MARVIE’S

思い出の音楽と趣味の生活

PC用アクティブ・スピーカーを作る

2017年06月14日 | PC

普段あまり使わないディストップPCだが、付属でついてきたスピーカーがじゃまなのでモニター台兼用のスピーカー(幅510ミリ高さ75ミリ)を作ることにした。

あくまでモニター台なので高さを低めにしなければならない。

そんなわけで、アンプは先日買った中国製の基盤HiLetgo YDA138を使い、スピーカーは初めてのドイツ製FRS5Xを使ってみることにした。YDA138は680円、SPは二つで2746円、当初は安いものを探していたが、今回は少しがんばってみた。

今回購入したお店はVISATONの国内代理店であるUCHIDAというとこだが、代理店だけあって一般的なネット販売よりかなり安かった。

相変わらず、板材は残りもんでくっつけたりして間に合わせることにした。

電源は余っていた12ボルトのACアダプターを使用、スイッチは40年前に使っていたタイマーのものだ。

そんなわけで、つぎはぎだらけのスピーカーが完成した。

スピーカーが二インチなので低域が難しいと思ってパッシプラジエータ、とバスレフにしたが音そのもののバランスはいいのだが、低域はあまり良くなかった。低域を求めるのが土台無理なのかもしれない。

原因はよくわからないが、予想外にサラウンド・サウンドのような音で立体的に聞こえる。


VISATON FRS5X

                

                   YDA138

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミニアンプを買ってみた PAM... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。