言霊・言の端

言葉のマジックをどこまで行使できるか?そんな想いで言葉を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

忙しげに秋風は

2016-11-02 11:16:21 | 言の葉






灼熱の陽に伸びし枝々(四肢)を気忙(ぜは)しく揺すりて風は秋色に染む


夏陽追ひ直ぐに伸びし枝々なれど秋風煽る別れ告げよと



*************


夏の陽射しをたっぷりと受けて、
空に向かってまっすぐに伸びていた街路樹の四肢である枝々を揺らして、季を移ろわせるのを急いでいるかのように忙しげに吹き抜けていく風が枝々の葉を秋色に染めている。


煌めく夏の陽を追って真っ直ぐにただひたすらに空に向かって伸びていた枝々に、秋となって色を変えよ、冬となれば葉を落として、その枝々も切り落とされるのだから、今のうちに空に別れを告げろと言うかのように、秋風に煽られた枝はしきりに空に手を振っている。



2秒の動画です。

こちらからどうぞ


https://plus.google.com/115926505131973545552/posts/Us6bBv2i5sX
『短歌』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋覚ゆ | トップ | におい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

言の葉」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。