新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

英語の悩ましさ

2017-08-17 10:04:30 | コラム
英語の発音にも品格が求められる:

導入部:
私は我が国で何故あれほど英語を尊重するというか有り難がる傾向があるのかと、何時も悩んで考えている。思うに、戦後間もなくは英語が出来るというかアメリカ人と話せるような能力があることに、現代では想像できないほど価値があったのだからかも知れぬと思っている。それだけではなく、進駐軍即ちアメリカとアメリカ人を仰ぎ見るような傾向があった為に、何とかして英語が使えるようになろうといったような憧れがあったのは否定できないと思う。それが、あれ以来72年を経た今でも、その当時の傾向を引きずっているのだとも考えている。

そういう傾向があったから、学校教育の英語と一般的な流れとして、あれほどQueen’s Englishを有り難がる風潮がありながら、進駐軍の(知識階級には属していない)兵士たちの発音という言葉遣いを真似た発音を追いかけていたことが、未だに残ってしまっているのが不思議だ。私はこれは決して褒められたことではなく、寧ろ学校教育の中で是正されて然るべき事柄だと思っている。だが、教える方にそういう認識もなく、何が下品であるかの判断の基準の持ち合わせもないように見えるのは、私の僻目か。

と、ここまで述べてきたが、そういうお薦めできない発音と言葉遣いとは如何なるものを指すかの具体例を挙げていこう。動画ではないので、遺憾ながら「これが本来あるべき発音だ」というのをカタカナ書きで表していくことにする。

本当の発音が出来てからにしよう:
ある人気が高くなってきた私立大学の英文学の名誉教授が、以前にアメリカの出張されて「ウオラー」という発音を聞かれて非常に印象的で「現地ではこういう発音になるのかと、あらためて認識した」と語っていた。これはアメリカの一部の階層以下ではごく普通の発音である。既にお気づきの方がおられれば結構だが、これは”water”なのである。

断言しておくが「英語を勉強しようとされる方々には、絶対に真似て欲しくない品格に乏しい発音」である。あるべき形は「ウオーター」のみであって、それ以外はあり得ない。どうしても真似したければ、その前に「ウオーター」が完全に発音できてからに願いたい。でも、お薦めできない。

似たような例に「トウエニー」や「サーリー」がある。この類いには、我が同胞が日本語にない発音である為に苦戦されている”t”が絡んでいる。即ち、”twenty”と”thirty”である。両方の語尾にある”ty”が難物であるのは良く解る。しかも下層にある連中はそれだけの理由でもなく「トウエニー」や「サーリー」のように言うのだ。ここでもそれを真似ることなく「トウエンテイ―」と「サーティー」のように言えるように努力するのが先決問題である。尤も、ここには”th”が出ているが、これは別途説明してみようと考えている。

先ほどQueen’s Englishを有り難がる傾向があると批判めいたことを述べたが、その極めて卑近な例にアルファベットの”c”の発音がある。これを「シー」とするのはBritish Englishであり、アメリカ語では「スイ」なのである。同様に”z”を「ゼット」乃至は時たま「ゼッド」と言っているのもUKでのことで、アメリカ式は「ズイ」となるのをご承知か。最も頼りにしているはずの同盟国の発音をもう少し尊重したらどうだろう。

また”v”を「ブイ」とするのも、厳密に理屈を言えばおかしいのだ。「ヴィー」があるべき姿だ。こういうアルファベットの読み方は中学1年というか、小学校でどうしても教えたいというのならば、その最初にそこから教えておくべき(是正しておく?)事柄だと思う。

省略はしないように:
トランプ様がよく使われる言い方に”I’m gonna ~.”というのがある。この”gonna”はワードでは許されないようで、自動的に赤線が引かれてしまう。この事実が示すように、そもそもそういう類いなのである。これは元の形である”I am going to ~.”を正しく覚えてから、偶に応用編とでも心得て使っても良い程度のことだ。ろくに自分の意志を英語で表現できない次元にある人が使うべきものではない。

同様な発音に”I wanna ~.”がある。これは”I want to ~.”が原型である。即ち、如何に合衆国大統領がお使いになるかといって真似ては貰いたくない言葉遣いだ。学校の先生方は、もしもnative speakerを助教などでお雇いで、こういう言い方をするのを聞かれたら、即刻窘める勇気が必要だと思っている。基本が出来てからするべき言葉遣いだ。

アメリカ語ならではの発音:
“the”という言葉がある。これが次に来る単語の最初の字が母音である時には「デイ」の如くに言えと教えられていると思う。しかしながら、多くのアメリカ人は、仮令知識階級であっても、全て「デイ」と発音し、カタカナ語で「ザ」なとなる発音をしないものだと思っていて良いかも知れない。かく申す私も「デイ」派に属している。尤も、厳格な抑揚の付け方では通常は冠詞にはアクセントは来ないのだから、どっちの発音をしたのかは聞き取りにくくなっている。

この「舌の先を歯の間に挟む発音は日本語にはないので、教えられる方も児童も生徒も学生の苦労するし、放棄して「ザ」にしているのが普通だと思っている。これは習い始めの時にその気になってやってみることしかないと思っている。幸運にも私は昭和20年に最初に教えて頂いた先生のお陰で出来るようになった。偉そうに言えば「駄目だと思わずに、繰り返して試みてみることだ」なのだが。

最も悪い形で普及してしまっていると思うのが、”ar”、”er”、”ir”、”or”、”ur”の”r”が絡んだ発音であると思う。これはQueen’s Englishでは簡単明瞭に全てが「アー」のように聞こえてくる。アメリカ語でも基本的にはそれと変わらない発音をする地域もある。だが、多くは”r”を響かせる発音をするのだ。この「r響かせ型」が戦後に大流行したのだった。上智大学の千葉勉教授はこれを「下品である」と一蹴された。だが、巷では流行した。

私は「やりたければ(真似したければ)なさることを阻止しないが、真似しない方が無難であるし、第一にチャンと何処に出ても恥ずかしくないように綺麗で正確に出来るという保証はない」とだけ申し上げておく。このr響かせ型の発音をする目立った例としてヒラリー・クリントンさんがいる。私はそれだけでも、この民主党の候補を嫌っていた。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月16日 その4 kazk様 | トップ | 17年度上半期の出版市場 »

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。