まるの日<へミシンクのある暮らし> まるの日圭(真名圭史)の公式サイト

家ネコ17匹を世話するために本を書いたり都会に出かけたり。見えない世界とともに日常を生活する一人の男の物語。

ライトアップと盆参りと

2015-08-14 23:24:31 | へミシンク質問箱
まずは癒しの?猫写真から。



ゴミ箱をあさっていつも面倒ばかり起こすジョイと、



たぬたぬの昼寝写真です。


今日は盆参りの1日。


説明しよう

盆参りとは、今年、もしくは去年に亡くなられた方のいるお家を回る田舎の習慣である。


と、まったくそういうのに縁のない方も多いと思うので説明させていただきましたが。
要は身内、そうでないに関わらずご縁のある方。初盆を迎えるかたのお家へ行ってお参りするという習慣になります。初盆参りとも言いますが。
いろいろと地方でありますが、基本的にはこういう感じ。

で、今年は妻が腰が痛いので座敷に上がって座るのがきつい、というので妻の親族関係のほうにも僕がお盆参りをしてきました。

1日に4件くらい回ったのは初めてですかね。いつもは自分の縁者のほうにいって、妻は妻の縁者のほうにいってと手わけしておりましたもので。

いろいろとこういう田舎の風習も、まぁ、面倒なところもありますが。
こういうつながりでしか得られない経験もありますので、これはこれでいいものでありますよ。
田舎の、どこまでも続く緑一色の水田の農道を、すこし涼しくなってきた夏の空気を感じつつ窓を開けて軽自動車で走っていると夏の終わりを感じてしまったりして。

遠目に見える山々の緑色、ちょっとくすんだ空の色、遠くに立ち上がる積乱雲。

そんな風景のなかをのんびり移動するのは、それはそれで心地よいものであります。

で、途中には精霊蜻蛉なんかがバシバシぶつかってきたりして。

あ、ご先祖様が乗ってきてる蜻蛉を撃墜してしまった。何人かこれで戻ってこれなくなっているのではないか?


とかつまらないことを考えてしまったりとか。

そんなこんなで、1日そういう感じでした。しかも、阿蘇は観光地なのでこういう時期は車が多い。

正直地元民にとっては一番移動したくない時期なのですが。
仕方がないので裏道と田舎道を駆使して、渋滞にはまらないルートを通って移動しております。

そうなると、田んぼのなかを走る道ばかりになるので、精霊蜻蛉を撃墜しながら走ることになったりします。

さて、今日は家にそういうお盆参りを済ませて暗くなって家に帰ってくると、なぜか我が家の裏にある竜神の住処?免の石、がライトアップされていて。

「なんの意味があるのか?」

そこは謎なのですが、とりあえずふらっと行って写真は撮ってきました。



何か、毎年恒例のイベントにしていくつもりなのでしょうね。
でも、高原の星空と、ライトアップされた岩と、それを見ていくだけでも都会の方にとってはいいものだと思いますよ。今回も星が美しくでてたのですが、ライトアップにシャッタースピード合わせると、どうしてもこうなります。



三脚もっていってなかったので、今回はこれが限界でしたね。

今日はお盆参りにいく際に、いつも着ない襟付きの黒いシャツをきていたところ。なぜか袖口にアブラセミが飛んできて止まって、ジーコジーコ鳴いているという出来事もありまして。

何か、このセミもメッセージ的なものを持ってきてくれたのか。もしくはお盆に我が家にきてくれた誰かの魂か。
そんなことを思った次第です。



さて、そんなお盆の日にこちらのコーナー

【ヘミシンク質問箱】






<今日のご質問>


お盆の季節がやってきましたね。


GoinghomeのCDの「死後世界探索ツアー」や、「帰還」を聴くことが前はありましたが、何故か最近、信念体系領域を探索中に、悪い霊やまだ成仏浄化されてない霊に憑依されたらどうしようと思い、最近怖くて聴いていません。危険事態が起きないよう、リーボルを貼れば良いとは思いつつ、まだ聴けないでいます。

ヘミシンク聴く上で、光で中をみたしたリーボルをはるだけでなく、憑依に対する予防策はありますか?

また、信念体系領域に探索に行く場合、それは探索する個人と縁のある場所を探索することになりますか?


ちなみに、ゲートウェイや、メタミュージックは聴き放題です。

また、昔、女子高生コンクリート詰め殺人事件や、「アメリカンクライム」という映画の元ネタになった事件のことをしり、被害者のレトリーバルに挑戦しようとしたことがあったのですが、自分のガイドから止められてしまいました。

なんでも、自分の過去生をレトリーバルすることからスタートしなさいといわれ、そのままになってます。

いまだ再挑戦ならずです。

やっぱり、凶悪犯罪の被害者の魂をレトリーバルするのは素人には無理ですか?





<お答えさせていただきます>

レトリーバルを行う際は、それは基本的に自分にご縁のある人、ということになりますので。
ガイドに止められた場合は、自分がやるべきではないのか。まだ時期がきていないのか。
そういう意味があると思います。
なので、とりあえずは止められたことはまだやる必要ないのだな、というくらいで捉えて、他のほうを頑張ったほうがいいですよ。

それに、止められる理由もいろいろありますが。
今の状態でそれをやると、確実に悪い方向に進んでしまうから、という場合は止められることも多いですね。

いきなりオリンピックの平泳ぎで頑張ろうと思っていても、まず選考会にでられるくらいの実力をつけておかないといけませんよね?
それと同じで、まだそのレベルではない。というのもあります。

あとは、水泳のうまい人、車の運転がうまい人、という感じでそれぞれに得意不得意もあります。
その人を救うことが、本人の素質に合ってない場合、つまりはこれもご縁ですが。
それがない場合もレトリーバルできないというか、そちらを止められることもありますので。

まぁ、ご縁がまだないのだな、という感じで思っていてください。

で、まずご縁がある人と向こうの世界であうし。
レトリーバルする人も自分とご縁のある人になります。
そして、憑依してくる存在というのも、自分にご縁のある存在になります。


つまり、レトリーバル中に自分が憑依されたと思った場合。
それは、自分に縁のある方が、助けを求めて自分に声をかけてきたということでもあるのです。

まずは、憑依というのは悪いもの、という意識を外していきましょう。
得体の知れないエネルギー的存在がくる、というのは。
日本人がいきなりパプワニューギニアの奥地に入って、マッドマンみたいな人たちとジャングルで遭遇した感覚に似ているかもしれません。

人間に害をなす虫とか獣がいて。湿気と暑さで不快指数が高く日常ではおられないような環境のなかで。
どういう文化圏でどういう思考をしているのかわからない異様な姿の人々に取り囲まれたとしたら、さてどうなるでしょうか?

ということですね。
自分が相手のことを「同じ人間だから、人間として接していく」ということを考えて行動したら、その先は幸せな関係があるかもしれませんが。

自分が相手に対して「未開の部族が自分を襲ってくる」と思って行動していったら、不幸な関係になっていく可能性もあります。

幽霊と会う、向こうの世界で憑依される。そういうのはこちらの意識状態がかなり影響していきます。

ですので。

まずは、そういう「敵がいる世界に自分が入って、敵から身を守りながら行動する」と考えるのか
「ちょっと面倒な人はいるけど、ご縁のある方々のいる場所に入って、そういう人たちの頼みを聞いて良いことしていこうか」と考えるのかでかなり違ってきますよ。


僕は骸骨に添い寝されたり、若くして亡くなった女性に取り憑かれてたり。
夜な夜なエジプトな人が出てきたりとか、ホテルで叩き起こされたりとか、そういうのありましたけど。

それを「憑依だ」とか「悪霊だ」とか思わず

「まぁ、何か良いたいことあって出てきたんだよね」
という感じで、もしくは「ご縁があるから出てきたんだよね」的に思って、対処を行うようにしております。
その際に、話を聞く、レトリーバルを行う、など手を変え品を変え、人間に接するのと同じ感覚で対応しておりますよ。

なので、そういう恐れを持つ必要はなくて。
ヘミシンクCDの基礎の「準備のプロセス」をきっちり行っていると、基本的には周波数的に悪霊とか憑依霊とかそういう部分とは違うところに入っていけます。

その手法を信用して聞いていくと。それでも出会う場合は先ほどのマッドマンのたとえと同じで。
こちらが相手を必要以上に恐れなければそれ以上のことはありません。

悪霊とか言われているのも、生きている人にとって、たまたま都合の悪いタイミングで人にくっついてきた。いわゆる間の悪い人なわけです。

大阪のエスカレーターに乗っているのに、東京のつもりで左側にずーっと立ってて。
後ろからきた急いでいる人を足止めしているのに気づかないとか。

田舎からきた人が羽田空港京急線の自動改札の前で、のんびり財布から切符取り出して、目の前でICカード用の改札から急に隣の切符用の改札に移動してそのあとの人を混乱させたり。

その人は、基本的に「悪気がない」けど迷惑。
なのが一般的な悪霊とか憑依だと思いますよ。

たまーに、そうでないのもいますけど。それは悪意を持って大阪のエスカレーターで左側に立つ人の割合くらい、少ないと思います。

そういう、割合の低いものに意識を向けるよりも。今自分ができることに意識を向けて探索を行っていくと大丈夫だと思いますよ。
それに、ちゃんと、そういう人向けにモンロー研のプログラムもありますし。
それ以外ですと、まるの日圭のオリジナルレトリーバルワークショップもありますし。

そういうとこで学ぶと、悪霊的なものへの恐怖心も無くなって、技術も上がっていくと思いますので。

とりあえず、思念体系領域でも囚われた世界でも、そこに導かれた時はご縁のある世界だと思ってみるといいと思います。

ま、僕に言わせればフォーカス27もある種の囚われ領域ですけどね。

この話はまぁ、興味ある方が聞いてきたら答えるくらいで。
探索を続けていると、自分なりの世界も見えてきますよということですね。


今回の質問箱はこんな感じで。





<ヘミシンク質問箱 & ルリカさんに聞くのコーナー>

一応、いつでも受付中ですが。コメントタイトルにヘミシンク関連、もしくはまるの日圭だけでいい、という方は「ヘミシンク質問箱あて」ルリカさんのちょっと上から目線なアドバイスも聞いてみたい方は「ルリカさんに聞くあて」と書いてお申し込みください。
日常の些細な気づきから、宇宙の真理まで(たぶん)答えられる範囲でお答えしますよ。
左の「カテゴリー」に過去の質問もありますので、そちらを見てからご質問いただけるとありがたく思います。





【最新ワークショップ情報!】


・8月22日東京夜会 バイロケーションテクニック編 18:30~21:30まで

http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/5bf738604db15a6a0fe1761003388f5d



・福岡 9月5日体外離脱ワークショップ 福岡特別編。初心者大歓迎の半日ワークショップです。

http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/d7d951a798f3f483dc8cacef03b85071

・福岡 9月6日ガイドメッセージ受け取りワークショップ。こちらは1日ワークショップです。
※キャンセル待ちです。

http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/232a5d175002a5e1798dc50fd51caa41



・東京 レトリーバルワークショップ 魂の囚われ編 9月26日 土曜日※あとわずか
http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/36c1cc19c75d9de7a7d0f97fedf9d061


・東京 ガイドメッセージ 受け取り編 9月27日 日曜日※キャンセル待ちです
http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/bca589fb26ab4030a28e0c3a116cf930


・10月3日 大阪レトリーバル 魂の囚われ編 

http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/4a2f943b7b8125ea7f4d162ca5d4425e


・10月4日 大阪ガイドメッセージ お伝え編

http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/04fb9ce8107f3e640d12fef24d5c2a30












<◆まるの日圭の「出張ワーク」◆>

をご希望の方は下のアドレスにて、内容のご確認をされてください。
呼び出し次第でどこへでも。「大勢の知らない人とワークするには、ちょっと気が引ける」「気のあった仲間同士でうけてみたい」という方々のために。
お考えの方はお早めによろしくお願いします。

http://blog.livedoor.jp/nekooru/archives/8144160.html










有料メルマガ、「まるの日圭の見えない世界の歩き方」今は「高次世界の存在との対話」になってます。人類創生、プレアトランティスの話

http://www.mag2.com/m/0001603200.html



有料メルマガ「まるの日圭のヘミシンクCD活用講座」も始まっております。「内容が濃いですね」と言われていますが、自分ではまだまだまだ入れ込みたいとこです。
http://www.mag2.com/m/0001626812.html





ヒーリングサロン ネコオルにて、2014年度版の新作へミシンクCDを販売中です。
paypalも使えるようになりました。カードを持っているかたにはおすすめですね。

http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=64




フェイスブックで「まるの日圭」のファンページ作ってみました。
イベント、セミナー紹介とか、ちょっとしたコラムなどを連載していきます。
http://www.facebook.com/marunohikei



《ヒーリングショップ・ネコオル》




ただ今セール実施中。天然石アクセサリー、20%off(一部商品を除く)
ヘミシンクCDも値引き販売有り。
2014年新作CDも販売中です。
http://marunohikafe.cart.fc2.com



《会社のハイ・エネルギーシンボルアート》 運気向上、会社の流れを良くする高次シンボルイラストです。

http://marunohikafe.cart.fc2.com/ca65/1654/p-r65-s/




《まるの日圭の ガイド拝見》イラストとガイドメッセージ 

http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=36


《まるの日圭の ペットガイド拝見》 亡くなったペットのメッセージもあります。

http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=55


《ヒーリングショップ・ネコオル》 まるの日圭オリジナル、グリッドワークでも使用してます、「トータルセルフとつながるCD」、「よく分かるヘミシンクDVD」 共に販売中!!
なーやさんのクリスタルボウル演奏DVD、CD、Taijyuさんの鍵盤ハーモニカCDも発売してます。

http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=44


《ハイアーセルフ・シンボルアート》 あなたのハイアーセルフをアートにして描いていいきます。個人用マンダラみたいなものですね。

http://marunohikafe.cart.fc2.com/ca60/1030/p-r60-s/


《石の精カラーイラストとメッセージ》 開始しました。お気に入りの鉱物、ペンダント、アクセサリーからの声やそのエネルギーの姿をイラスト化し、リーディングしますよ

http://marunohikafe.cart.fc2.com/ca62/1266/p-r62-s/


・ヒーリングサロン・ネコオルのセミナー情報、遠隔「 高次シンボルヒーリング 」の内容などはこちら。
http://blog.livedoor.jp/nekooru/archives/5623812.html









願ってイズクモ! (impress QuickBooks)
丸尾 佳
インプレスコミュニケーションズ



誰でもヘミシンク -サラリーマン『異次元』を旅する
まるの日 圭
ハート出版


誰でもヘミシンク3-あの世の会いたい人に会える本-
まるの日 圭
ハート出版





誰でもヘミシンク2-おもしろすぎるガイド拝見
まるの日 圭
ハート出版


ヘミシンクのふるさと モンロー研わくわくドキドキ体験記
まるの日 圭
ハート出版






世にも不思議な異次元体験 ヘミシンクで「人生は変えられる」のか? (マーブルブックス)
まるの 日圭,松村潔
中央公論新社






『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お盆時期の話と、レオの物語... | トップ | ルリカさんに聞く、守護霊は... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お盆です。 (りんパパ)
2015-08-14 23:38:41
まるの日さん、こんにちは。

 旧盆の時期ですね。

 新盆の家にお参りに行くのですね。

 地方によっていろいろな習慣があります。

 お盆の風習は、年に一度田舎に帰るとか、両親に合うとか、また、お正月とは違った意味で、良いものですね。
ご返答ありがとうございました。 (あかり@スターシード)
2015-08-15 07:58:08
ご返答ありがとうございました。
間違ってコメント2回書き込みしてしまい、申し訳ございませんでした。

気になっていたことがわかってスッキリしました。
ご返答ありがとうございました。 (あかり@スターシード)
2015-08-15 07:58:09
ご返答ありがとうございました。
間違ってコメント2回書き込みしてしまい、申し訳ございませんでした。

気になっていたことがわかってスッキリしました。
ルリカさんに聞くのコーナー (soya)
2015-08-15 13:47:39
こんにちは、ぼくは六年前からヘミシンクを聞いているのですが、未だに何も体験できず最近はゲートウェイでフォーカス15の願望実現を聞いてガイドと会えるようにイメージしています。
実は以前まるの日さんにガイド拝見を頼んだのですがそのときのメッセージが視えないのではなく視ている方向が違うのですよという感じのものでした。まるの日さんには申し訳ないのですが、僕の理解力がないために具体的にどうしたらいいか分からりませんでした。そこでガイドのルリカさんに視ている方向がちがうの意味とどうすればガイドが現れてくれるのかをアドバイスお願いしたいのですがお願いできるでしょうか?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL