田舎おじさん 札幌を見る!観る!視る!

私の札幌生活も10年目を迎えました。これまでのスタイルを維持しつつ原点回帰も試み、さらなるバージョンアップを目ざします。

シャクナゲ岳 & イワオヌプリ

2017-10-16 19:29:19 | 北海道低山紀行 & Other
  当初の予定では、今日シャクナゲ岳を、明日イワオヌプリに登る予定だった。しかし、予定を変更して、二つの山を一日で登ってしまい、先ほど帰宅した。

       
       ※ シャクナゲ岳山頂からちょっと面白い写真が撮れました。奥から羊蹄山、アンヌプリ、イワオヌプリ、チセヌプリの四つの山が重なって見えました。

 本当はこの二つの山を紅葉時期に登りたいと思っていた。
 ところが私自身の会議や講座受講のスケジュールと、現地の天気予報を睨みながら検討していたところ、山の紅葉時期を逃がしてしまうことになった。

 過日、10日間予報を見ていたところ、16日(月)と 17日(火)が「晴れ」と出ていて、私のスケジュールもなんとか都合できそうということで決行を決めたのだった。

 天気はバッチリだったが、やはり紅葉は過ぎていた。
 シャクナゲ岳の登山口をスタートしたのは午前7時25分だった。天気は良く、時間にも余裕があったので、コース外の沼などに立ち寄ったこともあり、下山を完了したのは12時20分だった。登山口でゆっくりした後、温泉に入る前に明日登るイワオヌプリの登山口の様子を見ておこうと五色温泉のところに向かった。

 そこへ向かう途中、突如「あれっ!?この時間からでもイワオヌプリに登れるかもしれない」と思い始めた。登山口に着くと、ちょうどイワオヌプリ登山を終えた方がいた。その方に「これからでも登れますかねぇ?」と問うと、「十分明るいうちに帰ってこれます」という答えが返ってきたので、即断した。
 実は明日の午後、会議が予定されているのでイワオヌプリには明朝早く登って帰札しなければならなかった。また、朝夕冷たくなった10月の車中泊に少々の不安もあった。
 そうした理由から、体力のない私としてはちょっと無理をしたが、一日で二つの山を登ることを決断したのだ。二つの山とも初級レベルの山だったということもあるのだが…。

 それでも私にはけっこうな疲労が残った。
 そのため、山行の詳しいレポは明日以降に投稿することにし、早く寝て疲労回復に努めます。
『北海道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 札幌は「水の都」だった!? | トップ | 北海道低山紀行 80 シャ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

北海道低山紀行 & Other」カテゴリの最新記事