新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

6月9日 その2 辻元清美と村田蓮舫

2017-06-09 16:31:38 | コラム
不逞の輩に騙されるな:

目下、辻元清美が「皇族とは、同じ空気を吸いたくない」とまで言っていると話題にしている方々がおられる。村田蓮舫は「安倍総理は息を吐くように嘘を言う。同じ空気を吸いたくない」という趣旨のことを言っているとも報じられている。私は彼女らは言うまでもなく不逞の輩で、論評にも値しないと思っている。私の感性は「彼女らを理論的は言うに及ばず生理的に受け入れない」と言っている。

だが、我が国の民度では偏向したマスコミの援護射撃もあることで、籠池問題に始まりそれが不発となるや前川前文科省事務次官を担ぎ出して「忖度問題」でここを先途と安倍総理と安倍内閣に泥仕合を仕掛けているので、罪なき一般大衆は「そうだったのか」と信じてしまう危険性が高いかと危惧する。

そこに読売と産経を除く(のだろう)札付きの新聞とテレビが、野党の尻馬に乗って加勢して、ここぞとばかりに批判するのだから堪らない。彼らはこういう手段を以てテロ共謀罪法案を葬ろうと企てているのだ。まるで「卑怯だろう」という台詞で売っている何かのCMを見ているようだ。

安倍総理と菅官房長官と故なき非難攻撃と誹謗中傷に曝されている文科省の官僚たちの奮闘を期待している。民進党や偏向したマスコミ連中には「国益」など眼中にないのだ。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 読売巨人軍が13連敗 | トップ | Comeyは「コミー」ではない »

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。