新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

7月13日 その3 イワキFCは負けてしまった

2017-07-13 14:06:14 | コラム
J1の清水エスパルスには負けた:

12日に採り上げて褒めておいた「体格の良いラグビーの選手がサッカーをやっているような」イワキFCが、12日夜にJ1の清水エスパルスに2対0で負けてしまった。このイワキスポーツクラブは今や大人気ブランドのスポーツウエア-、”Under Armour”で有名になった株式会社ドームが運営する組織である。これでは何のことがお解りでない方には、読売巨人軍のユニフォームは昨年までドイツの有名ブランドである”Adidas”のロゴマークがついていたが、今年からUとAを組み合わせたUnder Armourのあのロゴマークに変わったと言えばお解りだろうか。

そもそもは、アメリカで大学生たちがフットボール用に開発したウエアーが大人気ブランドに成長し、慧眼にもその日本国内での販売権を獲得したのが、法政大学のフットボール部で主将を務めた安田秀一氏だった。同氏は同じ法政二高出身の盟友の今出義明氏と組んで株式会社ドームを創立したのである。安田氏が社長兼CEOで今出氏が専務取締役である。また、安田氏は母校法政大学のフットボール部の監督でもある。

安田氏はフットボール式の世界で最も近代的且つ進歩的なアメリカ式トレーニング方式を導入してイワキFCを強化しようと企画したと報じられている。私には何も法政大学のフットボール部やイワキFCの提灯を持つ義理などないが、そういう方式を導入してサッカーの強化を図っておられる点には、古き良き時代にサッカーを少しかじった者としては敬意を表したいので、敢えて採り上げた次第だ。

なお、私がこのUnder Armourに興味を惹かれたことに「アーマー」の綴りがUK式の”Armour”となっている点がある。アメリカでフットボール用に開発されたのであれば”Armor”であるべきだったのに、アメリカでは「気取っている。キザだ」と毛嫌いされるUK式にした辺りが面白かったのだ。アマチュアのイワキFCは体格と筋力を強化したまでは良かったが、J1の古豪清水には勝てなかったのは残念だっただろう。
ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月13日 その2 英語らしい... | トップ | 7月13日 その4 安倍一強の... »

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。