田舎おじさん 札幌を見る!観る!視る!

私の札幌生活も10年目を迎えました。これまでのスタイルを維持しつつ原点回帰も試み、さらなるバージョンアップを目ざします。

「冬の石狩川河岸を遡る」を振り返る 5

2017-03-06 16:28:04 | スノーシュートレッキング
 振り返るシリーズの最後は、今回の「冬の石狩川河岸を遡る」プロジェクト実施に際しての装備や携行品について記録として留めながら最後としたい。 

 装備として、先ずは肝心のスノーシューであるが、ブログの中でも何度も触れているように、私の所持するスノーシューはいわゆる中級品である。私が贔屓(?)にするmont-belで買い求めたものではなく、スポーツ量販店で買い求めたもので「TUBBS」というメーカー名が入っている。
 中級品ではあったが、2010年末に買い求めて以来、かなり過酷な使用に耐えながら、これまで何の故障もなく使い続けられた。このことはある意味幸運だったと言えるかもしれない。同時に買い求めたストックもまた同じである。
 ただし、持ち運びに使うスノーシューのケースはmont-bel製である。

               
               ※ 私の愛機をあらためて床の上で撮ってみた。右からストック(縮めた状態で)、スノーシュー、ケースの順です。

 スノーシューを付ける靴であるが、これにはmont-bel製の登山靴を使用している。記録によると豊平川を遡っていた当時は長靴を使用していた時期もあったようだが、いつからか登山靴になった。登山靴に防水スプレーをかけ、スパッツを使用することで、防水対策もバッチリである。

 続いて身に着けるウェア類であるが、基本的には上下ともに三枚である。
 上半身は、アンダーウェア、ミドルウェア、そしてアウターの三枚で行動している。寒さが心配される場合は、ミドルとアウターの間にフリース素材のミドルを着用するが、行動を開始するといつも直ぐに脱いでいた。
 私の場合は、アウターがかなりしっかりした素材でできているため、その下は薄着でも寒さを感ずることはなかった。
 対して下半身は、ロングタイツの上にジャージーの下(あるいは登山用パンツ)、そして風除けのためレインウェアの下、という恰好である。

 続いて携行品であるが、いつも必要以上に携行していたのが食料である。厳寒の外ではおにぎりなど水分を含むものは不適である。私の場合は「調理パン(ホットドック系)」をいつも携行していた。その他に北海道のソウルフード?「ビタミンカステーラ」、さらに行動食としてコンビニなどで購入できる「スニッカーズ」のようなものを携行した。
 さらに、粉末状のスープも携行したが、今年は特にそれらを食することは持ち帰ることが多く、これらは「もしも」のための食料としていつも携行していた。

               
               ※ 左側は残っていた行動食、塩飴など、右側はスープやインスタントコーヒーなどです。
              
 携行品の特徴としては、二本のステンレスボトルに入れた熱湯である。一本は甘味を加えた紅茶を、一本はスープやコーヒー用のための白湯である。この二つをどちらも専用にケースに入れた上に、さらにタオルでぐるぐる巻きにして温度が下がらないように工夫した。
 紅茶の方は、寒い中でホッと一息できる飲料として重宝したが、もう一本の白湯はいつもそのまま持ち帰ることがほとんどだった。寒い中でゆっくりとスープなど作っている間がなかったというのが実状である。こちらも「もしも」のために最後まで携行することを忘れなかった。
 少し大げさなのではと思う向きもあるかもしれないが、あくまで“万が一”に備えてという気持ちを忘れなかった。

               
               ※ 右側はケースに入れただけのステンレスボトル。左側はそれをタオルで包んだ状態のボトルです。

 その他で携行したものは、緊急の寒さ対策のためのライトダウン、雨対策のザックカバー、さまざまな状況で重宝するトイレットペーパーなどである。
もちろんカメラ(コンデジ)、スマホ(GPS)、地形図は必携品です。
 それに、宿泊を伴う場合は洗面道具、替え下着が加わった。

                     
               ※ 私は自撮りというものをほとんどしない。この写真も息子が現地まで送ってくれた際に、撮ってくれたものです。
                この時は腰にウェストポーチを付けているようですが、今年は全く付けませんでした。

 ここまで5回にわたって「冬の石狩川河岸を遡る」プロジェクトに取り組んできた22日間を振り返ってきた。私にとっては記念碑的(少しおおげさ?)な石狩川河岸遡行だった。
 本来であれば、河口から源流まで辿って初めて記念碑的取り組みと称するのが適当かもしれない。しかし、それは私のような素人にはあまりにも難しすぎることだ。私にとっては旭川まで至っただけで十分に記念碑的なことだと思っている。

 この取り組みが終わった時、書店へ出向いて、旭川から石狩川の源流である石狩岳までの地形図は購入してきた。しかし、それは私が取り組んだことの延長線上にこうした経路があるということを認識したかったことと、私自身の記念品として買い求めたということだけである…。
『北海道』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「冬の石狩川河岸を遡る」を... | トップ | 日本の世界遺産「明治日本の... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
貴兄の単独行、そしてスノーシューの深い思いは・・。 (夢逢人)
2017-03-06 21:47:24
貴兄の多彩な学研の行動派には、幾たびに敬服させられる次第です。

今回、改めて投稿文を読ませて頂き、貴兄の単独行、そしてスノーシューの深い思いを教示させられました。

◎単独行の深い思い

《・・高校2年のときだった。
親しかった1年下のT君と道東地方を巡る一週間の自転車旅行をした経験があった。

大学1年のときだった。
高校の同窓で、同じ大学に進学したS君と、今度は北海道内一周の自転車旅行をした。

どちらも楽しい思い出として私の中には残っている。
しかし、旅行中にT君とも、S君とも気まずい思いをしてしまったことも忘れられない。
それはお互いに体力的にきつくなったときに、どう対処するかという方法を巡って対立してしまうことが多くあり、
しこりを残してしまったことが忘れられない。・・》


私も高校2年の秋に同級生と二人で、ザックを背負い、能登半島の西海岸を灯台のある先端まで歩こう、
と3泊4日で、民宿に近い旅館、お寺に宿泊しながら旅路をしました。

翌年の年末年始には、同じ同級生と二人で、ザックを背負い、
四国の大歩危小歩危から歩き出して、高知の桂浜で、初の日の出で新年を迎えて、
その後は西海岸沿いに50日で西海岸を灯台のある先端まで歩こう、5泊6日の旅路をしました。

しかしながら、能登半島の時は最終日の前夜、四国の時は最終日の2日前に、
コースの選定で、お互いに異論して、旅先で別れた苦い思いでありました。

これ以来、私は独身時代は、できる限る独り旅を実践してきた次第です。


《・・一方、私は大学3年を終えたときに、1年間休学してヨーロッパ・アジアをヒッチハイクで彷徨する一人旅に出た。
その旅は、一日一日が、一瞬一瞬が判断を求められる連続だった。

明日はどこへ向かおうか? 所持金が残り少なくなり、この後どうしようか?
ヒッチハイクで思うように進めなかったとき、どこに宿泊しようか? 等々…。

私は一人で判断しなければならなかった。判断したことに責任を持たねばならなかった。
誰にも文句を言えない。誰にも責任を押し付けることができない。
すべては自己責任に帰する旅を続け、両親と約束した1年後に無事に帰国することができた。

この一人旅は私を強くした。私に自信を与えた。そして何より、一人旅の醍醐味を知ってしまった。・・》

私は以前、貴兄がこの旅路をされたことを読ませて頂き、羨望しながら、
よくぞ決断されて、達成されたと感心させられた次第です。

貴兄の青年時代の宝物のような記念碑の旅路だった、と私は解釈する次第です。


◎スノーシューの深い思い

《・・道なきところに踏み出せるスノーシューで何かをしてみたい。

さりとて不案内な山は危険が伴う。

そう考えたときに、「そうだ河原を歩こう!」というアイデアが閃いた。
冬だからこそ近づける河原を辿りながら、川を遡ろう!私の小さな冒険は豊平川の上流を目ざした。

どこまで行けるのか、事前踏査をまったくしていないのだから皆目見当が付かない。
何日かに分けて無理なく行けるところまで・・・》

こうした動機で、『冬の豊平川河畔を遡る』を達成して、今回の『冬の石狩川河岸を遡る』・・
貴兄の意志、実行力に圧倒された次第です。

今回、最も瞬時に魅了された文は、
《・・大いなる石狩川の河岸に、広い雪原に、唯一人…。
聴こえてくるのは風の音、時に聴こえる川の流れの音…。
自然の中にどっぷり浸かっている自分を感ずる…。

こんなシチュエーションに、相手の話し声、仲間の歓声など必要ない。
独りでいることに無上の喜びを感ずる。

私のブログに度々登場する超人おじさんsakag氏は言う。「孤独感は心地良いが、孤立感は侘しい」 と…。
まさに私の「冬の石狩川河岸を遡る」旅は、孤独感を楽しんだ22日間だったのだ。・・・》

貴地は冬麗の時節、貴兄、そして奥様共々、程ほどにお身体をご自愛されて、
お過ごしして下さい。

夢逢人さんへ (田舎おじさん)
2017-03-07 17:15:55
 夢逢人さん、コメントありがとうございます。
 私の思いを的確に拾い上げていただいたコメントに感動しています。
 私にとって今回の「冬の石狩川河岸を遡る」プロジェクトは、今の私にとっては渾身を傾けた取り組みでした。それだけに、夢逢人さんからそう言っていただけること無上の喜びを感じます。ありがとうございました。

 そして夢逢人さんのコメントに毎度のように書き添えられている妻に対するねぎらいの言葉…、そこに夢逢人さんの奥様に対する深い愛情を伺うことができます。
 私もこうした無謀なことを許容してくれる妻がいるからこそできることだといつも感謝しながら家を出ていく毎日でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

スノーシュートレッキング」カテゴリの最新記事