新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

8月9日 その2 「河野外相は通訳は通訳を使わなかった」の補足

2017-08-09 13:34:30 | コラム
「河野外相は通訳を使わずに」の補足:

先ほど、スポーツクラブのサロンでジャパンタイムスを読んで確認してみました。その記事によれば、河野外相はASEANの会議では英語での発言で通したそうです。しかし、質疑応答では通訳を介していたとありましたが、結構なことだと思います。

また、この記事には「未だ大臣に就任して5日目であり、この難しい時に前任者の岸田氏から引き継いでその任に当たる云々」の件の英語の語りも掲載されていました。私が偉そうに言えば、立派な英語だったと思います。ジャパンタイムスは河野外相がジョージタウン大学の卒業生であると紹介していました。

因みに、ジョージタウン大学はボストン・カレッジやシアトル大学、上智大学(Sophia University)等ともにイエズス会の大学であり、隠れIvy Leagueと評価されていて、参議院議員の山本一太氏も卒業生である由です。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 通訳無しだったそうだ | トップ | 8月9日 その3 「通訳の面白... »

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。