新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

ジェトロ「世界貿易投資報告」2016年版

2016-10-13 09:11:58 | コラム
JETRO「世界貿易投資報告」2016年版 #2:

10月2日に採り上げたものの続編です。ここでは先ず2015年度の我が国の主たる国別・地域別の輸出入相手を採り上げます。単位は100万ドルとなっています。

*輸出は総額が625,068で対前年比が-10.0%となっていました。内訳ではアメリカが第1位で125,852で対前年比△2.8%、2位は中国の109,266で△14.0%と大きな落ち込み、3位は一纏めにしてEUで66,004の△8.4%、4位はタイで27,999で△11.3%、5位はヴェトナムで12,535の+5.7%、以下マレーシア、インドネシア、フィリピンと続きます。

*輸入の総額は648,343で対前年比では-20.7%と大きな減少でした。中で第1位は中国で160,674で△11.8%、2位は大きく下がってEUの71,265で△8.3%、3位に漸くアメリカが現れて66,638で△7.1%、4位はマレーシアで21,538だったが△26.6%、5位がタイで20,437で△6.6%、以下インドネシア、ヴェトナム、フィリピンとなっていました。

このようにアメリカとは大きな出超で、対中国貿易は大幅な入超だったと確認できます。EUからは入超だったのはやや意外でした。因みに、ASEANで括ると、輸出が95,052の△9.7%で輸入は97,953で△15.9%と、入超でした。

*我が国の主な輸出入の商品を見ると、輸出では輸送機器が最大で151,497で△6.3%であり全体の24.2%、次が一般機械が117,650で△11.3%ながら全体の18.8%を占めていました。電気機器は95,608で△8.1%でシェアーは15.3%でした。輸入の第1位は鉱物性燃料で150,633で△42.6%で全体の23.2%、2位は電気機器の90,266で△8.8%で13.9%、3位が化学品(含む医薬品・医療用品)で74,062で△2.6%で、11.4%だった。食料品は4位で58,461の△9.4%で、全体の9.0%に過ぎなかった。

何れにせよ、対前年比でマイナスを記録しなかったがヴェトナム向けの輸出だけだったのは、我が国の「スロートレード」のみならず全世界の傾向をも遺憾なく指し示していたのです。
ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やれば出来たじゃないか | トップ | ジェトロ「世界貿易投資報告... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。