丸ちゃんの笑顔日記(maruta masuo)

『信頼できる不動産パートナー』『安心できる保険プランナー』暮らしやすさを求めて…。
いっしょに夢をかなえます!

超ラッキィの研修会!時代に沿った不動産取引!

2017-07-05 17:49:26 | 不動産
宅建協会の研修会が開催されました。

開始5分前に着いたのにもかかわらず1番前のそれも正面の席に座ることができ超ラッキイと思い3時間の研修を受けました。

以下、簡単に内容を記載します。


1、改正宅建業法とIT重説
〜変わる実務をフォローする〜

平成30年4月1日から施行される宅建業法の改正で既存建物取引における情報提供の充実がはかられる。

これは購入者は「住宅の質による不安」が解消され
売主は「瑕疵担保責任が軽減」され
売主・買主が安心して取引ができる市場環境が整備できる。

契約前に必要な重要事項の説明も
「テレビ会議システム」や「スカイプ」などを利用して離れた場所にいる当事者に行うことができる。

平成29年10月を目途に賃貸取引から始まり法人間売買取引いずれ個人を含む売買取引へと進んでいく。

2、高齢者社会と不動産取引
〜知っておくべき基礎知識〜

日本人の平均年齢はH25年現在男性が80.21歳、女性が86.61歳と高齢になっている。
しかし、健康寿命は男性が71.19歳、女性が74.21歳となっている。

この平均寿命と健康寿命との差の10年の間に取引上の様々な問題が発生する。
高齢者の不動産取引は充分注意し、「後見制度」や「信託」などの制度も利用しながら
トラブルの回避に努めなければならない。



家の購入をはじめ、就職や結婚・子どもが生まれたなどライフステージが変わった時に住み替えを検討されることが多いのですが、この時に「もしもの時に必要な保障」も変わりますので、保険も保障内容を検討することをお勧めします!

不動産・保険・相続等のご相談がありましたらコチラまで
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 25名からのスタート!出水南... | トップ | 備えておくと安心デス!地震保険 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

不動産」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL