新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

6月17日 その2 我が国の将来の推計人口に思う

2017-06-17 16:18:53 | コラム
我が国の将来の推計人口:

畏メル友・尾形美明氏から下記のようにこの問題の重要さを教えられた。

>引用開始

<「高齢者」といえば、15日の日経新聞が「日本の将来推計人口」が示す問題を論じていますが、その深刻さは現在の比じゃありません。国会では、安全保障やこのような問題をこそ議論すべだと思うのですが・・・。(中略)便宜上、20~64歳を経済の担い手と仮定すると、その層が人口に占める比率は1995年に62.6%だったのが2015年に56%に低下した。この比率は今後更に下がり、40年以降には50%
を切るとありました。

<引用終わり

とあった。誠に尤も至極であると思った。

そこで、私の意見としては「私は政策がどうのという前に、私たちのような高齢者が25%を超えては生活防衛に走るので、物価の変動は重大事であると思っております。」と答えておいた。以下は私の返信の詳細である。

私は毎週に何度も言わばコミュニティ・バスのような高田馬場と東中野の間を循環しているKBバスを利用しますが、90%以上の乗客はシルバーパス利用の女性を主とした老人です。彼女らはこの路線がなければ買い物にも行けないでしょう。過半数はあの歩行器兼用の買い物バッグを引っ張っています。

我が家の直ぐ近所に都営の高齢者用高層住宅があるのです。私に言わせて貰えば、あのバスの利用者が多いことは高齢化社会の縮図を見る思いです。当アパートにも歩行もままならぬ老女を介護して散歩に出ている複数の介護士を毎日のように見ます。これなどは加計だの文書などよりも遙かに重大な国家として問題でしょう。だが、民進党以下の野党は・・・・なのです。

私は23日からビッグサイトで開催される某商社のファミリーフェアにシルバーパス利用で買い物に行き、入念に調べ上げて「お買い得」と判断した食品類を買います。この商社はそもそもは関西の「五綿」と言われたアパレルに強い会社だったのですが、今では食料品も充実しているのです。ここでは多くの分野の商品をメーカーが中間を排除して特価で販売するするのですから、買い方を誤らねば大いに生活費を節約できるのです。

私はあの広い会場内で何度か顔見知りの大企業の定年を含めた引退生活者に出会っております。そういう方々でもこのような生活防衛の手段として利用されていると解釈しております。その他の日常生活の必需品はポイント制のある小売店を極力利用するようにしております。これでは、買える店が限定されますが、定期的な顧客(英語では「リピーター」などと言いません、念の為)になれば色々と便宜も図って貰えます。今や調剤薬局でもポイント制の店にしました。

細かい話をすれば、ポイント制で買えば表面上は建値というか言い値で買っていることになりますが、貯まったポイントを利用すれば結果的には割安となります。衣料品でも衣料品業界の値段の付け方の裏事情を知れば、セールになるまで待てばブランド品でも「お買い得」になります。

話が本筋から外れましたが、私は大規模や中小の別なく、小売業界は賢明な消費者と高齢者層を狙った商戦を展開しているとみております。そこには設備過剰(乃至は供給過剰)に対して減少する人口があり、高齢者が増えていく傾向が止まらない以上、デフレ傾向というのか安売りと消費者の組織化傾向は止むことがないと思って見ております。因みに、私はこの商社の囲い込み組織に入っております。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加計文書騒動 | トップ | 新宿の築地です »

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。