田舎おじさん 札幌を見る!観る!視る!

私の札幌生活も10年目を迎えました。これまでのスタイルを維持しつつ原点回帰も試み、さらなるバージョンアップを目ざします。

大不正解!トヨタ ビッグエア

2012-02-13 14:38:04 | スポーツ & スポーツ観戦
 若者が熱狂するトヨタ ビッグエアとは、いったいどんなもの? 何にでも興味津々のオヤジは、会場が観戦しやすい札幌ドームに移ったとあって早速観戦に出かけたのだが…。 

     
     ※ この写真はHPから引用したものです。このような写真が撮れれば私も大満足だったのだが…。

 毎年テレビでオンエアされるトヨタ ビッグエアを見て、観衆が熱狂する姿に一度はその場で見てみたいもの、と思っていた。会場が真駒内から札幌ドームに移ると聞いて「これならオヤジでも観戦できそう」と思い、前売券の発売と同時に購入した。これが第一の不正解!
 なな、なぁ~んと、60歳以上は無料観戦が可能というではないか!私は前売券の発行手数料を含め3,190円を大会当局に寄贈してしまった。

 13時開演ということで、その少し前に会場の札幌ドームに着いた。
 すでに観戦しやすい席は埋まっていて、ジャンプ台からはかなり離れた席に腰をおろした。
 13時を過ぎてもいっこうにジャンプが始まる気配がない。そしてなんと13時30分頃から「ワンオクロック(ONE OK LOCK)」というロックバンドのライブが始まった。会場の様子を見ると大盛り上がりである。これが目的の観客もいたのか?オヤジにとっては見たことも聞いたこともないバンドである。「俺はロックのライブを聴きに来たんじゃない!」と叫びたくなった。第二の不正解だ。

          
          ※ これは私が撮った写真です。コースは写真のようにドームの天井付近から滑り降りてジャンプする造りになっています。

 14時30分過ぎ、ようやく本選前の足慣らし?(顔見世?)に出場選手が高い台から飛び降り始めた。スタート地点はドームの天井付近である。そこから一気に滑り降りて大きなジャンプ台から高々と舞い降りる。雪まつりの大通会場のものとはスケールが違う。ドームの最も長い辺を目いっぱいに使ったジャンプ台の構成である。短時日のうちにこうした構造物をドーム内に造ってしまう機械力に驚きだ。

          
          ※ 写真のようにスタンドは押しかけた観衆でいっぱいでした。

 ところで第三の不正解は?
 その肝心なジャンプを自慢の望遠レンズで捉えようと、前日には一脚まで購入して構えたのだが…。ジャンプする選手をクリアに捉えることができないのだ。何度も何度もトライしてみたのだが…。
 考えてみると戸外と比べて光の量が圧倒的に少ない。コース上はそれなりにライトアップされているのだが、それを効果的にするためか会場全体の光量はぐっと抑えられていた。これではシャッタースピードが遅くなり、とても空中を舞う選手をクリアに捉えきることなどできないのだ。もちろん私の腕前の未熟さもあるのだが…。
 良い写真をものにしようというのが第一の目的だった私には大きな不正解だった。

          
          ※ 何枚も撮ったジャンプの写真はすべてこのようなボヤけたものしか撮れませんでした。トホホッ。

 と不満ばかりが口をつく。
 大会の運営そのものも、オヤジには違和感ばかりが残った。
 色とりどりのライトによってライトアップされたコース(ステージ?)、耳をつんざくばかりに会場内に響くロック系の音楽、そして雰囲気を煽るかのようにしゃべりまくるDJ風のアナウンス…。
 それはスポーツというよりは、見世物的な要素が色濃く出たショーのような感じがした。もっとも古来からスポーツは大衆が見て楽しむという娯楽的な要素を併せ持っていたことからいえば、これも一つの形なのかもしれないが…。
 選手の掛け声や、スピード感、力強さを目と耳にして興奮しながらスポーツを楽しんできたオヤジとしてはどうしても馴染めない雰囲気だった。

 予選ラウンドに16選手が出場したが日本人選手と外国人選手とのレベルの差は歴然としていた。決勝ラウンドに残った日本人選手はわずか一人だった。
 これ以上見なくてもいいな…、そう思った私は会場を後にしたのだった。

          
          ※ このような写真が撮れるのは、優秀な機材と腕、そして撮影ポイントに恵まれないと出来ないことだと悟りました。
『北海道』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 滝野スノーワールド | トップ | スノーシューで藻岩の森をお散歩 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見ているだけでは・・・ (おなら出ちゃっ太)
2012-02-13 16:05:33
見ているだけでは満足できないブロガーのサガでしょうか?(^^;
雪祭り会場のイベントだけで十分楽しんでいたオイラには驚きの体験でしたね。
スポーツが見世物かどうか、判断には色々な論があることでしょうけども、ショーアップもやり過ぎるとウルサイだけですね、確かに。
一番わかりやすいのはマラソンで、ショーアップも何もないのに、見ていると面白く最後まで見通してしまったりします。
演出過剰なのは、実は面白くないか、まだ興行として未成熟なのか、演出が間違っているのでしょう。
だって雪祭り会場のジャンプを見ているだけで十分に面白かったのですから。音楽とDJはちょっとうるさかったけど、それでも目で見て楽しめたのですから。
三つの経験 (ちゃんこま)
2012-02-13 22:02:55
 三つの不正解を経過したということはある意味では三つの経験をしたという結末なのだなあと思いました。第一の不正解の前売り券の件はもったいないなあと思いました。第2の不正解のロックバンドについてはジャンプの時の音楽を新たに知ったことだし、第3の不正解のカメラの件については、屋内撮影方法の模索の原点になるかもしれません。けれども、初めての環境に挑むそのパワーに底知れない探究心を感じました。
Re:見ているだけでは・・・ (田舎おじさん)
2012-02-15 22:44:15
 私はやはり年代のせいもあり、純粋にスポーツそのものを見て楽しみたいという思いが強くあります。ところが昨今の特にプロスポーツは演出過剰なのが気になります。
 テレビがその傾向を煽っているような気がしています。
 テレビを悪者扱いする気はないのですが、時代的には私たち世代は置いていかれている世代なのかもしれません…。
 だから円山で行われる高校野球が最高なのです!!
Re:三つの経験 (田舎おじさん)
2012-02-15 22:46:45
 う~ん。経験をしたと云えば経験をしたことなのでしょうなぁ…。
 しかし、この年になって経験してもねぇ…。
 でもまあ、今回の経験を生かしたいですねぇ…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む