サラ☆の物語な毎日

物語と冒険をはらむ、さまざまな出来事にまつわる話

『ハリー・ポッターと呪いの子』は劇の脚本

2017-02-09 00:31:06 | 物語の缶詰め

『ハリー・ポッターと呪いの子』は19年後の8番目の物語。


そう、続きが知りたいと思ってたんだ。

ハリー・ポッターの次男、アルバス・セルブス・ポッターが

ホグワーツ行きの汽車に乗り込むところで、

『ハリー・ポッターと死の秘法』は終わっていた。

 

この本はその続きの物語といっても劇の脚本だけど。

ローリングさんは、続きの物語を劇という形で語り継いだ。

しかも、ローリングさんのほかに、

ジョン・ティファニーとジャック・ソーンという二人が加わる

3人の共著ということになっている。

 

だから、ハリー・ポッターシリーズの本とは、少し違っている。

細やかさを求めてはいけない。

それでも、物語の続きを知ることができて、

ハリー・ポッターのファンにはたまらない。

 

何しろ、あのハーマイオニーが

多分まだ30代後半なのに魔法大臣になっているのだ。

それからロンはウィーズリー・ウィザード・ウィース悪戯専門店の経営者。

ハリーと結婚したジニーは、日刊預言者新聞の記者でスポーツ面を担当している。

ハリー・ポッターは魔法省の魔法法執行部の部長。闇祓いとして活躍する日々。

ちなみにホグワーツの校長はマクゴナガル先生。

 

『呪いの子』はハリーの次男のアルバス・セルブス・ポッターと、

ドラコ・マルフォイの子供、スコーピウスを主軸に展開する

 

ハーマイオニーがまだホグワーツにいたときに、

二つの授業を掛け持ちで受けるために使った

あの逆転時計(タイムターナー)が物語の鍵になる。

 

逆転時計で過去に行き、過去の事実を変えることによって、

ヴォルデモードが生きている世界を現出させようとたくらむ者がいるのだ。

 

だからまた、ハリーの傷跡が痛み始めた。

3人の脚本とはいえ、登場人物の背景や性格づけは

ローリングさんが一手に引き受けているに決まっている。

読み始めたら面白くて止まらない。

読み終わったら、次はどうなるの、とまたつづきの物語が知りたくなる。

 

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あれから1年半 『赤毛のア... | トップ | 『森は生きている』のもとも... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL