歌うようにゆるやかに(andante cantabile)

マイペースで歌を歌い続けようっと☆

仕上がりは・・・・?

2011-09-29 19:27:03 | 音楽
いよいよ来週がジョイントコンサートになってしまいました。
今日は演奏する5曲の仕上げのために、一日練習でした。
今日の時点で楽譜を離せている人が半分くらいでしたが
あと一週間で大丈夫かな?
とりあえず本番では暗譜をモットーにしてきたので
最後まであきらめずにがんばりましょう。

最近ソプラノは
身体が使えている人とそうでない人ができちゃってるようです。
今日も先生に指摘されました。
歌っているとなんとなく
簡単に声だしちゃってる人がいるなあと気づくときがあります。
私もまだまだですが、今日のように一日練習すると身体中が痛いです~~
少しは使っているのかな。

食事をしながら来年のことも相談しました。
来年も先生がたがOKということなので
ジョイントコンサートに参加することになりそうです。
星野富広さんの合唱曲が歌えるといいなあと密かに期待しています。
先生よろしく!


今日も歌いながらマザーテレサのことばをかみしめていました。

朝晩はめっきり冷えこんできたのに昼間は真夏のような暑さ。
どうぞひとりひとりの体調が守られて、一人もかけることなく
舞台にのれますように☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4年目クリア~☆

2011-09-28 16:00:43 | ピンクリボン
一回目の手術が11月だったので少し早いですけれど
4年目の検査が無事終了しました。

乳がんは胸のほかに
肺・肝臓・骨に転移する場合があるのでそちらも要チェック。

先週の血液検査・CT検査・マンモグラフィーに加えて
今日は触診と超音波検査。
先生が丁寧にみてくださり、問題なしと太鼓判をおしてくださいました。

今まで治療は5年なんだと思い込んでいました。
「乳がんの場合は10年はみないとね。
 5年すぎても半年に一度はきてもらいますよ。
 もう片方にがんが見つかる場合もありますからね。」と
先生にいわれて、5年すぎても見てもらえるんだと安心したものの
5年すぎても転移の心配があるとはっきり言われたのでそれもまた
心配ですねえ。がん子(?)ちゃん、ストレスをためないようにするから
どうかおとなしくしていてね~~


今日病院で赤ちゃんの診察にきていたおとうさんをみかけました。
奥さんの付き添いじゃなくて、おとうさん一人で赤ちゃんを連れて
きていました。
トイレで手際よくおむつを換えたり、泣いているのをあやしたり・・・
本当にイクメンさんが増えているようですね。
若いおとうさんたち、がんばれ!!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うらやましい話☆

2011-09-27 09:11:39 | 自分探し・仕事
連休前に若い男性の職員さんが
初めての結婚記念日を迎えるからサプライズを考えてると話していました。

昨日一緒に仕事をしたので
「サプライズはうまくいきました?」ときくと
すごくうれしそうに「まあまあ喜んでくれました。
ちょっぴり予算オーバーだったけど。」

なんと仕事帰りにお店に飛び込んで
ダイアモンドのピアスを購入したそうです。

私はアクセサリーに興味はないけれど
ご主人がそうやってプレゼントしてくれることに感動!!
うらやましいなあ。

でもよくよく話をきくと
美人の奥さんが赤ちゃんがうまれてからは
Tシャツやジャージしか着てなくて
たまにはおしゃれしてほしいなあと思っているそうです。

乳飲み子を抱えていると育児に必死で
服もよごれちゃうし、おしゃれなんて気がまわらないですよね。
もう少しすれば赤ちゃんも一緒におしゃれしておでかけも
できると思いますよ~

話をきいていてちょっぴり反省。

私は育児がとっくに終わっているのに、
ラクだからジャージ愛用してます。
それも娘たちが着なくなったものを
もったいないからと着ていることも。
主人も口にはださないけれどあきれているのかも。

もう少し家庭のなかでも気をくばったほうがいいのですね。


「25年イベントはどうでしたか?」

はい、大自然の前では人間はちっぽけだし
25年たっても人間ってそう変わらないってことを
再確認してまいりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近くにいたんですね・・・

2011-09-25 21:39:46 | 家庭・子ども
主人の大学時代の同級生であるY氏。
年賀状のやり取りだけはずっと続いていました。
卒業しておたがいN古屋近辺にいることはわかっていても
なかなか会うチャンスがなかったようです。


ある年、フォーレのレクイエムでソロを歌うという夢のような
経験をしたと近況を年賀状でお知らせしたんです。
するとそれをみたY氏の奥様が
アマチュアでソロを歌うなんてことめったにないけれど
これはもしかしてNコーラスのこと?と確かめられたそうです。

奥様はNコーラスのメンバーのうち4人が参加していて、
指揮者のT先生が指導しているもうひとつ別の合唱団の
団員だったのです。

私と主人は知り合いが出演されるので
その団の演奏会は毎年聴きにいっていました。

Y氏も奥様が出演されるのでいらしていたんです。

でもたくさんのお客さんですから
そうそうばったり出会うこともなく何年も過ぎていたんですね。

今日はコンサート後、入り口付近にいるからということで
30年ぶりのご対面となりました。

傍からみているとすっかりおじさん同士だけれど
「変わってないねえ。」なんていいあってました。うふふ

なんと職場も今は隣のビルだとわかりました。

今まですれ違っていたかもしれません。
気づかないだけですごく近くにいたんですね。

私もはじめてご挨拶できました。
今後ともよろしくお願いいたします。


知り合いのみなさんのがんばっている姿も拝見でき
すてきな演奏会でした。お疲れ様でした♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

25年ぶりの上高地

2011-09-25 20:43:00 | 家庭・子ども
台風が列島を縦断していったので
心配していた上高地への一泊旅行。
予想以上のいいお天気に恵まれて満喫してきました。

9月23日に結婚25年を迎えました。
そういえば最近子どもたちとそれぞれ旅行することはあっても
主人とは帰省くらいで旅行をしていません。

せっかく銀婚式を迎えたのだから
なにか記念にと新婚旅行ででかけた上高地いきを計画しました!
(私の計画に主人がしぶしぶついてきたって感じですが)

昔歌を歌いながら歩いた河辺林は、なんだか木が成長したようで
こんもりと茂みが深まったように感じました。
湿原もひろがったような。木の板を渡した遊歩道が整備されていて
びっくりしました。
25年前の記憶は断片的で、お互いにああだったこうだったと
思い出しながら記憶をたどりつつの散策となりました。

お宿は前とおなじ上高地帝国ホテル
赤い屋根の山小屋風で気分はアルプスの少女(?!)
  
朝もやの田代池
 
とにかくお天気がよくて
青く澄み切った空
しろかんばの林
 
川底が透けて見えるあおい梓川
遠くに連なる穂高連峰
 
岩肌をむき出している焼岳 
大正池
 

でも、この自然も土石流がおきて新しい林がつくられたり
木や草花も激しい生存競争のなかで日々変化しているそうです。
25年前と同じようでもあり違うような気がしたのは
正解だったんです。次に訪れるときはどんな風に変わっているでしょうか。


上高地から登山をする人たちもたくさんみかけました。
今回二日間で5時間くらい歩き
普段鍛えてない分、筋肉痛が・・・
これじゃ山登りなんてとんでもないですね。
結構お年を召した方でも、大きなリュックを背負って
歩いていらっしゃって私は憧れのまなざしでみていました。




一泊二日の旅から戻ってきた私たちをみて長女が
「なんだあ、二人は仲がよかったんだね、一緒に旅行するなんて。
仲が悪いんだと思ってたよ~」といいました

まあいろいろありましたけど、
25年やってこれたのはお互いがんばった証拠ですね。
これからも元気でいられますように☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加