幹事さんのひとりごと

秋田市 土崎港 壱騎町一区 壹友会 非公式ブログ 語ったもん勝ち

竹やぶ切った

2017年03月15日 | ひとりごと
大阪の緑地公園で竹30本が何者かに伐採される被害があり
警察が「犯人捜し」をする事態にまで発展した。
自供した犯人は地元の学4~6年生6人だった。
児童たちが口にした理由は「秘密基地作り」。
近くの小学校に通う6年の男児5人と4年の女児1人の計6人組。

意外すぎる犯人に驚いた署員や市職員が「こんなことしたらあかんやろ。
なんで竹なんか切ったんや」と問いただすと、子供たちはこう言って謝った。
親から「家の中でばっかり遊ばずに、元気よく外で遊んでおいで」と言われ、
近くの鶴見緑地公園で遊ぶことを決めた。
そこで思いついたのが秘密基地を作ることだった。
のこぎりなどの道具類は百円均一ショップに自分たちで出向き、なけなしの
お小遣いで購入したものだったという。
授業を終えて下校した6人は、現場に残していたのこぎりなど道具類を探し、
さらに竹を切り進めようとしていたようだ。

「秘密基地を作っていた。ごめんなさい」思いも寄らぬ言葉に、
注意した大人の方が思わず笑顔になってしまった。

なんだかほっこりする話だな。
公園の竹を勝手に切ったことは違法行為だろうけど、いたずらとして迷惑を
かけようとしたことではないし、子供らしい行動だな。

子供のころ、男の子なら秘密基地ってあこがれは誰にでも多かれ少なかれ
あっただろうね。
自分の基地を作る。
仲間以外に知られてない基地。
男の子のロマンだよ。

小学生のころ神明社に基地を作ろうとしたなぁ。
本殿の下にもぐって行って。
裏のうっそうとした雑木林に抜ける。
隣には公民館があって。
そこの隙間も隠れ家にしたっけ。

公園の向かいに空き地が合って。
でかい土管が置かれてた。
その土管の中に入って隠れた。
ドラえもんの風景のような。

なつかしい記憶がよみがえる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 馬のクソ | トップ | エビのしっぽ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あれはなんだったろう (雲板)
2017-03-15 15:49:50
竹じゃなかった ナイフで簡単に切れたし
太さ2センチくらいで、長さは2メートルくらい
20本ぐらいも使ったのかな?
それを骨にして、要らなくなった蚊帳をかけて
その中に3~4人で入って、何してたものやら?
そんなこともあったね

思い出したよ、公民館があったんだよね あそこに
秘密って (幹事)
2017-03-16 12:24:46
やっぱり蜜の香りだよね。
誰もが経験してるんじゃないかと。

コメントを投稿

ひとりごと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。