信濃大町あなログる生活

信濃大町への移住をきっかけに、考える里山整備や代替エネルギーの事。
そして、変わらぬトレーニングへの情熱と普及の事。

冠雪第一波、来た~!

2016年11月02日 12時09分17秒 | 日記
昨年のように、蓮華岳だけではなく、ぐるっと全ての山に冠雪していました。
餓鬼岳の方向も白かったので、これは広範囲に降っています。
だからと言って、寒くなるかと思いきや、太陽光燦々で温かいです。

トレーニングしていて、十分に汗ばみました。
歩きでも、全く冷えることなく、窓からの太陽光の恵み。
やはり、予報で15℃って言ってたのは、正しいようです。

さて、帰ろうか、と思った時、気になって公園内を歩いてみました。
「!」
何の気なしに、でしたが、昨日の強風のお蔭で、松ぼっくりだらけ。
こういう時の為に、大小の袋は用意しています。
鞄から出して、拾いはじめると、あっという間に一杯に。
取って返して、大きなプラバッグを持ち、引き返します。

大量の松葉を掃除している人に、「沢山持ってって」と言われながら、
林の中に入ったり、道路に出たり、奥に進んでみたり。
あれだけ風が吹けば、桶屋も儲かるし、ぼっくりも落ちる。
大きな袋が一杯になった所で、終了です。

玄関先で風と太陽にさらして、乾燥を進めます。
掃除してる人が、「何に使うの?」と言うので、「焚き付けに」。
すると、「俺はBBQの時に着火剤の代わりに使ってる」との事。
皆、よく知ってますねぇ。
最近では、100均ショップで、安い着火剤もありますけど、
まつぼっくりや松葉は、良く燃えるって事。

最近の便利な生活しか知らないと、本当に「知恵」がなくなります。
お婆ちゃんの知恵や食事は、日本の宝と言ってもいい。
ラットによる実験で、1975年位の食事が、一番長寿だったと聞きました。
1960年代の食事では、まだ、炭水化物が多すぎた。
1980年以降では、美食になり過ぎた、そういう事らしい。
お婆ちゃんの食事と言えば、焼き魚、ホウレン草のお浸し、味噌汁、お漬物。
サラダとかハンバーグとか、そんなカタカナ食、無かったなぁ。

今頃になって、玄米やら麦を食べているんですから、なんだかなぁ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暴風から晴れへ | トップ | 多くの選択肢 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事