信濃大町あなログる生活

信濃大町への移住をきっかけに、考える里山整備や代替エネルギーの事。
そして、変わらぬトレーニングへの情熱と普及の事。

カブのお漬物

2016年12月13日 13時12分18秒 | 日記
茎の付け根だけ赤い株、これ美味しいんです。
漬物液が違っていても、ちょっと味を感じます。
薄く切れば、漬物液を少なくすることが可能です。
ガッツリ深漬けもいいけど、これ位の軽いのが、好きです。

朝から雨で、気温は緩やかながら、昼間も上がりません。
となると、冷えているように感じます。
昨日と比べると、全然楽ですけどね。

昨日届いた富士柿に引き続き、マダムから葉書が来ました。
「押し寄せる老いを、押し返す力を頂いた」とあります。
文面だけ見ると、レッスン中、凄く頑張ってる姿です。
実際には、「こんなに汗が出て、この悪魔め!」と悪態の数々。
大体、いつもサイドの動きが終盤にあるので、脚の前後振りがあります。
その頃には、十分キツイ。

そうすると「この足で蹴ってやる~~」など、マダムらしからぬ発言まで。
「短いから、届きませんよ」と返すと、
「腹立つわ~~~」とスウィングがスピードアップ。
怒りはエネルギーになります。
喜寿を寿ぐ、淑女でございます。
でも、レッスン後は必ず、「気持ちいい~~」と。

ジャンボ柿を車に積んで、お裾分けに走りました。
どなたに渡しても、「大きい」「凄い」「初めて見た」と大うけです。
この反応が嬉しくて、4軒ほどに配りました。
大町は豊かな町なので、そんな遠方から「お取り寄せ」の必要がありません。
でも、他府県の農業生産者が、頑張ってるって、知っておくのも大事。

皆さんに喜びをお分けしたら、後は有難く有難く頂きます。
マダムのお勧めは、冷凍庫で冷やす事。
早速、放り込みました。
諏訪の「みなと屋」では、富士柿をそうやってお客様に出すそうです。
さすがマダム、何でもご存知でらっしゃる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 温かい家具 | トップ | TVとの付き合い方 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。