田舎おじさん 札幌を見る!観る!視る!

私の札幌生活も10年目を迎えました。これまでのスタイルを維持しつつ原点回帰も試み、さらなるバージョンアップを目ざします。

映画 紅白が生まれた日

2017-12-01 22:36:49 | 
 純粋の映画ではない。NHKが2015年に放送開始90周年を記念して制作・放送したドラマである。題名からも想像できるように、今や年末の代表的番組となった「NHK紅白歌合戦」が誕生したいきさつをドラマ化したものである。

                 

 月の一度の「ちえりあ映画会」が取り上げた今月の映画が「紅白が生まれた日」だった。
 映画は11月28日(火)午前、札幌市生涯学習センター(通称:ちえりあ)の「ちえりあホール」で上映された。

 太平洋戦争直後の昭和20年9月。GHQは、放送を指導する目的で、NHKを接収しようとしていた。そうした中に、戦争に召集されていたディレクターである主人公の新藤は帰還する。
 GHQは放送の細部にまで検閲の目を光らせ、自由に番組を作らせようとしない。
 戦前は軍部の、そして戦後はGHQの意向に沿った番組しか作れないことに失望していた矢先、GHQから新しい歌番組を作るよう指示が下ったが、新藤は意欲がわかない。
 そうした中で、敗戦後の遊びの少ない子どもたちが棒切れを振り回しながら遊んでいるのを目にする。そこには男の子ばかりではなく、女の子も勇ましく戦っていることにヒントを得、男女対抗形式の歌番組を提案した。そのタイトルは「紅白歌合戦」だった。
 ところがGHQは「合戦」ということばが争い(戦争)を連想させるので認めない。苦肉の策で「紅白音楽試合」ということでようやく許可が下り、この年の大みそかを目指して具体的な番組作りがスタートした…。

            
            ※ 当時の「紅白音楽試合」の放送風景(ラジオ番組)を再現した様子です。

 映画を観終えての正直な感想は「凡庸だなぁ…」というものだった。
 連合軍側が敗戦国日本をこれまでの軍国主義から民主主義の国へと強引に変えようとしていたことは画面を通して伝わってきたが、番組作りに奔走する新藤たちの姿からには残念ながら何も伝わってこなかった。
 脚本、そしてキャストともに物足りなさが残った映画だった…。

 なお、掲載した写真はすべてNHKのHPから拝借した。

              
              ※ 主演の松山ケンイチと本田翼の二人です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

映画 不都合な真実 2 ~放置された地球~

2017-11-26 20:44:24 | 
 前作から10年を経過しての続編である。前作が地球温暖化による惨状を次々と映し出し、私たちにショックを与えたが、本作ではそれから10年間で地球はどうなったのか。そして地球上の二酸化炭素削減に執念を燃やすアル・ゴア氏(元米国副大統領)の姿を追い続ける構成となっていた。 

                 

 11月23日(木・祝)の午後、ディノスシネマズ札幌で封切なったばかりの「不都合な真実 2」を観た。
 前作「不都合な真実」はドキュメンタリー作品としては異例のヒットを記録し、多くの人々に衝撃を与えた。そしてそれに出演したアル・ゴア氏は地球環境問題における功績によりノーベル平和賞を授与された。(私は前作は2度観たが、そのレポはこちら⇒ 2007/12/8  2008/2/20 )
 そのことで環境問題は改善されていくかに思われたが、状況は悪化の一途を辿っていると映画は告発する。

 アル・ゴア氏は言う。「この10年間は挫折の連続だった」と…。
 まず大統領選挙において、不可解な集計結果もあり、ブッシュ氏に敗北したことで、アメリカの環境問題は後退してしまう。
 さらには、「不都合な真実」で告発した内容は欺瞞や誇張に満ちたものだとのネガティブキャンペーンに晒された。
 その後、オバマ大統領の登場によって状況はやや好転したかに見え、2015年にはゴア氏の舞台裏での懸命な活躍によって110の国々の批准によって「気候変動抑制に関する多国間の国際的な協定」(いわゆるパリ協定)が発効した。
 しかしそれもつかの間、トランプ大統領の登場によってアメリカはパリ協定からの離脱を宣言してしまう。
 というように、ゴア氏は何度も何度も挫折を味わいながらも、その歩みを止めようとしない。

            

 映画では、ゴア氏が世界を飛び回り必死の形相で人々に環境問題を訴え続ける。
 そこまで彼を突き動かすのは何か?ウェブ上で彼が語っていることを転写する。
 「私は、今やっていることが本当に光栄、名誉だと感じています。私にはすべてのエネルギーを注ぎ込むものがあるんです。自分がやるべきことだっていう強い意識を持っているので、疲れを知らないのです。仕事をすれば、するほど、エネルギーが戻ってきて、喜びを感じています。『炎のランナー』の主人公であるランナーは、『走ると神の喜びが与えられる』と言っていましたが、まさに私もそれを毎日感じています」と…。

 今回の映画でも地球温暖化によると思われる豪雨、酷暑、台風、大洪水など例証が数多く映し出されたが、私が最もショックを受けたのはアイスランドの氷河が溶けて崩れ落ちるとき噴煙(水煙?)を各所で上げている光景だった。(いわゆる良く見られる海中に崩れ落ちていく光景ではなく、氷河上の各所で起こっているのだ)

            

 ゴア氏にとってライフワークでもある地球温暖化阻止の闘いは、これからもまだまだ続くのだろう。
 地球温暖化に対してトランプ大統領に代表されるように懐疑的な考え方が存在するのも確かではあるが、多くの科学者が肯定し、しかも統計的にも温暖化が進行していることが明らかなことから、二酸化炭素の排出による温暖化は疑いのない事実だと思われる。
 数々の挫折にもめげず、自らの信念に従い突き進むゴア氏の姿勢に共感するとともに、心からのエールを送りたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五代目・古今亭志ん生の「風呂敷」

2017-10-04 19:45:17 | 
 名人の名をほしいままにした五代目・古今亭志ん生の得意演目の一つ「風呂敷」を聴いた。ところが、録画が古いせいか、あるいは高齢のために活舌が衰えたか、よく聞き取れなかったのが残念だった。しかし、「NHK超入門 落語THE MOVIE」が「風呂敷」の可笑しさを見事に表現していた。 

               
               ※ 古典落語のDVDに見入る「めだかの学校」の会員たちです。

 私は“落語”の可笑しさをいま一つ感得できない人間なのなのかもしれない…。

 私が所属する「めだかの学校」では、今年下半期の学習テーマの一つとして「古典落語研究会」と称して、会員限定で古典落語のDVDを視聴することになった。
 その第1回目の研究会(学習会)が10月2日(月)午後、かでる2・7で行われた。
 第1回目の題材として取り上げられたのが、五代目・古今亭志ん生が演ずる「風呂敷」だった。その他には、十代目・桂文治の「源平盛衰記」、三遊亭園彌の「七段目」が取り上げられた。

 ここでは「風呂敷」に絞ってレポすることにする。
 事前に配布された資料には、「風呂敷」のことが次のように紹介されていた。
 「別名に『風呂敷の間男』がある古い江戸咄のひとつ。今夜は帰らぬという亭主の留守に若い新吉が遊びにきたので女房は酒を出して話し合っていると、突然亭主が泥酔して帰ってくる。あわてて新吉を押し入れに隠すが、亭主はその押し入れの前にどっかとあぐらをかいてしまう。万事休すの女房はアニさんの助けを求めに。さて風呂敷はどう使うのでしょう?」

               
               ※ 名人の誉れ高い五代目・古今亭志ん生です。

 この資料を拝見し、これはなかなか面白い噺だと思い、期待しながら五代目・古今亭志ん生の話を待った。
 ところが! 録画されたのは昭和30年の「NHK放送演芸会」という番組のものだった。画面はもちろん白黒、マイクも録音機器も今とは比べ物にならないくらい性能的には劣るものだったと思われる。さらに五代目はその時65歳で必ずしも活舌は良くない。そこに輪をかけるように私の聴力がそれほど良くないのだ。三重苦である。

 懸命に耳を傾けだが、志ん生が何を言っているのかまったく聴き取れない。せめて噺の核心の新吉が押し入れに隠れるところくらいは聴きたいと思ったが、それも叶わなかった…。私の聴力はかなり衰えたのだろうか?と心配になったが、事後にある方が「さっぱり分からなかったので寝ていた」と語っていたのを聞いて、私だけではなかったのだと少しホッとした。

 その後の十代目・桂文治の語りは時代も下って録音機器も進歩したのか、志ん生よりは聴きやすかったが、それでも彼の発音にもやや難があった。
 最も聴き易かったのは三遊亭園彌の「七段目」だった。声もクリアで、活舌も良く、噺のオチもすんなり私の中に入ってきて、一番楽しめた。

               
               ※ この日の三人の噺家の中で、最も聴き易い落語を聴かせてくれた三遊亭園彌です。

 その後、現在NHK総合で放送されている「NHK超入門 落語THE MOVIE」を録画したものが放映された。この「落語THE MOVIE」とは、「噺家の語りに合わせて再現役者の口が動く、いわゆる「リップシンク」に徹底的にこだわり、あたかも落語の登場人物たちが実際に話しているかのような臨場感を演出した」ものである。
 この「落語THE MOVIE」で「風呂敷」を視聴した。噺家は古今亭菊志ん、役者は不貞の女房が野々すみ花、女房が助けを求めるアニさんに武井壮が配されていた。
  
               
               ※ 落語THE MOVIEで「風呂敷」の語りを務めた古今亭菊志んです。

 このVTRがとても新鮮だった。噺家の古今亭菊志んの語りに合わせて、役者が動き、菊志んの語りに役者の口も動いて、語りと演技が見事にリンクし、原作「風呂敷」の可笑しさがダイレクトに伝わってきた。
 そういう意味では、私は落語に関しては“超入門者”なのかもしれない。

               
               ※ ムービーの中で演じたアニさんの武井壮、真ん中が泥酔した夫、そして女房の野々すみ花です。

               
               ※ アニさんが持参した風呂敷で泥酔した夫の顔を覆っているスキに若い新吉を逃すところです。

 これから半年間、「古典落語研究会」は続く。この間に、落語を聴く耳を少しは進歩させたいものである。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

がっくり… 月形町にて

2017-09-15 18:55:44 | 
明日の「増毛山道体験トレッキング」に参加するために増毛に向かっていたところ、タイヤがパンクしてしまいました。
パンクの経験などなかったことから、かなり走行してしまったために、応急措置では走行が難しい状態です。
山道トレッキングは断念するしかありません。
今夜はここ月形町に宿泊し、明朝修理会社でタイヤを修理して、帰札しようと思います。もう、がっくりです。

増毛に向かうのに、何故月形町?と思われるかもしれませんが、実は国道231号線が崖くずれのために不通になっていたために迂回している最中にパンクになったというわけなのです。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ニセコアンヌプリ

2017-09-05 15:34:02 | 
今日、ニセコアンヌプリを登って先ほど帰宅しました。
どピーカンの最高の天気でした。360度さえぎるものがない見事な眺望でした。

本日は昆布岳の詳報をレポする予定でしたが、妹夫妻が来札したので、この後付き合うために、詳報は明日へ先送りすることにします。



登山途中から撮ったアンヌプリですが、双耳峰と呼ばれる山容ですが、どうやら山頂は写真の二つのピークのどちらでもないようなのです。詳しくは後日の詳報にて…。



ニセコアンヌプリの山頂です。背後にどっかーんと羊蹄山が控えていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昆布岳

2017-09-04 15:44:31 | 
ニセコに来ています。
今日、昆布岳(1,045m)に登り、明日アンヌプリ(1,308m)に登るため、ニセコで車中泊です。
昆布岳はこれまで出会った山とは一味違った山でした。詳しくは後日のレポートで…。
久しぶりに天気に恵まれました。と言っても全天晴れということではなかったのですが…。それでも、山頂から下界を眺めることができるのは自らの足で登ったことへのご褒美のよう感じます。

今朝は3時起きだったので、先ほど温泉にも入ってきたことだし、明日に備えて早々に寝ることにします。
明日が好天であることを祈りながら…。


昆布岳の山頂標識です。


昆布岳山頂からの眺めです。上空は厚い雲。でもその下に洞爺湖が見えます。


明日登る予定のニセコアンヌプリです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

撤退

2017-08-17 18:14:23 | 
 “撤退”というよりは、“断念”という言葉が相応しいとは思うのだが、“撤退”という語感と、そのイメージに強く惹かれるために敢えて“撤退”というタイトル名にした…。

 今朝、目を覚ましたのは、なんと午前7時25分だった。すでに行動を始めていなければならない時間だった。
 早速、外へ出てみると、空は厚い雲で覆われ、その上ぽつりぽつりと雨が落ちていた。
 その瞬間「これはダメだな」と判断した。そう判断した訳は、ねらいとしていた「ウコタキヌプリ」は、私にとってそれほど重要な山と考えていなかったことがある。「雨模様の中であえて登頂を目ざす山でもない」という思いと、先日来の疲れが取れていない私の身体が後押しした。

 つまり、登頂を目ざして登り始め、苦闘の末に“断念”したのであれば、“撤退”という言葉は相応しいが、今回の私の場合は闘う前に“断念”してしまったというわけである。

 “断念”したからには、後は“帰心矢の如し”で、ひたすら十勝地方を横断し、札幌へと走った。その帰路も間断なく小雨が降り続き、判断が過ちではなかったと思った。
 久しぶりに走った十勝路であるが、十勝を走るといつも思うことがある。
 十勝こそが、もっとも北海道らしい風景が点在する地方だと…。
 特にそのことを感じさせてくれるのが、国道241号線の士幌町から上士幌町辺りを走っているときである。
 良い天候ではなかったが、思わず車を止め、その光景にシャッターを切った私だった。

          

          

 明日から、今回の山行の様子を詳報します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雄阿寒岳

2017-08-16 18:27:02 | 
雄阿寒岳はさすがその名の通り(?)雌阿寒岳より高く、長く、そしてタフな山でした。
山頂での休憩時間を除いた総行動時間は、実に7時間弱(詳しくは帰宅してからの詳細レポにて)、利尻山以来のタフな山行でした。

天候は朝晴れていて、期待したのですが、山頂では下界に雲ができて眺望は効きませんでした。山頂では太陽が拝めたのに、残念です。

今日は足寄の道の駅泊で、明日足寄の近郊にある「ウコタキヌプリ」という山に登って帰宅の予定ですが、かなり疲労が積み重なっているので、明日朝の私のコンデションと天候を見て判断しようと思っています。

写真は例によって雄阿寒岳の山頂標識を、それと8合目付近で眺めることのできた阿寒湖と、その向かいに見える雌阿寒岳の姿を、ちょっと雲がかかっていますけどね。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雌阿寒岳

2017-08-15 16:10:40 | 
どうやら今回の山旅は、お天気の神様から見放されてしまったようです。
今日は当初雄阿寒岳に登る予定を立てていました。
しかし、どんよりとした雲が空を覆っていました。

そこでこれまて何度も登った経験のある雌阿寒岳に切り替えました。(雄阿寒岳は未踏)雌阿寒岳なら眺望は効かなくとも、これまでの経験からなんとなくイメージできるからです。

ところが、私はこれまでの経験から雌阿寒岳を少し軽く考えていたようです。
年齢を重ね、体力もとても昔のようなわけにはいきません。
そのうえ、昨夜はかなりの深酒でした。
6合目あたりで体が動かなくなりました。
それからの辛いこと、辛いこと…。
なんとか登頂は果たしたものの、眺望はゼロ、当初は隣の阿寒富士も考えていましたが、霧の中を突っ込んでも、何も見えず、ただ登頂という足跡だけを残す行為に虚しさを感じ取り止めました。

下山をして、登山口の野中温泉の湯に浸かったら、疲れがドバーッと出ました。

明日も天候の回復はあまり期待できません。それでも雄阿寒岳を狙うチャンスはもうないのでは、と思いチャレンジしようと思っています。
今夜は阿寒湖湖畔キャンプ場が宿泊地です。早々に寝て明日に備えます。

写真は霧に霞む雌阿寒岳山頂標識です。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

仁頃山

2017-08-14 15:40:43 | 
朝、目を覚まして外を見ると、全天雲っていましたが、雨は落ちていませんでした。
仁頃山登山決行です。
6時15分、富里中央コースの登山口から登山を開始しました。久しぶりの山行でしたが、良い汗をたっぷりかきました。
山頂は予想どおり霧で全く眺望は効きませんでした。残念!
(詳しい山行レポートは帰宅してから写真と共に)

下山後、たんのののんたの湯で汗を流し、父母の眠るお墓にお参りし、今夜は年一度の兄弟姉妹が集まっての懇親会です。(といっても男一人、女二人の三人兄妹ですが)

さあ、明日はどこに登りましょうか?予定は立てていますが、それは今のところ秘密です。予定どおりいかない可能性がありますから…。ともかくぜひとも晴れてほしいと思いますが、こればっかりは…。

写真は仁頃山山頂標識です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加