で3割を切っています。
つまりシェアなバッティングが出来て安打数を稼げる、HRはヒットの延長といえるような打者しかいらないリーグだということです。
考えてみたら当たり前で甲子園の延長のようなスモールボールのリーグなんですからこれも当然でしょう。年間のリーグ戦はあって25試合程度、プロ野球の世界の大打者でも140試合で40本程度でしょう。3.5試合に1本です。一回のリーグ戦で3本も打てない勘定です。
それより10安打してくれる方が遥かに計算になります。

つまり6大学のスラッガーにHR打者を期待しない方がいいというのが小生の持論なのです。
将来大学リーグの改革が行われプロ野球のファーム並みに年間50試合異常やるなんてことにでもならない限りこうの傾向は続くでしょう。

だから清宮君も大学行くのは時間の無駄だと思ってます。本人の意志次第ですが日本のプロが一番いいでしょう。MLBでやれるかどうかははっきり言って小生には分かりません。


コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。