田舎おじさん 札幌を見る!観る!視る!

私の札幌生活も10年目を迎えました。これまでのスタイルを維持しつつ原点回帰も試み、さらなるバージョンアップを目ざします。

林心平 × ニホンザリガニの人

2011-03-21 19:02:52 | 講演・講義・フォーラム等
 林心平氏がナビゲーターを務める「北海道 動物の人対談シリーズ」もいよいよ最終回(第6回)となった。最終回のゲストはニホンザリガニを追い続ける川井唯史氏だったが、この人も凄い人だった。 

 林氏は冒頭、川井氏のことを「アマチュアの研究家である」と紹介した。
 確かに川井氏は稚内水産試験場の職員という肩書きをもっているから、仕事の傍らニホンザリガニを研究しているという意味においてはアマチュアといえる。
 ところがこの方が、ニホンザリガニに関してはとんでもない人のようなのである。

        
        ※ 今回のゲスト「ニホンザリガニの人」川井唯史氏です。

 まずニホンザリガニを研究対象としてからの期間が長い!
 興味を抱いたのが小学校の時ということだから、かれこれ40年近くザリガニを追っていることになる。
 そして本気度が桁違いである!
 シーボルトが日本で採取したニホンザリガニの標本を見るためにオランダの博物館まで出かけたり、天皇がザリガニのスープを食していたらしいと知ると、つてを頼って皇居を訪れてみたりと…。
 話によると今やその世界ではトップランナーの一人らしい。

        
        ※ 川井氏が会場に持ち込んでくれた生きているニホンザリガニです。

 そう考えると、川井氏がこれまで「アマチュア」であったことは、けっしてマイナス要因ではなく、純粋に一つのことを追い求めるためには幸いしたのではないかとさえ思えてくる。アマチュアであるがために、他の雑事に惑わされず一途にザリガニを追い求めることができたのではないかと…。

            
        ※ 真ん中が「ニホンザリガニ」、右が「アメリカザリガニ」、
         左が「ウチダザリガニ」です。個体差が歴然としています。

 一つだけ気懸かりなことがあった。
 日本、特に北海度ではニホンザリガニと、アメリカザリガニ、ウチダザリガニが混在しているという。ウチダザリガニなどはニホンザリガニに比べると体長が3倍も大きくて、ニホンザリガニを駆逐していると時々ニュースで耳にする。
 ところが川井氏はアメリカザリガニも、ウチダザリガニもその昔食用とするために日本に導入された経過もあり、その駆除には積極的になれないという。

 川井氏によるとニホンザリガニは、アメリカザリガニの祖先にも相当し、ザリガニとしては最古の種でもあるらしい。
 その貴重なニホンザリガニが駆逐されていくのを、なすがままにしておきたいと川井氏は言う。川井氏の葛藤のもっと深いところを聴きたいと思った。しかし、満座の中で質問する勇気が私にはなかった…。

        
        ※ 毎回ナビゲートしてくれた林心平氏です。

 この対談シリーズ、私は1回だけスケジュールの都合で参加できなかったが、他は全て参加したが大変興味深かった。
 それは単に研究者から話を聴くという形ではなく、研究者と私たちの間にナビゲーターとしての林氏の存在が大きかったと思っている。
 ナビゲーター…。文字通り道先案内人として林氏は研究者から話を引き出し、聴いている私たちに専門的なことは噛み砕いて伝えてくれる。そのことで専門的なことも興味深く聴くことができた。
 面白い講座の形だと思った。

 講座を主催した環境プラザと林氏の中では、次なる展開を考えているという。
 期待して次を待ちたいと思う。
『北海道』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東日本大震災被災者におくる... | トップ | 札幌Cafe紀行 №61 六... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
研究 (三四五白のヨン    )
2011-03-21 21:58:37
 川井氏の研究はザリガニを追求し最古の種類にまで辿りつくほどその研究の成果がでていたのだろうと思われます。その結果、アメリカザリガニとニホンザリガニとウチダザリガニのすべてに愛着というものが湧き、だからこそ、そのつながりから貴重なものほど大事にしていきたいということなのだろうと思いましたね。研究の対象物が少なくなっていくことが寂しいという思いがやはりあるのでしょうね。
ザリガニ (林心平)
2011-03-22 04:42:10
 本当に、毎回、ありがとうございます。ブログでの紹介も含め。
 外来種の問題は、なかなか「正解」が得難い問題です。
オイラも聞きたいです (おなら出ちゃっ太)
2011-03-22 14:50:46
オイラも平井氏の葛藤の理由、中身を具体的に知りたいですねえ。機会があったら是非とも。
Re:研究 (田舎おじさん)
2011-03-22 17:22:01
 同じくコメントをいただいた林氏のコメントに象徴されるように、こうした研究者たちに多い考え方として「今ある自然にいたずらに人の手を加えたくない」という姿勢です。
 そのことと、人為的に外から移入した生物の存在の問題です。
 エゾシカの駆除の問題ともどこか共通するものがあるようにも思われますが…。
Re:ザリガニ (田舎おじさん)
2011-03-22 17:24:10
 コメントありがとうございます。
 ブログ本欄でも書きましたが、楽しい対談シリーズでした。
 次のシリーズも楽しみにしております。
 新著の感想はできれば数日後にメールで送らせてもらいます。
Re:オイラも聞きたいです (田舎おじさん)
2011-03-22 17:27:43
 この歳になって恥ずかしくて質問できないというのも情けない話です。
 ヨンさまのコメント返信にもそのことについて少々書きましたが、なかなか微妙な問題があるんでしょうね。
 機会があったら今度は是非とも聞いてみたいと思います。その時には報告します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

講演・講義・フォーラム等」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事