pure breath★マリーの映画館

好きな映画とイロイロなこと・・・

『レヴェナント:蘇えりし者』

2016-04-22 21:03:20 | 映画(ら行)





『レヴェナント:蘇えりし者』






解説等はこちら




監督・脚本・製作: アレハンドロ・G・イニャリトゥ
ヒュー・グラス: レオナルド・ディカプリオ
ジョン・フィッツジェラルド: トム・ハーディ
ヘンリー隊長: ドーナル・グリーソン
ジム・ブリジャー: ウィル・ポールター
ホーク: フォレスト・グッドラック
エルク・ドッグ: デュアン・ハワード
アンダーソン: ポール・アンダーソン
マーフィー: クリストッフェル・ヨーネル
スタッビー・ビル: ジョシュア・バージ
ジョーンズ: ルーカス・ハース
フライマン: ブレンダン・フレッチャー
ハイカック: アーサー・レッドクラウド
ヒュー・グラスの妻: グレイス・ドーヴ 他





いや~~~~凄かった!!
凄かった!しか言えない・・・本当に凄かった!しつこい?(笑)凄かったこと列記します・・・ネタバレもあります。






何が凄いって、一番凄かったのはグリズリーとの闘い。
CGだなんて信じられない。本物かと思ったわ・・・本物の熊があんな演技出来る訳ないのにね。でも、本当に本物とみまごうばかり・・・
今までも巨大熊と戦うシーンって、イロイロ見たことはあったけど
人間相手に、爪でえぐる・・・噛みつく、圧し掛かる!咥えて放り投げる。やりたい放題・・・
あんなにも執拗に、何度も何度も攻撃しては息をしているか確かめて又攻撃とか・・初めて見た!でも実際そうなんだろうなって思わせるリアルさ。私は怖くてここで泣きそうになったわ。
蜂蜜なめてるクマのプーさんとは全然違う!!←当たり前

どうやって撮ったんだろう?と思ったら、こんな風に人間が演じてCG処理だって。
違和感全くなし。クマの毛並みとか怪我したとこから滲む血とか、本当にリアルすぎ。クマ単体でも素晴らしいのに、グラスとクマが絡み合いながら闘うシーンだって本当に凄い迫力。
2人(性格には1人と1体)が崖から転がり落ちて、熊の下敷きになるシーンまで一切違和感ない!凄すぎる・・・


凄いのはグリズリーだけじゃありません・・・
レオ様・・・本当に素晴らしかったです。これでオスカー獲れなかったら全世界からブーイングだったかも???
でも、台詞はホント少ないです。しかも普通に英語喋ってるシーンなんて、ほんのちょっと。後はアメリカ先住民の言葉(ポーニー族?)か、クマに喉をえぐられたので声がかすれて漏れるヒューヒュー音みたいな響きかで。ほとんどは表情、特に目の演技です。
瀕死で今にも命の灯が消えそうな目。
動けない身体で目の前で最愛の息子を殺される時の目。
復讐を誓う決意の目。
とにかく凄い・・・


凄いのはレオだけじゃありません・・・
映像が凄い・・・
撮影に感じられるこだわりの数々。寒さで息が凍りそうな時、話す役者さんの息が白くなって視界が曇る・・・全編ほとんど森の中ですが、自然光で撮影したという映像は、観ているだけで寒さが伝わる。見渡す限りの雪原。身も心も凍りつきそう。
その冷たい川の流れに身を浸すシーンも多いのですが、温かい衣服を身に付けている私までぶるぶるしました。動物の毛皮や馬の体内のぬくもりを見ているだけで感じとれるほど。
森の中で木々の間から空を見上げるシーンも効果的に使われてて・・・
とにかく映像も凄い!


凄いこといっぱい挙げてきましたが・・・
最後にもうひとつ。
追われる者、追う者、そしてそれをまた追う者・・・
たったそれだけ(言い方)なのに、2時間37分の長さを感じない!凄い!!


ひとつだけツッコませていただくと・・・隊長、見る目なさすぎ~
フィッツジェラルドの行動、言動見てたのにあの場面であの場所に残していくのおかしいでしょ。いくらナルニアのいとこ(ブリジャーのこと 笑)も一緒だからって。あの状態で残していくのは、隊長自身もフィッツジェラルドにやってもらおうと考えていたように感じたけど?
だから罰が当たったのかな・・・


レオが鼻の骨を折ったのはフィッツジェラルドとの斧VSナイフの激しい闘いのシーンかな。
こちらも迫力ありました。


「復讐は神の手にゆだねる」の結末。私だったら自分の手でじわじわと傷めつけてやりたい!とか思ってしまうのはまだ人間が出来ていない・・・
あの助けた女性を探していたんですね・・・アリカラ族の族長。
なるほどって感じです。


冷気も温もりも感じられる映画。
坂本龍一さんの音楽もとてもよかった。

グラスの息遣いが最後の最後まで効果的に使われていました・・・






マリー的お気に入り度・・・ ★9個(凄かった・・けど・・でも、疲れた・・・)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『スポットライト 世紀のス... | トップ | 『ズートピア』 2D吹替 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (BROOK)
2016-04-22 21:22:24
同じく“凄い”としか言いようがありません。

何が凄いって…
全てマリーさんが語ってくれました♪

前半の熊襲撃のシーン…
あまりの恐ろしさに、ビビッてしまいました(苦笑)
ツキノワグマもあんな感じに襲うのかしら?


そうそう、あの助けた女性がまさかラストの伏線だったとは…
これは巧いと思いました。
とにかく見事 (ノルウェーまだ~む)
2016-04-23 17:28:16
マリーさん☆
素晴らしかったね~全てが。
マリーさん文章上手で、もうその通り!!としか言えないわ。
熊とのシーンは人間が演じたのね?
レオ様をぶん回すのもその人が??
私も本物かと思っちゃってました。いやだったら死ぬけど・・・
BROOKさんへ・・・ (マリー)
2016-04-24 17:26:35
こんにちは~~♪
本当に凄い凄いしか言えない映画でしたよね~。

グリズリーってクマの中でも最強なのかな?
ツキノワグマは、あんなに酷くないのでは?でも分からないけど・・・
ホント怖かった!

あの族長がしつこいぐらいに名前言って捜していたのが伏線でしたね~~。なるほど!でしたぁ。
まだ~むへ・・・ (マリー)
2016-04-24 17:28:48
こんにちは~~♪
わ~~。まだ~むに褒められた♪嬉しいな~

熊のシーン、あまりにもびっくりして調べちゃった。
あんなに執拗な攻撃見たことなかったから。
最近のCG凄いね・・・
サーカスのクマかと思ったわ・・・

こんばんは (yukarin)
2016-04-30 22:39:13
本当に“凄い!!”としか言えないよねぇ。
レオの演技もとにかく素晴らしかったし、映像も素晴らしかったしすべてが素晴らしい作品でした。

グリズリーはさすがにCGだろうとは思ったけど本物にしか見えなかったー。これが本物だったら死んじゃうってねぇ^^;
yukarinさんへ・・・ (マリー)
2016-05-01 21:54:44
こちらにもありがと~~♪

うん、何度「凄い」言ったことか・・・(笑)
でもその一言で全てを表すことができるね。

グリズリーには本当に驚いた!
本物にしか見えなかった~~~~
おはよ^^ (みすず)
2016-05-14 06:16:29
凄かったですねー^^
これでオスカー獲れなかったら何が獲るのって感じ。
クマのシーンは恐ろしかった
作り物だってわかってるけど、迫力ありすぎて^^;
今更ですが… (ここなつ)
2016-05-19 16:15:51
こんにちは。
今更ですが…、本作、凄かった!!
で、私は年を重ねてからのディカブリオの方が好きなので、
ホントに良かった良かった。
みすずさんへ・・・ (マリー)
2016-05-21 23:10:56
こんにちは~~♪
お返事遅れてすみません・・・

凄かったよね~~~。
私クマが偽物か自信がなくて、本当に怖かった!
あんなに執拗な攻撃、初めて知ったわぁ。

レオ
獲れてよかったよね~~~。
ここなつさんへ・・・ (マリー)
2016-05-21 23:12:24
こんにちは~~♪
ですよね・・・私もそう。最近の迫力ある?レオが好きかも~~~。眉間に皺系(笑)

見応えあるし~ホント迫力あったね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「レヴェナント 蘇えりし者」 (日々“是”精進! ver.F)
復讐は、神の手に… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604220000/ 【輸入盤】Revenant [ レヴェナント: 蘇えりし者 ]価格:2365円(税込、送料無料) レヴェナント 蘇えりし者 [ マイケル・パンク ]価格:885円(...
「「レヴェナント:蘇りし者」☆生まれ変わって蘇るレオ様 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
これは凄い! これでアカデミー賞取らなかったらオカシイよね。
レヴェナント:蘇えりし者 (to Heart)
THE REVENANT 上映時間 156分 映倫 R15+ 監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ 脚本 マーク・L・スミス/アレハンドロ・G・イニャリトゥ 出演 レオナルド・ディカプリオ /トム・ハーディ/ドーナル・グリーソン/ウィル・ポールター/ルーカス・ハース 1823年、アメリカ...
レヴェナント:蘇えりし者 (風に吹かれて)
圧倒的な自然 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/revenant 実話を基にした映画 原作: レヴェナント 蘇えりし者 (マイケル・パンク著/ハヤカワ文庫)監督: ア
レヴェナント:蘇えりし者★★★★ (パピとママ映画のblog)
レオナルド・ディカプリオと、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などのアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督がタッグを組んだ話題作。狩猟中に瀕死(ひんし)の重傷を負ったハンターが、自分を荒野に置き去りにした仲間に復讐(ふくしゅう)するため....
レヴェナント:蘇えりし者 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE REVENANT】 2016/04/22公開 アメリカ R15+ 156分監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、ウィル・ポールター、フォレスト・グッドラッグ 復讐の先に、何があるのか。 STORY:アメリカ西部の....
レヴェナント 蘇えりし者/THE REVENANT (我想一個人映画美的女人blog)
「アモーレス・ペロス」 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」の アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督が、 実話を基に”復讐のためだけに過酷な状況を生き抜く、決して諦めない男”を描く。 原題のレヴェナントには、「帰...
レヴェナント:蘇えりし者 (みすずりんりん放送局)
 『レヴェナント:蘇えりし者』を観た。  【あらすじ】  アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は狩猟の最中に熊の襲撃を受けて瀕死(ひんし)の重傷を負うが、同行していた仲間のジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)....
「レヴェナント 蘇えりし者」 (ここなつ映画レビュー)
レオナルド・ディカプリオは年を取ってから(失礼!)の方が好きなので、彼がオスカーを受賞した事は、心からおめでとうを言うよりほかの気持ちは無い。むしろ遅い、遅過ぎた、という気持ちがある程だ。というか、何もこの「レヴェナント~」で獲る必要があったのか?とい...
「レヴェナント:蘇りし者」 映画圧を感じる (はらやんの映画徒然草)
今年のアカデミー賞を総なめにした「レヴェナント:蘇りし者」を観てきました。 アレ