田舎おじさん 札幌を見る!観る!視る!

私の札幌生活も10年目を迎えました。これまでのスタイルを維持しつつ原点回帰も試み、さらなるバージョンアップを目ざします。

札幌麺紀行 119 らーめん きちりん 大通店

2017-04-21 17:00:56 | 札幌麺紀行 & グルメ紀行
 やはりラーメンは専門店に限る。そう思わせてくれた「きちりん」の塩ラーメンだった。役所食堂が設定する価格では、専門店のようなスープを作ることは難しいということだろうか? 

               

 麺紀行と直接関係はないのだが、このところワンコインランチ紀行はトラブル続きである。18日(火)には白石区役所食堂、19日(水)には札幌大学食堂で食したのだが、その際写した写真をパソコンに取り込んだ後、パソコン内で行方不明となり、私のレベルではどうしても探し出せない。写真がないとランチ紀行はレポできないので再訪するしかないかな?と思っている。
 また、20日(木)には北区役所食堂を目ざしたのだが、北区役所へ行ってみると、食堂はすでに閉店してしまったということだった。まさに踏んだり蹴ったりで、次善の策として久しぶりにラーメン店を訪れたということである。

               

 「らーめん きちりん 大通店」は、ちょうどヤマダ電機札幌本店の向かい側にある。ヤマダ電機で雑貨を購入して駐車場を使わしてもらい入店した。
 店内はすっきりした内装で、2階もあるということだが、2階の様子は見なかった。

               

 さて、何を注文しようかと思ったが、店のイチオシが「塩ラーメン」(750円)だったので、ふだんあまり塩ラーメンは食しないのだが、今回は塩に決めた。
 すると時間をおくことなく、直ぐに出てきたのにはちょっと驚いた。

                    

               

 まずスープを一口。これが役所食堂のラーメンとの大きな違いである。鶏がらスープということだったが、出汁がしっかりと出たスープはやはり専門店に大きく軍配が上がる。
 チャーシューもまた、厚みがあり、良く調理され、ホロっと崩れる上質のものだった。
 麺には格別の違いは感じられなかったが、やはりラーメンは専門店に限るなぁ、と思わせてくれる一杯だった。 

               

【らーめん きちりん 大通店 データー】
札幌市中央区大通西9-3-35
電  話   011-231-8628
営業時間   11:00~20:00(スープなくなり次第終了)
定休日    月曜日
座  席   30席(テーブル席、カウンター席、二階席もあり)
駐車場    無
入店日   ‘17/04/20
『北海道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 札幌大学公開講座「地域創生... | トップ | 春を探して野幌森林公園 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む