新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

8月8日 その2 英語での挨拶

2017-08-08 10:34:24 | コラム
言葉は生き物:

「頂門の一針」の読者・弓場様にご質問に答えたものに追加して、少し英語の挨拶について知るところを述べてみます。これから先は初対面の場合ではなく、日常的な語り方です。なお、前回の補足ですが、私は特に意識した訳ではありませんが、meetではなく seeを多用していました。

先頃何かで読んだ記憶がありますが、仲間内の挨拶では”Hi!”だけで十分なのです。そこに、その時の気分と相手次第で”my friend”を足したり、”Hi, guy (buddy)!”のように言うこともあれば、相手のファーストネームを入れるのは普通です。即ち、「ハイ」だけでも十分にことが足りるということです。

私が嘗て指導した商社の若手が、私の後を引き受けたマネージャーとW社本社を訪問した時に、広い廊下で何となく風采の上がらない中年男性とすれ違った際そうです。その時に”Hi, Paul!”と言われたので、(ポールは彼のクリスチャンネーム)”Hi, Steve!”と言い返して終わったそうです。若手は「あれ、誰ですか」と尋ねると「社長だよ」と答えられて驚いたそうです。

相手が社長でも平然と「ハイ、ステイ―ブ」なのが英語の世界の怖いところだと思います。人にもよりますが先ず「ハロー、ミスター・ローゲル」とはならないのです。また、私はアメリカ人の世界に入って先ず悩んだのが、見ず知らずの相手というか、ホテルの廊下などですれ違ってもにこやかに「ハイ」とか「ハウアーユードウイング」などと手でも挙げて挨拶する習慣でした。ましてや、社内とあっては社長でも誰でも「ハイ」くらいは当然です。

また、ある程度以上の期間を仕事を通じて顔なじみの間柄である工場の女性(日本式に言えば事務課の係長相当)に会議で出会った際に、何気なく握手だけで済まそうとすると「それでは他人行儀ではないか。もうそういう堅苦しい間柄ではない」とハグさせられたことがありました。私はこの挨拶は苦手でしたし、何時如何なる場合にそうすれば良いか判断が出来ないので困惑しました。通りすがりの他人との挨拶交換とハグは将に文化の違いでしょう。慣れるまでが大変です。

言い古されたことかも知れませんが、アメリカ人の中にいて”How do you do and how are you?”は一度くらい聞いたことがあっただけです。これは完全な日本式の英会話でしょう。

How are you doing?が最も一般的で、これには驚くほど多くの言い方がありますので、ご参考までに思いつくままに列挙します。

How have you been?
Howdy?
How’s it going?
How’s everything?
How does the world treat you, these days?
What’s new today?
What’s up?
What’s cooking?

等々で、未だあるでしょうが、この辺りで十分でしょう。

また、彼らがこれらに答えて言うことが
Real good, thanks.

のようなことがあるのですから、realではなく really ではなかったかと悩みます。これが生きた英語かと思うのです。即ち、言葉は生き物で常に変わって行くようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素人を大臣にすると

2017-08-08 08:27:22 | コラム
安倍総理は矢張り人選を誤っておられのでは:

江崎鉄麿大臣(73歳)の失言が話題となっている。いや、野党とマスメデイアに内閣口撃の絶好の機会を与えてしまっている。これでは折角の内閣改造がぶち壊しだ。安倍内閣の為に惜しむ。

私は以前から何の専門的経験も知識もない連中が市議から県議等を経て国会議員にまでなり、当選回数を重ねれば大臣になってしまうことは極めて奇怪なことではないのかなと思ってきた。いや、不思議だなと見ていた。不思議な現象ではあっても、統治能力がある者ならば、優れた頭脳の持ち主の集団である官僚の上に立って、彼らと持ちつ持たれつの関係を構築し、大過なく大臣業を、しかも一定以上の期間、勤めて見せているのだろうと考えてきた。

私はこれまでに新卒での就職を含めて4回新たな職場に入っていく経験をした。しかも、2度目から外国の会社でそこではある一定以上の能力があると見込まれ、且つ新職場では「どれほどの者が来るのか」と高い関心の目で見られていた。それ故に倒れそうな緊張感と責任感で入って行った。ましてや組織の上に立つ大臣であれば、それどころではない責任感と緊張感があって当然だ。「答弁書を朗読する」などと戯言を言っている余裕があるはずもないのではないか。

即ち、石破茂のように防衛問題に精通していなくても、人が構成する組織の上に立つ能力を備えていれば、大臣が務まるのかとも考えていた。だが、理解できなかったこともあった。それは、知識も能力も不十分な者たちが何故失敗するだろう危険を冒してまでも、身の程を弁えずに大臣になりたがるのだろうかという点だ。組織の中で仕事をした経験もなく専門的な知識もない者が、国家の命運を担うかも知れない大臣になることが、時と場合によっては犯罪的だとは考えないのかということだ。

私は「おらが村の先生」的な者を国会に送り出す地域に住んだ経験がないし、84年の生涯で候補者たちに接触された経験すらないので、新大臣を祝福する行為などは、完全に未知の世界の出来事だと思っている。これは我が村、我が町から横綱が出たことをその地域を挙げて祝うのとは違っていて然るべきだと思う。だが、江崎大臣が失言と思しきことを言った場面には、無数の胡蝶蘭が飾られていた。私には想像も出来ない感覚だ。

江崎鉄麿は一旦は総理に大臣就任を固辞したと報道されていた。だが、派閥の長の二階幹事長に説得され翻意したたとも報じられていた。その通りだったのならば二階幹事長の失態でもあるだろう。今や偏向し続けているマスメディアは閣僚の失言や失態を週刊文春に負けないように追っているくらいのことを、新大臣やその周辺にいる者たちは十分に警戒しているべきだったのではないのか。

私は安倍総理には人を見る目が十分ではないのか、または未だに派閥の気を遣っておられるのであれば、お国の為を疎かにされたのではないのかと気になるのだが。江崎大臣も人前で「自分は北方領土問題の素人」などと軽々に言うべきではなかった。自覚不足だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加