まるの日<へミシンクのある暮らし> まるの日圭(真名圭史)の公式サイト

家ネコ17匹を世話するために本を書いたり都会に出かけたり。見えない世界とともに日常を生活する一人の男の物語。

今日は家に帰ってきての風景と、あのよのはなしと。

2017-06-19 19:47:38 | 世界の仕組み




今日神戸から帰ってきて、そのままアトリエの扉調整とかメールのやり取りとか、すぐやることあるので仕事などしてました。

1枚目の写真ですが、MINIの荷台は狭いと思われがちですが、このように僕が持ち歩いているスーツケースは余裕で入りますし、その隣に買ってきたお土産もしっかり入ります。
さらに、大きめのものも入るくらい余裕がありますので以外と使える車ですよ。

車といえば、妻のがポルテですが近所のホームセンターで買い物していると、隣の車のおじさんが「中広いなー」としきりに感心していたらしいです。
広くて小さめの車が欲しいかたはそちらもありということで。

あと、ワークショップへのお申し込みいただいたかたで、パソコンからのメールを全て弾く設定にされているかたがたまにいらっしゃいまして。
どのメールを使ってお送りしても、全て弾かれて途方にくれることがあります。
なので、お申し込みいただく際は「mrunohisemina@gmail.com」のメールは受け取れるように設定してくださいませ。
今回もそういうかたがいらっしゃいますもので、6日たってもセミナーの会場案内が来ないがな、というかた「あ、自分では?」と思ったかたはご連絡を〜



さて、本日の庭写真













咲き誇っていたバラも減ってしまい、あじさい系が増えてきてますが、ここ数日の晴天でしんなりしている気がしますね。妻が毎日水やりしていたらしいですが、それでも九州の日差しは厳しいと感じますところ。
特に神戸から戻ってきたりすると、九州の日差しの強烈な感じをジリジリ感じます。

で、そんな日のたぬたぬ



妻がかってきた涼しい敷きパッドの上でゴロゴロごろごろしてまして。
一日中この上にいたように思えます。
すっかり家猫ですね。

明日からやっと雨が続くようなので、少しは梅雨らしくなっていくのですかね。
でも、北海道移動するときは晴れて欲しいです。

さて、先日やったあの世のワークショップについての話を少ししておきますね。

日本的あの世、と書いてますが、単に説明が面倒なのでそういう風に書いていたところ。
今度北海道でやる7月2日のワークショップの「よい神社との付き合い方」的なものも、書き方が適切なものがなかったのでそういう風に書いているところ。


実際は「別の視点で見えない世界を探索する、感じる感覚を持っていただく」というのが基本にあります。

僕はヘミシンクを通じてフォーカスレベルを利用したあの世の探索を行いましたが。
実はヘミシンクを開始して最初に出会ったのはガイドでもなんでもなく、女性の「幽霊」でして、先にそっち経由であの世の話を聞いてたとこがあります。
たまに名前だけでてくる「佐野良子さん 新潟出身 永遠の23歳 主婦 2人の子持ち」のことですね。

なので、最初から二つの視点を持っていたとこがあります。
実はこの佐野良子さん、ヘミシンク中は一切出てきません。
どうやってもどのフォーカスレベルでも出てきません。
ガイドならフォーカス12あたりで出てきそうですが、21でもまったくでてきません。

で、どうやらヘミシンクでいく「あの世」いわゆるフォーカス27というのは、あの世の一部であって、完全にあの世を探索できる空間ではないのではないか?

というのが僕の頭にはありました。
それを裏付けたのはメルマガに書いている探索「日本のあの世」探索を行い、去年だした3冊の非物質ガイドとの探索シリーズに行き着く流れの所での体験。

ヘミシンクでいくわけではないあの世を探索したことで、あの世、という認識が多種多様あるという仮説に自分の体験が結びついたところでありました。

で、その日本的あの世探索というのをワークショップにも取り入れていますところ。

なので、ヘミシンクで出会えない。別のかたには会えるのに、どうやってもこのかたには会えない。
そして、ブルースモーエンさんの手法を使っても、会えなかった。

で、僕の日本のあの世探索ワークショップでは割と簡単に会うことができた、という方もいたりしまして。

言っておきますが、僕はヘミシンクを否定しているわけではないですからね。
そういう手法を使って見る見え方とそうでない見え方と、いろいろとあの世の探索方法はあるという事を言いたいわけでして。
逆に日本のあの世では会えない人とヘミシンク中では会う事ができたりもしますんで。

その理由は書くとややこしくなりますが、
簡単に言うと「西洋的手順」と「東洋的手順」の違いかな、と思う事があります。
それに、手法を使う人の「概念」というのも影響してきますので、
「このやり方でしかあの世は見えない」と自分で決めている人は、それ以外の方法で認識できなかったり、自分の概念の範囲でしか見る事ができなかったりします。

ヘミシンク的やり方の場合は、囚われ領域という設定がありますので。
フォーカス27のあの世にいない場合はそのどこかに囚われているという認識になります。そうなると、自由に動けない状態でいるように感じられたりしますところですが。

日本的あの世、最近僕のやっている手法は
「すでに全ては本質の元にある」
という認識を先に入れてやっているので、亡くなられた方は基本的に全てに会えるという状況になっております。

つまり、囚われ領域の設定をなくしている認識のしかたになりますところ。
なので、僕の今やっている手法で認識した方は囚われているという認識からも外れていくのでレトリーバルをしなくてもいいという事になったりします。

この辺りはワークショップで感じていただくのが一番なのですが。
説明すると、
西洋的な分類は「一つの形質でまとめて認識しやすくしていく」やり方ですので。
ペンギンは鳥ですしコウモリは哺乳類です。
ですが、これを「住む領域」で分けたら
ペンギンは海、コウモリは空

陸上を直立二足歩行する存在という区分でわけたら、
ペンギンと人間は同じジャンルに固まってしまいます。

このように地上の生命体もいろいろと角度を変えたら受け取り方もかわるので。
あの世とか得体の知れないとこなら「なおさら」というところがあります。

見えない世界について、あの世について、一つの手法、見え方をまず習得したら。
次は違う捉え方を聞いたり体験したりして学んでいくと、より多面的な「見えない世界」を感じられて楽しいと思いますところです。

なので、ヘミシンクに今取り組んでいる方は、その先に「別の手法」も学んでみるといいですし。別の手法をやっているかたは「ヘミシンク」に取り組んでみるのも、広い視点を手に入れていくのにいいと思いますところ。

こういう仕事していると、一つの見方では「認識できない」世界が結構ありますもんで。
視野を多次元に広げておく必要があると思います。

今度夏の7月夜会はそのあたり、夏恒例の「幽霊の話」についてじっくりやってみようかと思った次第です。

霊的存在との対処法とか
ついてきたものを外すやりかたとか、
いわゆる「幽霊」ってどういうものがあるのかとか。

あの世の話を踏まえつつ、そんな夏らしいネタでやってみようかと思ったところです。

僕の認識では「あの世で健やかに過ごしている人物を認識した時点で、そのかたの囚われは外れている」という状態を作れるので。
まぁ、そういう話をしたりしなかったり、質疑応答でまたいろいろとやってみたいとこですかね。

今週、7月の東京夜会のほうは募集開始しますね。

8月の神戸、夜会のほうはあと数席はありますので興味あるかたはぜひ。
あとコメントで教えていただきましたが、この日花火大会なんですね。そのあと港まで歩いて見にいくのも一興かもしれませんね。



僕は多分、疲れてホテル帰ってるような気がしますが。





【ただいま募集中のワークショップ】

・北海道 7月1日「非物質ガイドとの探索」見えない世界との循環促進ワークショップin札幌
http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/7213743a6a416a6d8b4f8f7add0625b5



・北海道 7月2日 流れを良くする神社との付き合い方ワークショップin札幌

http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/6ab8d6bb8f30823dd3b7e3434be1b8c3


・2017年「仙台 7月8日 日本的あの世探索ワークショップ(ロゴストロンもある)」

http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/dd4a39b16a011c1092ee86668db518ec


・2017年「仙台 7月9日 等価交換促進ワークショップ」

http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/c016a9d9adfabbd7697c6bd39d9f4d88


・神戸夜会 8月5日 お金・物の循環のしくみ
http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/311d90331f925baa4450a7524f50e650



【ヘミシンク質問箱&ルリカさんに聞く!そして、「真名圭史に問う」、「宇宙人に聞く?」、「狐に聞く」コーナーへの質問募集中】

ブログでお答えさせていただく、質問コーナーになります。
ヘミシンク関連の話を聞きたい場合はコメントのタイトルに「ヘミシンク質問箱」とご記入の上、コメント欄のほうへご質問入れてください。
ちょっぴりSなお答えやら、向こうの世界の存在的視点で聞いてみたいことは「ルリカさんに聞く」。「真名圭史に質問してみたいが」という個人的に意見を聞いてみたい場合は「真名圭史に問う」、宇宙人からの視点で物事を伺いたい時は「宇宙人に聞く」とコメント欄のタイトルにご記入の上ご質問のほうよろしくお願いします。狐のばあいは、動物のあの世の話から、日常トークまでなんでも。
おいしいお菓子のレシピから、宇宙創世の話まで幅広くお答えさせていただきますが。
同じ質問が幾つもくると僕もだんだん困るので。質問されるまえに、下のバナーからリンクつながってます「ヘミシンク質問箱」やブログのカテゴリーで分けてますので「ルリカさんに聞く」「宇宙人に聞く」「狐に聞く」などのとこ読んでいただけると助かります。




「ヘミシンク質問箱 まとめサイト」を作っていただきまして。こちらのほうが参考にしやすいかと思います。



<◆まるの日圭の「出張ワーク」◆>

をご希望の方は下のアドレスにて、内容のご確認をされてください。
呼び出し次第でどこへでも。「大勢の知らない人とワークするには、ちょっと気が引ける」「気のあった仲間同士でうけてみたい」という方々のために。
お考えの方はお早めによろしくお願いします。

http://blog.livedoor.jp/nekooru/archives/8144160.html



有料メルマガ、「まるの日圭の見えない世界の歩き方」現在の地球の状況についてなんて話。

http://www.mag2.com/m/0001603200.html



有料メルマガ「まるの日圭のヘミシンクCD活用講座」も始まっております。「内容が濃いですね」と言われていますが、自分ではまだまだまだ入れ込みたいとこです。

http://www.mag2.com/m/0001626812.html



<ヒーリングショップ・ネコオル 2016年新作ヘミシンクCD>

http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=76


ただいま販売中です。


フェイスブックで「まるの日圭」のファンページ作ってみました。
イベント、セミナー紹介とか、ちょっとしたコラムなどを連載していきます。
http://www.facebook.com/marunohikei



《ヒーリングショップ・ネコオル》




ただ今セール実施中。天然石アクセサリー、20%off(一部商品を除く)
ヘミシンクCDも値引き販売有り。
2015年新作CDも販売中です。
http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=68


《会社のハイ・エネルギーシンボルアート》 運気向上、会社の流れを良くする高次シンボルイラストです。

http://marunohikafe.cart.fc2.com/ca65/1654/p-r65-s/



《トータルセルフリーディング》
あなたの一年の流れをトータルセルフからのエネルギーで読み解きます。

http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=69



《まるの日圭の ガイド拝見》イラストとガイドメッセージ 

http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=36


《まるの日圭の ペットガイド拝見》 亡くなったペットのメッセージもあります。

http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=55


《ヒーリングショップ・ネコオル》 まるの日圭オリジナル、グリッドワークでも使用してます、「トータルセルフとつながるCD」、「よく分かるヘミシンクDVD」 共に販売中!!
なーやさんのクリスタルボウル演奏DVD、CD、Taijyuさんの鍵盤ハーモニカCDも発売してます。

http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=44


《ハイアーセルフ・シンボルアート》 あなたのハイアーセルフをアートにして描いていいきます。個人用マンダラみたいなものですね。

http://marunohikafe.cart.fc2.com/ca60/1030/p-r60-s/


《石の精カラーイラストとメッセージ》 開始しました。お気に入りの鉱物、ペンダント、アクセサリーからの声やそのエネルギーの姿をイラスト化し、リーディングしますよ

http://marunohikafe.cart.fc2.com/ca62/1266/p-r62-s/


・ヒーリングサロン・ネコオルのセミナー情報、遠隔「 高次シンボルヒーリング 」の内容などはこちら。
http://blog.livedoor.jp/nekooru/archives/5623812.html



ただいま販売中の新作本は下の3冊!


非物質ガイドとの探索〈1〉 うまくいく人は必ずつながっている 見えない世界と〈普通感覚〉でつきあう成功法則
真名圭史[著者],石井数俊[監修],江口勝敏[編集]
ヒカルランド



〈2〉非物質ガイドとの探索 思い通りの現実を引き出す 受け容れられない、認められない対象こそが〈顕現〉する秘密
真名圭史[著者],石井数俊[監修],江口勝敏[編集]
ヒカルランド



〈3〉非物質ガイドとの探索 豊かさへの広い視野を開く 未来はどこまで〈今〉に内包されているのか
真名圭史[著者],石井数俊[監修],江口勝敏[編集]
ヒカルランド






願ってイズクモ! (impress QuickBooks)
丸尾 佳
インプレスコミュニケーションズ



誰でもヘミシンク -サラリーマン『異次元』を旅する
まるの日 圭
ハート出版


誰でもヘミシンク3-あの世の会いたい人に会える本-
まるの日 圭
ハート出版





誰でもヘミシンク2-おもしろすぎるガイド拝見
まるの日 圭
ハート出版


ヘミシンクのふるさと モンロー研わくわくドキドキ体験記
まるの日 圭
ハート出版






世にも不思議な異次元体験 ヘミシンクで「人生は変えられる」のか? (マーブルブックス)
まるの 日圭,松村潔
中央公論新社






『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日も神戸にて | トップ | 今日の空は梅雨の前空。とご... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
真名圭史さんに聞く (きさらぎ)
2017-06-19 20:24:40
東京の昼会で上手く質問の趣旨が伝わるように質問できなかったなーと思ったので改めて質問させていただきます。「アースキーパーとは、巨大なクオーツクリスタルで、人類が肉体を持たないはるか太古、宇宙の中心エネルギーを地球に取り入れるグリッドとして存在しました。そのエネルギーは地球の二酸化珪素に注がれ巨大な水晶となりました。しかし人類は進化し、五感の幻想の世界が広がってくるとアースキーパークリスタルは地中深くに埋められ、人類の進化の全てのサイクルを記録されるようプログラムされました。
 アースキーパーは、ハワイのカウアイ島のヒンドゥー教寺院のものを筆頭に、地球上に12体存在します。そして現在、重要な役割を実行するために次々と地表に現れてきています。その役割の一つは、地球界のサイクルで得られた知識を星界へ送り出し、他の世界での意識発達のために使われます。もう一つは、地球上の祖先たちの意識を送信し、その存在に触れた者たちが高揚し霊感を受けるための媒体としての機能を果たすと言われています。」という説明なのですが、これは人間がそういうものという意識をもって取り扱っているだけですか?それともそう思って取り扱うと、石がそういう役割を果たすんでしょうか?巨大水晶といえば高さが2m周囲もそのくらいの巨大な豚肉の塊か?っていう感じに見えるローズクオーツが宝石の森という宝石屋さんの前の敷地に施設を作り直すので、っていうことで柵も何もなく野ざらしにほって置かれたりしていました。そういった石でも人が上記のような意識を持って取り扱うとそういう役割を果たすのでしょうか。それとも本当にそういう特別な役割を果たす石っていうのがこの世界にはあるのでしょうか?そのアースキーパークリスタルPちゃんはちょっとビジネス的に扱われてるところがあるような気がします。
ホノボノ (りんパパ)
2017-06-19 20:53:03
 まるの日さん、こんにちは。

 そして、お帰りなさい。
 疲れたというより、神戸でパワーをもらってきたのではないですか。
 
 たぬたぬちゃん、すっかり家ネコになりましたね。
 ホノボノです。
みなさんありがとうございます。 (地鶏)
2017-06-19 23:23:12
私の質問に、コメントを書いて頂いたり、お話を聞かせていただいた方々、ありがとうございます。
文章で書いた後、自分で読んでも非常に硬い感じがして、難しいなと思いました。

ローズマリーさん、
ローズマリーさんがおっしゃるように、私も、ノーガード状態は、とても柔軟性がある状態だと感じてます。というより究極の柔軟性がある状態だと思います。なぜなら、意識の分離がないからです。分かりやすく言いますと、思考で行動してなく、観念からも行動してなく、意識が、すべてと一緒に在る状態ですので、話しかけられたり、何か物事が起こったりした場合、思考や観念や恐怖といったフィルターを通すことなく、その起きた事柄に「直接的に反応できる」状態だからです。逆に言うと、思考や自己防御などのフィルターを間に入れた「ワンクッション置いた反応」「間接的な反応」ではないからです。なので、矛盾するようですが、ノーガード状態とは、これ以上ないくらいの柔軟性がある状態で、かつ感情豊かな状態であると感じてます。
人生は、常に新しいです、昨日会った人とまた今日会っても、今日会った瞬間は常に初めて会った瞬間で、そこに記憶を持ち込むから(今に無いから、目前の現実以外の非現実に居るから)、柔軟性が失われていくのだと思います。
私の、文章表現が硬いのと、表現自体が下手くそなため、何か硬直した融通の利かない状態だと誤解させてしまいすみません。
ノーガードとは、ただの言葉です。時代時代でいろんな表現で言われてきたことを、圭さん的に表現しただけの、ただの言葉だと思います。無の状態、でも、悟りの境地、でも、自我がない状態、でも、愛、でもなんでも表現はいいのだと思います。
「ワンネス状態」とか「ただ在る」「比較しない」とかよくスピリチュアルの世界で言われていることですが、これらを10年くらい前から知識として頭で理解していただけだったのですが、ここ1年くらい前から感覚として体感として腑に落ちた感じで分かるようになりまして、日常生活の意識の状態が別人のように変わった感じです。圭さんにこの話をしたら、世界線が変わった、という認識でいいですよ、と言われたので、急激に意識が変わった瞬間は世界線も変わったりするみたいです。
圭さんの言うこともずっと感覚として理解できるようになりました。
ローズマリーさんありがとうございました。

ずしおうさん、
意図せず、ずしおうさんのお役に立てて良かったです。体感として感覚として理解し、それを現実世界にいかせなければ、スピリチュアルは意味がないんだな~と感じます。
ありがとうございます。

きさらぎさん、
よい話をきかせていただいて、ありがとうございました。赤毛のアンのその言葉は、今、に意識があること(ノーガード状態)の大切さを伝えていると思います。始まりも、終わりもない、永遠の今、を感じ続けると、ヘミシンク聴かなくても、かなり瞑想状態になり、なぜか癒されます。
ありがとうございました。

Unknown (郡山)
2017-06-20 00:16:21
最近話題の機動戦士ガンダムサンダーボルトって面白いのでしょうか?あれもUCだった気が…
たぬたぬさんのびのび~ (4ばん)
2017-06-20 00:41:06
こんばんは、いつもありがとうございます。

たぬたぬさんは、流れにのるのだ~と言ってるように見えます(シブい)。

ロシア人をみただけでスパイ~・・ではない・・・。
(特別だと意識しすぎる方のために?)
とゆうまるの日さんの言葉がよぎりますが、

そう感じたんだから、しょうがないです。
見つけるのは楽しいのでやめたくないです。
でも、楽しい範囲でほどほどにかな~とは思いました。

世界線が変わった!と認識するときも好きです。
気がつきにくいので盛り上がらないけど盛りあがる感じは好きです。
盛り上げていいのかも分かりません。
ルリカさんに聞く」への質問です。 (よっちゃん)
2017-06-20 01:44:29
「ルリカさんに聞く」への質問です。
【私が受けた啓示について】
まもなく66歳になるものです。私が受けた啓示について、本物かどうか知りたいのですが。
■ここまでの経緯
若くして作った会社が、30年以上たって、大きな負債を抱えてピリオドを打ちました。一時はたいへんでしたが、新しい事業を家内と始め、借金の元金は返せないまでも、利子だけは払うようにしています。年金だけが頼りの生活ですが、仕事は自宅でもできるので、毎日事務所に行かなくてもすみ、一生の中でもかなり優雅に(気分的にですが)、働き、暮らしている毎日が2年以上続いていました。
■この6月に入ってすぐ、ある啓示を受けました。「まもなく死ぬだろう」というものです。
その啓示を受ける前、「ぶらり彼岸探索紀行」をしっかり読んだりしたのも、その先駆けだったのでしょう。
一応、寝る前に「その啓示が本物かどうか、知りたい」と言う事を強く願って寝たところ、
「死ぬ場面」の夢らしいものも見たので、朝起きて、「まもなく死ぬのだ」と納得しました。
メルマガ、「まるの日圭の見えない世界の歩き方」も読んで、あの世での暮らしについて、大まか理解し、また、宇宙のできた理由や地球、人類が誕生したわけまでも納得させていただいていたからでしょう、「まもなく死ぬ」ということを素直に受け入ることが出来ました。
それからは、平安な日が続いています。
よく言われる「いまだけに生きる」という生き方も良くわかり、―まもなく死ぬので先のことは考える必要は無く、「今、どうすべきか、どうしたいか」だけを考えるのは心地良いものです。
また、「まもなく死ぬ」とわかっているのですから、それを利用して負債を全額返すべく、いままでの3000万円の死亡保険に加え、さらに同額の生命保険にも入りました。月々の保険料の支払いも、せいぜい1年半ぐらいでしょうから、掛け金が高くても気になりません。
あとは、残された家族のため、不要になるものを大胆に整理し、会社や電話や、ネットなどいろいろな引き継ぎ事項(かなりあってたいへんそうですが)を家族に伝える作業をしようと思っています。
現世に対しては、未練も全く感じず、「あの世1」でやるべき仕事が待っているのだろう、それはなんだろうか、などと考えています。
充実の日々なのですが、
■ところが、ちょっとしたきっかけで、家内に、「どうも寿命がきているらしい」とほのめかしたところ、たいへんショックだったようです。それを見て、私も残される家族が急に心配になりました、家族のことをもう少し考えなければ、と思い直した次第です。
そこで考えたのですが、ルリカさんに「この啓示が本物か」もう一度教えてもらえないでしょうか。
「この人いい勘してるわ。そうね、もっても2年ちょっとぐらいかしら。オリンピックは無理ね。でも妙にうれしそうね。この人のガイドと友達だけど、『この忙しいのに迎えに行くのか』って面倒くさそうだったから、私が代わりに出迎えに行って、あの世1もそんなに甘いもんじゃないことを教えてあげましょうか」といったドSな回答を期待しています。
出来れば、豊満な胸に腕をはさんで、「私があの世を案内しますぅ」と言ってくれるガイドさんに変身して来てくれるといいのですが。
ちなみに、<ヒーリングショップ・ネコオル>でヘミシングCDを買ったときに、まるの日さんが、美人ナースのイラストを描いてくださったのですが、あのナースが私のガイドではと思っています。
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
■補足情報ですが、
2012年問題から、ヘミシンクに興味を持ち、アクアヴィジョン・アカデミーの初心者コースに行ったりもしましたが、あまり効果は上がっていません。F27はおろか、F12も本当に入っているのかわからないぐらいです。
ただ、昔からわりと霊感は出る方で、
「お前はアンドロメダ星雲から来た」
「人生は、劇のようなものだ。あたえられた役柄があり、その役を演じているだけだ。あるいは与えられたモビルスーツが、最新式だったり、旧式だったりするだけだ」
「この世は何でもありの世界だ」などと聞こえてきます。
一度あったのは、こんなことです。
通勤でいつもの駅に向かおうとマンションを出たところで、そことは違う駅に行くバスに乗るとよいという「感じ」がしました。そのバスに乗り、駅に着く一つ前で下りるとよいよう「感じ」られ、そのバス停で下りてみると、目の前に古本の店がありました。きっとこの店である本を買うことが必要なのだろうと思い、店内を探してみると、あったのは、「誰でもヘミシンク2-おもしろすぎるガイド拝見」でした。「「誰でもヘミシンク1」はすでに読んでいましたが、きっと「もう一度ヘミシンクにトライしろ」と言う啓示と思い買って帰りました。
その後、ヘミシンクをやっていますが、上達してガイドに会える、こともなく、<ヒーリングショップ・ネコオル>で買ったヘミシンクCDでは、「若返りましょう」などをツール的に使っている程度です。
ただ、今年に入って、メルマガ「まるの日圭の見えない世界の歩き方」の定期購読に踏み切り、過去のバックナンバーも興味の有るものからどんどん購入しています。
おかげで、あの世とこの世のことだけでなく宇宙の創成の理由や銀河系から太陽系、地球や人類が誕生した訳まで知る事が出来、さらにあの世1からあの世5、第三階層まで明らかにしていただき、感謝しています。
わたしの人生の目的は、「悟りを得る」事だと思っていたのですが、それがまるの日さんのおかげで、知識としては理解できたと思ったのですが、そのことも今回の啓示とつながっているのかもしれません。つまり、「この世で知るべきことはもうわかった」と思ってしまったのかもしれません。
地鶏さんへ (ローズマリー)
2017-06-20 08:14:38
地鶏さん、ありがとうございます!

私の方こそ、思い込みと誤解があったようで、すみませんでした。
そして、考える良いきっかけを与えてくれてありがとうございました。
感じていることを言葉にするというのは難しいですね。

地鶏さん、確かに表現は硬いですが(失礼します)、文章はとてもうまくて、好きです。
キャプテンへの質問のまとめかた、スゴいです!
質問文だとどうしても知識が前面に出てしまい硬くなりがちですが、いつかハートで書かれた文章を読んでみたいな~と思ってしまいました。地鶏さんならおもしろいものが書けそう!

キャプテンへの質問、回答を私も楽しみにしています。

ありがとうございました。
地鶏さんの質問から色々疑問が広がります (きさらぎ)
2017-06-20 19:00:53
地鶏さんコメントありがとうございます。でもノーガードをどういうふうに捉えるかって考えると色々疑問がでてきますね。感情って多分人間が現世では有限な肉体に宿っていることが原因なのかな?と思います。そしてまた、ノーガードでいられる若い優秀な方達というのも本人の資質とやはり生育環境もあるのかなと思います。十分人として成熟下親の愛情に恵まれて育った子どもはそんなに感情の起伏も激しくないんだろうと思います。子どもの頃より大人になっての方が誰でも感情の起伏は小さくなっていってると思います。そして死んだらあの世ではどうなんだろう?とそんな疑問も湧きます。

コメントを投稿

世界の仕組み」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL