信濃大町あなログる生活

信濃大町への移住をきっかけに、考える里山整備や代替エネルギーの事。
そして、変わらぬトレーニングへの情熱と普及の事。

肥料を撒いて来春を待つ

2016年12月20日 14時17分36秒 | 日記
いわゆる「お仕事」は、今日と明日位に追われていることが多い。
今日の仕事、今週の会議、今月のノルマ・・・。
ついつい、急ぎがちで焦っていて、呼吸が浅くなりがち。
それはそれで、仕方ないけど。

ここで、芝生の世話や、畑の世話をしていると、スパンが長くなります。
呼吸を浅くする原因がありません。
面積が小さいこともあって、次は来週、次は来春。
それでも、準備を怠ると、結果が出ないので、忘れずにやる。
苗は毎年変えるものの、命をつないでいく、その命を頂く。
その為に、根っこを引き抜いて、耕して、肥料を撒いて雪を待ちます。
第二畑も、ラベンダー以外は、抜きました。
最後のネギも、鍋で頂きました。

雪に覆われている間、ジワジワと肥料が浸み込んで、いい土になりますように。
午後になって、曇って来ています。
降るような、降らないような、降っても雨のような。
雨でもいいんですけどね。
やっぱり雨が降っています。

明日以降は、雨か雪が降りやすいお天気。
冷え込むのかどうか、その辺は、変化があるでしょう。
冷え込んでもいいように、昼からストーブ焚いてます。
今週の薪は、全部松なので、ドンドン燃えて行きます。
コンスタントに入れ続けて、スパスパ燃えていく。
そして、灰になって、残骸は残りません。

乾燥すれば、スッカスカになるのが松の特徴です。
火付きがイイとも言えますが、日によって違います。
風なのか、焚き付けの質なのか。
同じようにやってるつもりが、違うのか。
いつも白い煙を出している家があって、我が家の煙も気になります。
時々出て、観察するも、最初こそ白いけど、ほぼ無煙に見えます。
焚いてるかどうか、外からは分からないでしょう。

昔のストーブのイメージとは、全く違いますね。
匂いはしますが、どこからのものかは、分かりません。
この辺り、「燃やしたがり」が多いもんで、判別不能です。
畑でも燃やしてるし、煙突もあちこち出てるし。

朝飛んでた虫は、どこへいったかなぁ。
温かくなったから、出てこないかなぁ。
掴まえたいんですけど。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« よりよく生きるのは、常に女性 | トップ | 冬至の当日、晴れ~~! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。