田舎おじさん 札幌を見る!観る!視る!

私の札幌生活も10年目を迎えました。これまでのスタイルを維持しつつ原点回帰も試み、さらなるバージョンアップを目ざします。

札幌麺紀行 123 幌加内そば 八右ヱ門

2017-07-23 20:48:49 | 札幌麺紀行 & グルメ紀行
 う~ん、これは旨い!さすがにそば処幌加内のそば店である。適度にこしのあるそばの喉越しの良いこと…。すっかり気に入った私たちは、追加の注文をして幌加内そばを堪能したのだった。

               

 札幌の麺店ではないが、特別バージョンとしてレポすることにした。

 「幌加内に来たらそばでしょ!」ということで、朱鞠内湖にキャンプに赴いた息子と私は、昼食に蕎麦の栽培面積日本一を誇る幌加内でそばを食することにした。
 町内には数店のそば店があったが、ネット上で評判の「八右ヱ門」を訪れることにした。
 「八右ヱ門」は国道から東にそれた幌加内町役場の道路向かいにあった。黄色の壁に「八右ヱ門 手打ちそば」と大書されているので分かりやすい。

               

 入店したのは12時少し過ぎたころだったが、席が満席だったため、待たされることになった。人気店のようで、私たちの後からも入店してくる人が次々と現れた。

               
               ※ 店の入口に戸外でも食する席が設けられていた。

 注文は息子が店のスタッフがお勧めの「天とろ(天ぷらととろろが載ったそば)」(1,250円)、私はとろろが苦手のため「なめこおろし」(880円)とした。
 少し待って出てきたそばは、適度にコシがあってとても喉越しの良いそばだった。つゆも辛くなく、甘くなく…。

               
               ※ 息子が食した「天とろ」そばです。

 天とろの息子の方も気に入った様子で休みなく箸が動いていた。
 すっかり気に入った息子は、さらに「もりそば」を注文しようと私に提案し、二人でさらに「もりそば」(680円)を食したのだった。
 ここでは大盛がお勧めのようだ。

               
               ※ 私が食した「なめこおろし」そばです。

【幌加内そば 八右ヱ門 データー】
雨竜郡幌加内町字幌加内
電  話   0165-35-3521
営業時間   11:30~19:00
定休日    木曜日
座  席   27席
駐車場    有(10台程度駐車可能)
入店日   ‘17/07/20

『北海道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山崎夏生の一途一心の野球道 | トップ | 建築家・安藤忠雄が語る「自... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

札幌麺紀行 & グルメ紀行」カテゴリの最新記事