信濃大町あなログる生活

信濃大町への移住をきっかけに、考える里山整備や代替エネルギーの事。
そして、変わらぬトレーニングへの情熱と普及の事。

大雨でオクラ省伸びる

2016年09月19日 14時13分20秒 | 日記
花が咲いていたので、伸びてるだろうな、と思ってました。
見てみると、二本長くなって、待っていました。
まだ、小さい尖がり頭があるし、花も2輪咲いています。
秋オクラとなってからの方が、調子を上げています。

「適当な」感じで、手袋をはめ、裏庭のスギナを抜きました。
それは、大した作業でもなく、左手で十分です。
雲っていて、気温も20℃、届かないかもしれません。
風が吹くと、もう寒く感じます。

残しておいた胡瓜も、もうお仕舞と見ました。
夏の収穫に感謝しながら、短く切って、根っこから抜きました。
随分根っこが長く張って、よく頑張ったんやねぇ。
ありがとう、ありがとう。
茄子は、枯れている葉を切って、もう少し待ちます。
期待はしてないけど、葉っぱが元気なので、観葉植物。

そして、水汲み作業は、一旦終わるので、タンクの水垢を洗浄。
激落ちくんで、こすると、みるみる小さくなっていきます。
水垢ぐらい、と思ったけど、激落ちくんには「負担」らしい。
雨が落ちてくるまでは、玄関先で乾燥。
こうして、季節が進むのを感じてみたりして。
芝生問題が、ほぼ解決して、一安心できました。

パラリンピックが閉幕しました。
殆どの選手が、自前で遠征し、苦労しながら競技生活をしている現実。
トレーニングが、障害に影響する選手もいて、鍛えれば勝てるものでもない。
義手や義足が、接着部を傷める可能性もありつつ。
そんな危険性もある中で、どの選手も「頑張って」いるようです。
それは、外国人選手も同じこと。

であれば、勝てなくなる種目も、出て来るに決まってます。
少し強いと「お家芸」などと言って、選手に要らぬプレッシャー。
そんな無駄な事より、パラリンピアンの競技環境を整える事。
メダルの数を云々する前に、障害者スポーツに、もっと強化費を。
お金持ちの東京都は、世界に誇れるユニバーサルデザインの都市になるべき。

まだ、日本は世界に誇れる治安の良さがあります。
誰に対しても「優しい街」になれる素地があります。
折角2度目の五輪が来る、この機会を逃してはならないはず。
そんな「覚悟」を、東京都が持っているのか。
「豊洲事盛り土事件」を見るにつけ、暗雲が立ち込め、先が見えません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨は一旦休止 | トップ | 稲刈り、遅れる? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。