信濃大町あなログる生活

信濃大町への移住をきっかけに考える里山のことと、変わらぬトレーニング生活を綴ってみる

体つきと動き方

2017年03月19日 13時59分32秒 | 日記
自身の専門の特性から、人を動き方で判断することが多い。
立っている姿勢、動きから見た体の強みと弱み。
アメリカでは、俳優さんやスターだけでなく、
政治家にも「トレーナー」がついて、指導を受けています。

日本では、まだまだ、その意識が低い。
トレーナーとは、トレーニングを指導する人。
それも、個人で雇う事はなく、グループで受けるのみ。
それでは、「自分」を知る事にならない。
だもんで、TVにうつる事が多い割に、しょぼいのが政治家。

副総理は、お金持ちなので、服装には非常に繊細。
でも、座っている姿が、頂けない。
多くの政治家さん、座ってる姿、だらしないです。
体幹筋に緊張感がなくなってます。

特に、今集中砲火を浴びてる大臣。
立ち姿勢、座位姿勢、歩行の、どこからも筋肉を感じない。
体の「構え」がなってないのです。
丹田に力の入らない、フラフラした感じが、ありあり。
だから、突っ込まれるんです。

一国のリーダーたる人達は、もっと体を鍛えるべき。
地面に足をつけて、キチンと立ってほしい。

オバマ前大統領が、来日して、歓迎式を歩いた時。
身長の高さもさることながら、歩きが見事でした。
公式のセレモニーで、全身が映る場合が多い。
だからこそ、日ごろからの訓練がないと、バレバレ。
「構え」の持つ、言外の言葉は、その人を作ります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早春の安曇野公園 | トップ | 長野県勢、大健闘 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。