信濃大町あなログる生活

信濃大町への移住をきっかけに考える里山のことと、変わらぬトレーニング生活を綴ってみる

模範的な晴れ

2017年04月20日 07時34分39秒 | 日記
今日は朝から晴れて、風もなく、午前中は晴れです。
放射冷却で冷えておりますが、服装重ねてクリアしましょう。
季節感は春ですが、水分を携行しましょう。
何故かインフルエンザも流行中で、要注意です。
列車や飛行機、密閉空間での移動では、要注意。

国会で「共謀罪」の法案について、やってます。
犯罪とは、なされた後で、裁かれるべきで、計画中はいけない、と。
「心の中」を取り締まるのは、一般市民の生活を監視する、と。
つまり、犠牲になる人が出て、それを裁けと言う事ですね。
邪悪な心は、個人の自由だから、犯罪を犯してから取り締まれ、と。

思い出すのは、地下鉄で複数化学兵器が使われた事件。
化学兵器を持ち込み、座っていても、そこはセーフ?
傘の先端で、刺した瞬間に、それは犯罪?
反対側の言い分を聞いていると、被害者が必要らしい。
何がしかの被害が出てからでないと、裁いてはならない、と。

事件の後、「何とかして防げなかったのか」と言うけど。
防ごうとしたら、邪悪な心を暴いて、犯罪前に捕まえるって事やろ。
或は、現行犯で危害を加える直前に、ドラマみたいに「逮捕~」って。
ちょっと前まで、同じ国会で「忖度」を振りかざしてた。
「聞けば忖度するじゃないですか~~~」
人の心の中を、裁いていたのは、DPJの先生方だった。
私は「人の心をどうやって、裁くのか」と思ったけど。
その舌の根も乾かぬうちに、「心を裁くな」と仰る。

法案を出している大臣も勉強不足で、本当に情けない。
答弁も出来なければ、ハッタリすら張れない。
今更、人材育成もないけど、しないよりはいい。
せめて、ミサイルが飛んでこないように、何とかしてほしい。
あ、先生方の理論で行くと、着弾して被害が出ないと、裁けないんだ。

じゃあ、じたばたしてもしょうがない。
日々の生活を、しっかりとやりましょう。
「永遠に生きるように学び
明日死ぬかのように今日を生きる」byガンジー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜前線漸く | トップ | 大黒町の枝垂れ桜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。