新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

7月14日 その2 文在寅大統領論

2017-07-14 17:04:50 | コラム
素晴らしい指導者・文在寅大統領:

今や世界には「自国さえ良ければ」という理念に燃えた指導者が増えてきたのは紛う事なき現実だと思う。先鞭を付けたのがトランプ大統領で「アメリカファースト」のスローガン掲げて、まさかの大統領選挙を勝ち抜いてしまった。そのひそみに倣ったとしか思えないのがマジックを駆使して「都民ファーストの会」を大勝利に導いた小池百合子東京都知事だと、私は考えている。尤も、小池都知事の場合には「自分ファーストではないか」という噂もあるようだが。

このお二方の他に私が「ファーストの会」の新規会員に数えたいと思うようになったのが、韓国の文在寅大統領である。この大統領は選挙キャンペーン中から”Boys be ambitious”に触発されたのか、夢のような理想的な政策を掲げて大統領になってしまった。その評価は我が国では決して高くはないし、新たな動くゴールポストが出現したかと危惧されていると思う。

13日夜のPrime Newsではこの「文在寅政権の命運」が、前夜の安倍総理の限界論に続いて採り上げられていた。BSフジは何故かこの手の特集に呼んでくるのが有識者の間で兎角の評判があると言うべきか「札付き」とでも言いたい恵泉女学園大学准教授の李泳菜氏をゲストに迎えている。

李准教授と言い東海大教授の金慶洙さんと言い、韓国の論客の方々は「我こそが絶対に正しい」とばかりに頑強に自説を主張して譲らず、常に論戦の相手が致命的に間違っているという論旨を展開するだけで、近況の場合などは、彼女がいるだけでまともな討論会にはさせないのである。13日の夜も司会の反町が「そんな風に考えているの」と呆れ返ったように李准教授は「広島への原爆の投下が韓国の独立を助けた」と堂々と主張したのだった。

それはさて措き、私は主たるゲストだった武貞秀士拓殖大学大学院特任教授の解説で、漸く文在寅大統領が自国の現在と未来を深く考えた政策を掲げる立派な自国を第一に考えておられる政治家だと解ったのだった。そんなことも解っていなかったのかと自らの不明を恥じた。考えてもご覧じろ、彼は南北朝鮮の聖なる平和的統一に燃えて、いつ何時でも条件が整えば金正恩との会談に平壌に馳せ参じると表明したではないか。同じ民族が相争うことなく統一することは麗しい理想ではないか。

また彼は戦争なき平和統一を目指して、その障害になる何十万人という在韓米軍には可及的速やかにお引き取り願って、朝鮮人民だけの国を作る理想に燃えておられるのだ。その統一の相手である北朝鮮は世界に冠たる核保有国であるが、その核実験もmissileの開発も話し合いで一時凍結させようと真剣に努力しておられる。既に東西統一を終えたドイツに倣うべく、その理想論を主とした演説を歴代大統領に倣ってベルリンで語ってきたではないか。

彼の眼中には、北朝鮮を裏と表から、UNやアメリカが何と言おうと、支え続けている習近平や、ウラジオストックへの航路を設定したプーチン大統領の思惑というか野心というか政策などの恐ろしさは存在しないかの如くだ。文在寅大統領は如何なる困難をも乗り越えて開城工業団地を再開して北朝鮮に資金を提供することを辞さないと言う崇高な姿勢も見せているではないか。これぞ「自国ファースト」でなくて何だ。

私は上記のような崇高な理想を追い求めておられる文在寅大統領にとっては、不可逆的合意の再交渉や日本の歴史認識不足問題などは「大事の前の小事」に過ぎないのではないかと、希望的に考えたいのだ。彼は80%もの支持率を頂く希有な大統領である。その支持率を維持し続ける為には、80%の国民を満足させる為には、アメリカが何を言おうと関係ないのであり、南北統一を実現させて韓半島に平和をもたらして、アメリカや日本の世話などにならない国を創り上げようとされているのだと良く解ってきた。

文在寅大統領に与えられた次なる大きな課題は、またワシントンDCに飛んでトランプ大統領と懇談して「THAADなどという習近平様のご機嫌を損ねる兵器は不要と申し出て、自国の平和を金正恩とのコラボで実現させるから、今後は無用な介入をなさらないで」と申し込むことになるだろう。安倍総理に不可逆的合意の再交渉を持ちかけるのは、後回しにして下さるのではなかろうか。

ここまで来ると、私には「自国第一を第一義に掲げる指導者がこれ以上増えれば、世界はG20だのG7だのパリ協定だのと皆で集まって仲良く語り合って自由貿易を楽しもうなどという時代は何処かに雲散霧消するのではないかと、一人密かに恐れているのだが。

ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あーあ、稀勢の里 | トップ | 安倍内閣の支持率を急落させ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。