まるの日<へミシンクのある暮らし> まるの日圭(真名圭史)の公式サイト

家ネコ17匹を世話するために本を書いたり都会に出かけたり。見えない世界とともに日常を生活する一人の男の物語。

光の扉のご質問におこたえしてと。

2017-07-29 19:38:26 | 真名圭史に聞く




今日も夏空。
夏だなぁ、という日が続いております。

先日、東京で行ったワークショップでべリンガーのアンプがついにおかしくなっているのがわかりまして。

2010年くらいからスーツケースに放り込んでは各地を持ち運んで使ってきましたが、「良く持ったものだ」
と思いつつ、新しいものを某Amazonで探したところ。
同じものがものすご値段上がっててびっくりしまして。「こりゃここじゃ買えん」と思ってみたら、なんか同じような性能のものがやたら安い値段で売られているのを発見。
これはお得、と購入して。先日家に届いたら、まぁ、でかい。

梱包サイズが前使ってたのと同じだったので「同じくらいかな」と簡単に考えておりましたが。中身の大きさがまったく違いました。重いしでかいし。

「こんなん持ち運べんがな」

となりまして、結局某サウンドハウスにて同じものを購入。こちらは正規のお値段なので問題なしです。
よくよく製品仕様をチェックしないといけませんね。ま、安かったのでよかったですけど。
間違って買った重たいアンプは郵送で送れる場所でワークショップやる時に使うことにしまして。無駄なく使うようにしたいと思ったところ。
結局某Amazonの非正規お値段よりはトータルで安く買えてますから、あの値段設定はなんじゃろか。と思います。
ベリンガーは某サウンドハウスで購入しましょう。カードも使えます。

そして、ついでに、今の所まったく壊れる気配もないのですが、ミキサーも「そろそろやばいかな」と思い同じ価格帯のものに新調。

ものが壊れる時は同じタイミングで壊れるものですからね。一応予防しておこうと思ったとこです。
今の所ケーブル類は断線したりして、全部新調して入れ替わってしまいましたが機械自体は丈夫で長持ちしております。

出張ワークショップのために購入したiPod touchは未だに現役ですけど、イヤフォンジャックがだんだん弱くなってきている気がしないでもないですが。
アップルはiPodの商品整理を開始しておりますんで。今後、iPod touchの新型が出るのかどうか、その辺りも心配なとこですかね。

あとは、朝食食べてたら人相が悪いターシャがいたので、それを撮影したりしてました。



と、そんな人によっては「どうでもいい」話のあとはこちらのコーナー


今回はワークショップへご参加の方からメールでご質問をいただきましたので、そちらへのお答えの方をさせていただきますね。
ワークショップや夜会に参加されて、その後こちらのコーナーへのご質問を送っていただく方もいらっしゃいますので。
「コメント欄に書きにくいがな」
という方はプラーベートなとこを切り取った「ここから質問です」という感じで書いて送っていただけると、ブログ内でもお答えさせていただきますよ。
結構、個人で思うご質問が多くの方のお役に立つことも多いですからね。



【真名圭史に聞く】





<今日のご質問>


先日はありがとうございました。

イメージについてと「光の扉法」について分からないことがあったので
メールしました。

質問1)「お金をすきになる?とかそういう話もありの」のイメージと
先日のワークで使ったイメージに違いはありますか?
http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/36ca0482b8a4aa8fc26624dba101935e

「お金のすきになる瞑想」を行った後、

何もしないぼんやりした時間を作ります。
「自分の空間が凹む状態」「別の空間をつなぐ」をイメージすることで
作ってしまいましたので。自分の空間を自分のエネルギーで満たしてい
くことをやっているわけです。

とありますが、AかBの選択するワークの時にグリッドを作ったり
何かのイメージを作ってそれの状態を見たりした場合(映像が自然と見
えなかった時に自分で作ったイメージ)、「自分の空間が凹む状態」
「別の空間をつなぐ」ことを行ったことになるのでしょうか?

ワークの後、ぼんやりする時間がなかったのでそうではないと思ってい
ましたが、どうですか?
ぼんやりする必要があるイメージとそうでないものの判断基準が分かり
ません。



質問2)「光の扉法」で取りついていそうな人物が何人もいた場合は手
伝ってくれる存在を

取り付いている人数分×手伝い2人(例3人の場合、手伝い6人)

の数だけ(取り付いていそうな人物が何人か分からない場合、多めに)
扉の両脇に待機してもらうのでしょうか?

それとも取り付いていそうな人物をイメージしても出てこなくなるまで
その都度2人ずつ待機してもらうのでしょうか?

取り付いていそうな人物がすべて去ったかどうかはどのように判断する
のでしょうか?
(取り付いていそうな何かをイメージしても出てこなくなるまで扉の向
こうへ送りましたが、それですべて去ったと判断しましたがその判断で
良いですか?)

※早速、ご不幸があったクライアントさんがいらっしゃった時に誘導し
て一緒に「光の扉法」を行いました。
終わった後は確かにクライアントさんの波動が高くなっていました。


以上です。


お忙しいところお手数ですがよろしくお願いします。



<お答えさせていただきます>


ご質問1について。
「自分で想像してイメージを無理に作る」という場合はエネルギーを外に使ってしまうので、自分のエネルギーが低下していかんことになりますが。

光の扉のような「イメージツール」のばあいは「すでにある」ものを使うので、その辺りは問題ありません。

グリッドに関しては、僕が「想像」したのではなくて、ヒーリングの修行中に「認識」したものなので。すでにあったものを活用していることになります。
イメージして作るのは、認識してないものを、自分の記憶と経験から「こうであろう」と予想して自分の今の価値観で「無理がない」ものを想像していく感じですね。
そして、本来あるもの、未来の自分が手にするもののばあいも「今の自分の価値観」で「無理がない」ではなくて。
なんとなく「あ、これは無理がないな」という無意識も安心な「しっくりくる」イメージをすることが自分のエネルギーを外に使わない
「本質からの流れ」からのイメージになります。

このあたりは、なんとも経験していただくしかないものですので。練習してカンを掴んでいただけるとありがたいとこです。
自転車も乗ってみないと乗り方がわからないのと同じで、練習していくと差は見えてきますね。

で、今回の「グリッド」も「光の扉」も先に誰かが「イメージ」したものではなくて。
「あると認識したもの」になるので、もうそこにあるのが決定しているものです。

ワークショップ中は、一応僕の瞑想手順によって、みなさんの周りには「グリッド」というものがあるのを感じやすい意識状態に誘導しております。
そこで「あるもの」を認識すればいいのですが。

たとえば、「目の前にアブラゼミが止まってます」と木の幹を示されても、慣れてない人にとってはアブラゼミを見つけることができません。
ですが、セミの姿を「図鑑でみてる」人は、図鑑でみたセミの姿を頭に浮かべて、セミを探して認識しようとしますよね。

それと同じで、ワークショップの誘導瞑想の際は先に「図鑑」のようなイメージで「こういう形」というのをお知らせしております。
それを頭で、グリッドの感じられる場に意識を向けたときにイメージすると、自分の「グリッドはこういう感じ」というイメージからグリッドの形を想像し受け取ることが可能になると。
そんな感じです。

光の扉も同じでして。
光の扉というものが、僕はブルースモーエンさんの本で初めて認識しまして。実際に使ってみたら「見つけられた」ところで。その後タイさんのとこでワークショップを受けて、レトリーバルの際に使っている扉も「同じもの」というのを体験しまして。

それ以降、光の扉は「レトリーバルで使ったもの」と同じという認識ができたので、僕の語る光の扉は「迷う霊的存在を適切な場所に送り届けることができる」扉として機能するものを認識し使っております。

想像したというより「あった」というのが正しい感じですね。
実はフォーカス21にある「まるの日カフェ」も「想像した」のではなく、行ったら「あった」というのが本当でして。
すでにあるものを、こちらが受け取って想像したと思い込んでいる場合も多々あることを先にヘミシンク中に学んでおりましたもので。
僕の場合は「想像していく」ものと「あるものを認識する」の差が自分で出来ているとこです。
なのでヘミシンク、gatewayシリーズはこういう「非物質世界にあるものを認識する」力をつけやすいのでオススメなんですが。

まぁ、僕が使うイメージツールは、自分が「見つけた」ものや人が先に「使っていた」ものをただ僕が非物質状態の知覚で「見つけて活用している」というところで。
非物質世界ではその人特有のものは存在してなくて、全部知識も情報も「シェア」して使えるとこが現在の世界とかなり異なるところですね。

スピリチュアルな世界で情報を得たり、何かを発見したときはその人が見つけたのでその人のものではなくて。すでにあるものを活用させてもらっている知識であると思うと、もっと見えてくるものが広がって行きますよ。

と話が逸れましたが。
差を感じるには、ワークショップに参加されたあとに練習あるのみです。

ちなみに、グリッドと光の扉はいくら想像しても「あるものを認識するための」ものなので自分のエネルギー使いませんので問題ありませんよ。


そして質問2の件ですが。
光の扉、4コマ漫画で書いたせいで結構試してみている方多いと思います。

基本的な使用方法は。
付いている人にたいして二人のヘルパーさん。という認識なのですが。
もちろん例外はありまして。

山手線で山ほど連れてきた。

という方が一人一人やってたら「時間がないが!」となりますよね。
その場合は

「自分に取り付いている人たち、向こうにあなたたちを案内してくれる人がやってきてますよ。あの人に導かれて、扉の向こうに帰って行ってください」

という感じのイメージをして。
あとは自動的にぞろぞろ吸い込まれていくのをみておくといいです。
これ、一応早い速度で見えないだけで、一人に二人ずつヘルパーが付いて案内してくれているのですが。
早すぎて認識できないだけ、という感じになります。

僕もこういう多人数を相手にすることも結構ありますが。その時はヘルパーさんが「適切な数きて案内してくれている」と自分が思うことで問題はありません。

ただ、このカンを掴んでいただくためにも、最初は一人一人対応して行ったほうが練習にはなりますね。

生き霊とか普通に付いてきてますから、それを返す練習とかしているといいかもしれませんね。

終了、の基準ですが。
体感で「すっきりした」というのと「もう吸い込まれる人がいなくなった」状態で終了という事になります。

本来は、僕のワークショップか何かで「一度みなさんで練習」しておくと妙な扉とか、間違った使い方とかしなくていいのかもしれませんが。
4コマみた人は一応僕の使っている光の扉をイメージしてるはずなので、吸い込まれる人たちがいなくなるまで、光の扉の向こうに去っていくのを感じておいてください。

慣れてきたら扉の向こうにいく場合もあるのですが、生き霊のばあいは「生き霊返し」とかになるのでやめてください。
死霊はあの世まで付いていっても問題ありません。
生き霊は扉の向こうに行かないでください。
どっちかわからんばあいは、向こうには行かないでください。

見えない世界、あの世、というのは慣れてないと「流されたり」するようなもので、海の泳ぎ方でも潮の流れとか注意すべき事がたくさんあるように。
実際そこに行くばあいは、それなりの経験を積んでからのほうがいいと思います。

ですが慣れている人、あの世に確実にいく人、を見送る際は扉の向こうまで足を運ぶと、
感動的なシーンを目にすることができて
「あ、光の扉で送ってあげてよかった」
と言う事を実感でき、下手なドラマとか見るよりよっぽど心がほっこり暖かくなって。優しい気分になれるものです。

ついでに、この手法をご自分のお仕事、ワークショップなどで活用してみようかな〜という方のための「仕事で使うばあい」ですが。

まずクライアントさんに取り付いている「霊的存在」がいるばあい。
ガイドじゃなくて(ガイドのことを霊的存在が取り付いたと思う人もいます)、生き霊、死霊のときは「光の扉」を一緒にイメージしてもらいます。
手順は

光の扉のイメージ

ヘルパーさんが二人来てるイメージ。
余裕があれば「どんな感じの人が来ていると思いますか?」なんてクライアントさんに聞いてみるのもいいですね。

そして、クライアントさんの自分の背中に、背後にいる人物を想像してもらいます。
感じたままに語ってもらうか、「男性ですか?女性ですか?」「30代くらい?」「顔は福山雅治似? モト冬樹似?」とかこちらから選択肢を示して、イメージをしやすくしてあげる方法でいっても良いです。

迎えにきたヘルパーさん2人が、その背後にいる存在を連れて光の扉の向こうにいくまでを、クライアントさんと一緒に、こちらもイメージしていきます。
クライアントさんがイメージしにくいときはこちらからイメージした内容を語ってあげて、同じイメージを持つようにすると、さらに良いですよ。

そのクライアントさんの背後にいた存在が無事去っていったら終了。

生き霊のばあいは、クライアントさんは見る必要ないのでそのままでいいのですが。
仕事でやっている人で、ある程度慣れている人なら「どういう人物が生き霊となってやってきていたのか」を自分の経験のためにみておく事も勉強になります。
クライアントさんが自分で見ると生き霊返しになってしまいますが。第三者が見るのは「見えない世界の理に慣れている人なら」問題ないです。
慣れてない人は、あんましやらないでください。あくまで「仕事でこういうことしている人のための」やり方ですので。

亡くなった方のばあい。
たまに、ご親族や先祖が付いている事もあるので、その際は扉の先まで入っていくイメージをして、どういう風に迎えられているのか。
までをイメージで感じていくと、さらにいい結果を導き出せます。

死霊と生き霊の区別がつかないときは見送るまででいいですよ。

ただ、とりつかれやすい人は体質みたいなものなので。
できれば自分でやれるように「クライアントさんにこのやり方を教えておく」ことも必要かもしれませんね。

ということで、今回の回答という感じです。

ガイドと死霊とかの区別のしかたは?
というのはちょうど良いご質問がこの後控えてますので、そちらのほうで回答させていただきますね。
あと、新作本もあと10日後に発売になります。
見えない世界のエネルギー循環の話になりますので、興味ある方は手にとってみてくださいね〜


読むだけでめぐりめぐるエネルギー循環・物質化のしくみ 人・物・お金の流れは太くなる
まるの日圭
ヒカルランド



【ただいま募集中のワークショップ】

・2017年 9月11日昼の会「自分の本質につながる瞑想とか」

http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/e1e27d7ea683bafe1709a1a60858bb13


・9月23日、24日東京 土地エネルギー、神社とかの活用ワークショップ

http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/67f56aeeb18371dd384fd9123aad4996



・神戸夜会 8月5日 お金・物の循環のしくみ
http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/311d90331f925baa4450a7524f50e650










【ヘミシンク質問箱&ルリカさんに聞く!そして、「真名圭史に問う」、「宇宙人に聞く?」、「狐に聞く」コーナーへの質問募集中】

ブログでお答えさせていただく、質問コーナーになります。
ヘミシンク関連の話を聞きたい場合はコメントのタイトルに「ヘミシンク質問箱」とご記入の上、コメント欄のほうへご質問入れてください。
ちょっぴりSなお答えやら、向こうの世界の存在的視点で聞いてみたいことは「ルリカさんに聞く」。「真名圭史に質問してみたいが」という個人的に意見を聞いてみたい場合は「真名圭史に問う」、宇宙人からの視点で物事を伺いたい時は「宇宙人に聞く」とコメント欄のタイトルにご記入の上ご質問のほうよろしくお願いします。狐のばあいは、動物のあの世の話から、日常トークまでなんでも。
おいしいお菓子のレシピから、宇宙創世の話まで幅広くお答えさせていただきますが。
同じ質問が幾つもくると僕もだんだん困るので。質問されるまえに、下のバナーからリンクつながってます「ヘミシンク質問箱」やブログのカテゴリーで分けてますので「ルリカさんに聞く」「宇宙人に聞く」「狐に聞く」などのとこ読んでいただけると助かります。




「ヘミシンク質問箱 まとめサイト」を作っていただきまして。こちらのほうが参考にしやすいかと思います。



<◆まるの日圭の「出張ワーク」◆>

をご希望の方は下のアドレスにて、内容のご確認をされてください。
呼び出し次第でどこへでも。「大勢の知らない人とワークするには、ちょっと気が引ける」「気のあった仲間同士でうけてみたい」という方々のために。
お考えの方はお早めによろしくお願いします。

http://blog.livedoor.jp/nekooru/archives/8144160.html



有料メルマガ、「まるの日圭の見えない世界の歩き方」現在の地球の状況についてなんて話。

http://www.mag2.com/m/0001603200.html



有料メルマガ「まるの日圭のヘミシンクCD活用講座」も始まっております。「内容が濃いですね」と言われていますが、自分ではまだまだまだ入れ込みたいとこです。

http://www.mag2.com/m/0001626812.html



<ヒーリングショップ・ネコオル 2016年新作ヘミシンクCD>

http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=76


ただいま販売中です。


フェイスブックで「まるの日圭」のファンページ作ってみました。
イベント、セミナー紹介とか、ちょっとしたコラムなどを連載していきます。
http://www.facebook.com/marunohikei



《ヒーリングショップ・ネコオル》




ただ今セール実施中。天然石アクセサリー、20%off(一部商品を除く)
ヘミシンクCDも値引き販売有り。
2015年新作CDも販売中です。
http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=68


《会社のハイ・エネルギーシンボルアート》 運気向上、会社の流れを良くする高次シンボルイラストです。

http://marunohikafe.cart.fc2.com/ca65/1654/p-r65-s/



《トータルセルフリーディング》
あなたの一年の流れをトータルセルフからのエネルギーで読み解きます。

http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=69



《まるの日圭の ガイド拝見》イラストとガイドメッセージ 

http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=36


《まるの日圭の ペットガイド拝見》 亡くなったペットのメッセージもあります。

http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=55


《ヒーリングショップ・ネコオル》 まるの日圭オリジナル、グリッドワークでも使用してます、「トータルセルフとつながるCD」、「よく分かるヘミシンクDVD」 共に販売中!!
なーやさんのクリスタルボウル演奏DVD、CD、Taijyuさんの鍵盤ハーモニカCDも発売してます。

http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=44


《ハイアーセルフ・シンボルアート》 あなたのハイアーセルフをアートにして描いていいきます。個人用マンダラみたいなものですね。

http://marunohikafe.cart.fc2.com/ca60/1030/p-r60-s/


《石の精カラーイラストとメッセージ》 開始しました。お気に入りの鉱物、ペンダント、アクセサリーからの声やそのエネルギーの姿をイラスト化し、リーディングしますよ

http://marunohikafe.cart.fc2.com/ca62/1266/p-r62-s/


・ヒーリングサロン・ネコオルのセミナー情報、遠隔「 高次シンボルヒーリング 」の内容などはこちら。
http://blog.livedoor.jp/nekooru/archives/5623812.html



ただいま販売中の新作本は下の3冊!


非物質ガイドとの探索〈1〉 うまくいく人は必ずつながっている 見えない世界と〈普通感覚〉でつきあう成功法則
真名圭史[著者],石井数俊[監修],江口勝敏[編集]
ヒカルランド



〈2〉非物質ガイドとの探索 思い通りの現実を引き出す 受け容れられない、認められない対象こそが〈顕現〉する秘密
真名圭史[著者],石井数俊[監修],江口勝敏[編集]
ヒカルランド



〈3〉非物質ガイドとの探索 豊かさへの広い視野を開く 未来はどこまで〈今〉に内包されているのか
真名圭史[著者],石井数俊[監修],江口勝敏[編集]
ヒカルランド






願ってイズクモ! (impress QuickBooks)
丸尾 佳
インプレスコミュニケーションズ



誰でもヘミシンク -サラリーマン『異次元』を旅する
まるの日 圭
ハート出版


誰でもヘミシンク3-あの世の会いたい人に会える本-
まるの日 圭
ハート出版





誰でもヘミシンク2-おもしろすぎるガイド拝見
まるの日 圭
ハート出版


ヘミシンクのふるさと モンロー研わくわくドキドキ体験記
まるの日 圭
ハート出版






世にも不思議な異次元体験 ヘミシンクで「人生は変えられる」のか? (マーブルブックス)
まるの 日圭,松村潔
中央公論新社






『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の猫どもと夏の気配とご... | トップ | 朝から仕事と、ご質問におこ... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「光の扉」やってみました (Unknown)
2017-07-29 20:50:36
今日のブログを拝見して、「光の扉」を初めてやってみました。
何か憑いているかなーとイメージしたら、なめくじっぽい何かが体にまとわりついていたり、大柄な人が後ろにいたり、槍で突こうと構えていたりしてる人がいたり…
沢山いるな!?送っても送っても終わらない!笑
って、ちょっと面白い気持ちになってしまいながら、もういいかなと思えるまでやってみましたら、心も体も驚くほどすっきりしました!
これは是非とも、毎日の瞑想のなかに組み込みたいと思います。
すばらしい情報をおしみなく提供してくださるまるの日さんにも、質問者様にも感謝です。
来月、新しい御本が読めるのを、楽しみにしております!
良いものは良い (りんパパ)
2017-07-29 21:48:45
まるの日さん、こんにちは。

 アマゾンで買う場合は、大きさに気を付けないとね。
 写真では大きさがよくわからない場合があります。
 ま、よく言う、安物買いの銭失いとね。
 やはり、良いものは、飽きませんよね。

 私も時計は、良いものを持っています。
 以前は、安いものをたくさん買いましたが、すぐに飽きてしまいましたね。
 やはり、良いものは良いのですね。
いろいろ気づかせていただきました (ローズマリー)
2017-07-30 00:40:27
グリッドについて過去ブログ読ませていただいて、何となくそういうものがあるのは解ったけど、見えないしよくわからないな~ってことで、ガイドに聞いてみたところ
「目の前にあるよ」
との答えで。
目の前にあるんだろうけどわからないよ~!
なんて思っていたのですが。
今日のブログ読ませていただいて、目の前にあるという意味が解った気がしました。
「ある」ってことをもっと意識してみます。
グリッドの存在をを自分なりに受け取れるようになりたいな。


光の扉もすでにあるものなんですね。

17年位前、父が亡くなって数日後、私は体調を崩して熱が出て、朦朧としながら寝ていたときに、夢の中でレトリーバルのようなものを経験しているのですが、その頃は多少のスピの知識はありましたが、まだヘミシンクを知るずっと前で、そういう扉の存在も知らなくて。
でも、父が、自分がもう亡くなったことに気付いて向こうの世界に行くとき、小さな扉に吸い込まれるように入っていったんです。
そのときの扉は光ってはいませんでしたが、当時住んでいた家にあった仏壇兼神棚のようなもののイメージに似ていて、向こうの世界との境界線だということがわかりました。
父はどんなところに行くのか覗いてみたところ、ちょっと和風な町並みで、お祭りのようなものをやっていて、賑やかで華やかな世界でした。
こういう楽しい感じの世界に行くんだ…と、ちょっとホッとしたんです。

自分の経験はいつも半信半疑なんですが、扉はヘミシンクとか関係なく元々あるものなら、あの時の経験で感じたことは本当に信じてもいいんだと思えました。

今日のブログでいろいろ確信が持てました。
まるの日さん、質問者さん、ありがとうございました!

ここ数日、ちょっと重い感じがあるので、光の扉試してみます!
Unknown (Unknown)
2017-07-30 06:32:13
私も最近安く購入して、あわなかった物があります。目に関する物だったので、見極めろと言われているようです(笑)ただいま絶賛疲れ目開催中です・・・苦笑
質問者です (はらしー)
2017-07-30 17:40:52
グリッドや光の扉はただのイメージでなく、「ツール」として
まるの日さんが認識したものだったのですね。

また、自分のエネルギーを外に使わないコツは「しっくりくる」。
なるほどです。

今後、それに必要な自分の感覚を磨いて実践してみたいと思います。
「光の扉」も細かい部分が分かったのでこれからも活用してみたい
と思います。
(クライアントさんとのワークも丁寧に説明していただいて助かりま
した。)

お忙しいところ、ありがとうございました。

コメントを投稿

真名圭史に聞く」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL