新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

8月5日 その3 中国から帰化した李小牧が

2017-08-05 16:20:27 | コラム
李小牧が新宿区区議に立候補するとか:

8月5日の午後3時半頃に大久保通りの新大久保駅から近い交差点に、歌舞伎町案内人として広く知られていた(と思う)李小牧(Lee Xiaomu、リー・シャム)が数名の仲間とともに立っていたのに出遭った。彼は「帰化しました。新宿区議に立候補予定」だったかの幟を立てていた。丁度私が通りかかかった時には、感激したかの如き面持ちで若い女性が握手を求めていたし、他にも何名かのme herたちが取り囲んでいた。

早速Wikipediaにお伺いを立ててみれば、56歳になる彼は既に2015年に帰化していたとあった。新宿区の区議会員の顔触れを詳しく調べてみたことは未だないが、帰化した韓国人がいた記憶はない。そこに、中国から帰化した李小牧も出て行くという。私は正直なところ、何とも言えない危うさを感じて通り過ぎてきた。即ち、意図的か否かは知らぬが、私独特の深読みをすれば「中国は新宿でそこまでやるのか」という懸念である。それほど中国人が多いのだ。

彼は握手を求めた女性に「何処にお住まいですか」と尋ねていた。そこが気になるのだろう。何となく、彼を当選させてしまう人たちが数多くいるような気がするのは考え過ぎか?
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月5日 その2 17年7月の新... | トップ | 英語の挨拶は難しい »

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事