『天気晴朗ナレドモ浪高シ』

人生何事も超低空飛行な妻子餅ローディ
〇四改の自虐的近況放言Blog
愛車はスペシャターマックSL4とタイムVXプロ

チームでんふらいなちく試走会【後編】

2016年10月13日 | 自転車
前編ではどっかのアホのデ〇ヘルポーズでぶった斬ってエライお目汚し失礼。ああ、ワザとやったんだ(確信犯w)
では早速チームでんふらいなちく試走会後編、いってみませふ。

ええと、何処からだっけ?ああそうだ、ちくさのお山登りを始めた辺りか。最近オッチャン物覚えが悪ぅなってなもう歳だ(鬱だ氏)
いなちくロングライドのメインディッシュのちくさ高原までの登り区間は路面の舗装状態も良くバイクのトラクションも良く掛かる。試走当日は一部路肩に先日の台風や長雨影響での増水で流れ出たと思われる枯れ木枯草が落ちている箇所もあったが本番までには清掃が入るでしょう(そうと思いたい)。

ぜーはー言って登るだけでなく周囲に目を移せば雰囲気の良い森の木々や清流、滝など自然あふれる景色がイッパイ。この手合いの景色はクソど田舎トリンドルでいつも腐る程見てる筈なのに、余所に行って走るとまた一風違って見えるので不思議よな。


脚に余裕ある諸兄は後続に注意しつつ、脚を止めて趣ある景色を堪能するのも良いと思いますで。ええレースじゃなくてサイクリングですけぇ、目ぇ三角にして突っ走るだけが能じゃありませんぜ?(笑)

そんな風光明媚な山岳ルートだが、走るとなると当たり前だがやっぱり手強い。山岳プロフィール的にはルトラボどおり麓が緩く頂上に向かってだんだん斜度がキツくなる逆反り系山岳、コーナーあってもRは非常に大きく基本直登に近いので大山ヒルクラの岡成~博労座区間をイメージして貰うと感覚がかなり近いですだよ。

コウジさんもワイと同じく山が苦手さんなので斜度が上がってくると心肺&脚に余裕が無くなってきてキツそう。

対してどっかのアメリカンバイクのクソ野郎はデブのくせして余裕綽々涼しい顔して登りやがるクソッタレがーwwwwwいつぞやの三徳山もこげな感じでかぷ~の野郎が余裕だったんよな。デブのくせに(大事な事なので二回w)

低速区間で撮影も安全なのでかぷ~に携帯カメラ代わりの半壊二代目エクスペリア渡してワイも撮影して貰うテスツ。まあ程々綺麗に撮れてるしピンも来てる。
でもな
あの野郎「わざわざ縦向き3:4」で全部写しやがったクソが!!wwwwwwwwマジ信じらんねぇw普通横向き4:3で撮るだろがボケナス嫌がらせでわざとやってんのか?チキショーメー!ww

でもまあ綺麗に撮ってくれてサンクスコ♪(クーデレ)

そんなこんなネタと男汁にまみれて秋晴れ好天直下のちくさのお山を野郎三匹が頂上を目指す。

道の傍には斜度10%の道路標識。その激坂をギシアンミシミシ踏んで登って行くと見えましたよちくさのスキー場レストハウス

無事とうちゃこー(ピークはまだだけどねw)ちょいと一服しようかと自販機覗いたら全部電源落としてあって販売停止中とかマジかよクソッタレ観光地だろ稼働させとけよふぁっきんだむん。仕方ないのでザバスゼリーとボトルのヴァームウォーター流し込んで補給摂りつつ小休止。

ちくさのスキー場って人工降雪(噴霧タイプ)あったのな。そういえばスキーなんて久しく行ってないなぁ・・・もう乗る板も靴も何も無いけど(苦笑)

何もないとこでダベっても仕方ないのでさっさと行くかとリスタート。だがここからピークまでの区間が延々10%を割ることなく時折12%、13%の斜度が待ち受ける地獄の一丁目区間。たぶん参加されたビギナーさんはここで最大の試練を味わう事になろうかと思われ。ここを初心者さんが無事に乗り切ろうと思ったら、序盤は決して調子コイて飛ばさすマイペースで脚を温存、前日、当日の朝はしっかり食べてエネルギーフル充填、補給も適度に摂って登りも無茶漕ぎしないよう考えて・・・というかそういうペース配分が出来る中級、上級者ローディーに付き添って貰うのが一番吉かと。一応中級ローディ(似非だけどナー)のワイもこの区間はさすがに悶絶したは(苦笑)
そして無事1017mちくさ高原ピーク登頂完了。いやー厳しいが楽しかった。ワイこの手の直登系嫌いなのに、何故だか嫌いじゃないですこの山(笑)

コウジさんも無事ピーク登頂、背中がその厳しさキツさを訴えてますぜ旦那(笑)やはり1000m級ヒルクラのダメージが脚にきてたとの事でリスタート直前に脚プルってコウジさん立ちゴケ。慌てて駆けよるも本人もバイクもダメージは軽微。事なきを得て本当に良かった。

気を取り直して山の反対側(粟倉方面)へダウンヒル開始。

粟倉方面側は基本道幅が狭く路面も荒れ気味。きっと営林用基幹林道か何かだと思われ。ただし、普段ワイらがよく下ってる稲葉山や氷ノ山扇ノ山山系のボッコボコに荒れた未整備放置林道に比べたら(キチンと仕事しろよトリンドル)格段に路面コンディションは良い。オーバースピードと対向車に充分注意しつつ自分が確実に制御できる範疇のスピードで安全に下りましょう。

後で調べたらダルガ峰HCのコースはもう一本隣のルートなんだね。コッチを登るのもかなりキツそうだけど(笑)

下り寒いかな?と携行してたでんふらベストを着込んでみる。良く風を止めてくれて体幹部の冷えが無い。こりゃいいわとコウジさんにもベスト着てもらい下りを試して貰う。コウジさん実は下りセンスあってかなり速い。

絶好調で下るコウジさん頭にチームでんふら丼ジャージ3枚並びとかテンションカチageですわwwwww

キツい下りを抜けると国道373と姫鳥線との合流点。まあそのまま高規格道潜って道なり右手方向に下ればそのまま373に乗れる。ここ車だと左折で姫鳥線地道区間の志戸坂トンネルに入れちゃうから惑うのな(苦笑)間違っても姫鳥線には乗るなよwいいか最右手の道路の方に行けよww

国道373志戸坂粟倉付近は微下り区間。そう、ワイ将のステージ。もうねこの瞬間の為にヒーコラ山登ったのよいやマヂでwwwちな脳内BGMはコレ北斗の拳で野盗共がヒャッハーしてる時の曲なwwwあわくらんど手前から大原コブ越えまで40km/h付近キープでワイ踏み倒しの一本曳き。もう楽しすぐる走りながらニヤニヤが止まらんかったもん(笑)
あ、でも快走373微下りとはいえ、路面は往来が減って整備放置ぎみなのかマンホールや下水整備の道路横断するギャップなど結構な勢いで行くと危険がでんふらな箇所は多いのでヒャッハーしつつ路面状況はキッチリ把握して安全確実に微下り高速トレインを楽しみませう。
昔は作用出るのに必ず通ってた懐かしい大原コブを越えて下るとラストの微下りステージ。もう一度ペース立て直して先頭交代、後ろ下がってコウジさんとかぷ~の高速トレインを撮影。うんカッコええ。

そして13時半ごろ、無事に道の駅ひらふくに帰還。二人ともおつかれ~(゚∀゚)ノ


山岳1000m越え込み80km走ったワイらはもう腹ペコ。速攻機材片づけ着替えて道の駅レストランで遅めの昼飯。カツ丼とミニそばセットにワイはタコ唐、かぷ~は怖いモノ見たさにホルモン唐揚げを追加オーダー。意外とホル唐美味かったのよ。

食後のデザートに道向かいのたい焼き屋さんでたい焼きでもとウッキウキで向かうと何と全品売り切れで食えず・・・orz無念

このままじゃ帰れないのでひらふく名物しか肉コロッケを買い食いという暴挙に出てやるwww今日のライドが台無しw知ったことか(をwww

ワイの買い食いに釣られてかぷ~も暴食。まあワイらクソデブだからええねんwww

そんなこんなで面白可笑しく苦し楽しんで走ったいなちく試走も無事終了、東方面に帰るかぷ~と別れてコウジさんと今日のライドを反芻して談笑しつつさっくり帰鳥、コウジさんの機材下ろしてまたねと別れて帰宅。全日程終了ミッションCMPL
今回同行してくれたチームでんふらメンバーのかぷ~、コウジさん、二人ともお疲れぃ。お陰ですこぶる楽しい試走会になったです感謝('◇')ゞロング練ついでにわざわざ見送りに来てくれたkumaさんもありがとう。

いなちく試走のログデータ、走行途中で出力ワットが高めに表示されてるのに気が付いて何度かゼロ点補正掛けたんだが、やはりパイオニア赤オムスビ自体の調子が良くないのかNP272ワットとかTSS458とか在り得ん数値が記録されちまってるので・・・

シクロスフィア上のパワー調整機能でデータを下方補正してやる。

当日の強度や距離、過去の似通った走行ログを基に概ねこのぐらいだったであろう値まで修正できた。この件はまた別記事にするが、後日再確認したらどうやら赤オムスビ不具合確定っぽい・・・(;´Д`)マヂデスカ

走ってるとBB辺りからもバキバキ音鳴りしてたので帰宅してから速攻バラしてBB清掃とグリスアップしてみたのだがこちらも症状は改善せずでBBお亡くなり確定とかもうね(汁)

やっぱり何かしらネタ投下して終わる辺りがまあワイらしいわな(苦笑)無事オチもついたところでいつもどおりのgdgdレポは終わりにしますは。長文駄文お付き合いありがとさんでした( ゚Д゚)b
ジャンル:
自転車
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« チームでんふらいなちく試走... | トップ | 色んな意味で痛い話 »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (コウジ)
2016-10-14 19:30:58
先日はお疲れ様~(^^)

マルさんのブログ見ているとこの日の楽しさ思い出すね!!
坂はきついけど皆で上るときつさの中に楽しさも出てくるね(^0^)

いなちく当日はでんふらジャージもっと増えてより一層楽しくなりそう!!!
今から楽しみだね~
>コウジさん (maruyon-kai)
2016-10-14 19:56:50
まいどまいど~先日は試走お疲れ様!\(^o^)/
こないだのライドは本当に楽しかったんで出来るだけその楽しさ伝えようと画像満載で記事書いたらボリュームまんちくりんでエライ事になったわ(´Д`;)(苦笑)
さっき風呂でつまらん怪我しちゃったけどはよ治して近直イベント楽しめるようにせんとね(笑)
いなちく本番はチームでんふらトレインでガッツリ目立とうで!ヾ( ゚∀゚)ノ゙
Unknown (マッシャー)
2016-10-17 07:44:30
酷そうなルートですね。12%とかその上とか(汗)当日どうしようかな(^^;
Unknown (マッシャー)
2016-10-17 07:54:10
連投失礼します。pioneerですが、センサーのアップデートは済ませましたか?9月バージョンが最新だと思うんですが。
>マッシャーさん (maruyon-kai)
2016-10-17 09:34:21
ルートの件は記事にも書いた通り、ヒャッハーしなきゃ全然余裕です。一番上が厳しいだけなので。それこそ博労座前とか香取直登とか、そういうイメージで居たら余裕でしょ?w
パイオニアのセンサーはメーカーに連絡してデータ見て貰ったらやっぱり異常値出てるみたいでアプデは関係ないみたいです。同じく無アプデで使ってる左センサーは全く問題ないので。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL