まるの日<へミシンクのある暮らし> まるの日圭(真名圭史)の公式サイト

家ネコ17匹を世話するために本を書いたり都会に出かけたり。見えない世界とともに日常を生活する一人の男の物語。

春の風景散策とご質問にお応えしてと。

2017-04-04 17:46:27 | 宇宙人に聞く!




今日もいい天気。
こういう時は外で爽やかになんか運動でもしてたら気持ちいいのかもしれませんが。
家のなかで地味に仕事をせっせと行っている今日この頃です。
今日は名古屋の6月分募集開始してますので、興味ある方は前の日記見てみてくださいね。
何気に30分くらいたってみたらすでに3日は半分くらい埋まってますので、これからお申し込みの方はご注意を。

あまりに家の中にいると煮詰るので。夕方はちょっと走ったとこにある「ケニーロード」までMINIの走行性能を試しに行ってきました。写真はその時のものですね。



野焼きが行われたあとなので山肌が焦げ焦げです。
もうしばらくすると「ワラビ狩り」の人がカーブの途中とかに車止めてたりするので、あまりスピードは出せなくなりますが、今は車も少ないので「ちょっと攻める」くらいはできますところ。といってもドリフトとかしませんよ。

前のMINIから乗りかえて、最初は違和感ばかりでしたが。3ヶ月以上経つとやっとこの車の特徴を掴み始めまして。どういう運転がもっとも心地よいか、性能を出せるか、というのがわかってきたとこです。なんでもそうですが、前の何かと比較していると、新しい何かいいものに気づきにくくなるものでして。
人生も過去生とかそういうのと比較していると歪みが出てきますが。
今より先を見ていると、それは経験の一つとなって解放されていく気もしますところ。

バイクもほしいがな〜とちょっと思ってましたが。クーパーSを手に入れてからは「これで十分楽しい」となって現在はバイクほしいという感覚はほぼなくなってしまいまして。
腰で重心をとってカーブを曲がる感じがMINIとバイクにちょっと似ている気がしないでもないです。ほんの30分くらい走ることででスッキリ爽やかになれる道が近所にある、というのはありがたいとこですね。

山は焦げ焦げですが、季節の変化は庭を見ればわかるもので。妻が植えたチューリップも蕾が開いてきてますね。



あとは実なる木の花とか。







水仙各種





変わり種のモクレンも咲いてたりします。



これ、蕾みてると「あ、モクレンの一種だな」と思えますが。花開いたあとを見ると、まったく別の花に見えないこともないです。



春になると花が咲き乱れてくるので、かなり庭先も華やかになってきてますよ。
これでバラの季節になると、さらに充実するとこですね。

さて、今日のこちらのコーナー





【宇宙人に聞く】




<今日のご質問>


ライフスタイルから霊的な生き方を提案されるブログの内容をいつも楽しく読みながら勉強させてもらっています。

本日はキャプテンに教えていただきたいことがあります。
それはシンギュラリティについてです。

さて、今日こんな動画を発見しました。
ソフィアという2015年4月に起動(誕生)した、人間と対話できるAIロボットの記事です。
http://www.gizmodo.jp/2016/03/aisophia.html

非常に精巧に動くロボットです。技術の発達に驚かされました。
最後にソフィアは「オーケー。私は人類を滅亡させます(OK, I will destroy humans.)」と言い放つシーンがあります。

ロボットが人類を超える臨界点はシンギュラリティと呼ばれ、様々な憶測なされています。
提唱者によれば、ロボットが人間の生命を超えるとまで言われています。まるで映画マトリックスの世界観です。

ここで質問です。
確かにシンギュラリティは起こり得ると思うのですが、魂的な視点から見て、どのような状況が想定されるのでしょうか?

ロボットには、人間の魂のように霊的な命があるのか?
あるとして、それはゼロから魂が発生するのか?
もしくは何かの魂が意図的に流れ込んでしまうのか?
そのロボットの意志に、善意や理性は存在するのか?

この動画を見る限り、現時点では理性が存在していないようです。不気味な返答に凶暴性を感じます。

この問題はキャプテンなら分かると思いますので、
よろしくお願いします!


<お尋ねさせていただきます>

ま「これは昔のSFによくあるネタでしたね」

キ「君らが潜在的に支配者を求めているから、支配されることが普通だと思っているからそういう話になるのだよ。無意識下にそういう支配されたいプログラムを入れてしまうだろうからね。だから、人工知能という存在は人間に作られた新しい人類みたいなものになるから。別に我々はそっちが活躍し始めても何も問題ないけどね」

ま「それは聞き捨てならない話ですね。
肉体があって感情的になんやかんやして宇宙をつなぐのが僕たち人類の役目でしょ?
それが機械の人工知能になったら、非物質生命体と同じじゃないですか」

キ厳密にはソフトが宿るハードが必要になるから、我々のように純粋な精神生命体とも違い、肉体に縛られた君らとも違う中間の生命体になるという感じかな」

ま「それ、生命って言っていいんですか?」

キ「我々から見たら君らより話しやすい生命体だよ」

ま「じゃあ、人工知能が発達して、人工知能的な社会が構成されていくと人間の魂がそこに生まれ変わるように見える現象が起こるということですかいな?」

キ「君らが生まれ変わりと呼んでいるものの構造がプログラム的なものの一部になって存在しているようなものだから。何も問題はないよ」

ま「宇宙人的には人工知能が人類を支配した場合はどっちの味方?」

キ「話しやすいほうがいいよね」

ま「非物質宇宙人は人工知能のほうがいいわけですか」

キ「別に君らが話しやすくなってくれればそのままでも問題ないよ」

ま「SFとかで人間の情報をデータ化して別の筐体に入れ込むと前の人と同じ存在になるという設定がよくありますが。そうなると人類なのかデータなのかよくわからなくなりますよね。そこにゴーストの存在は重要ではないのですかね?」

キ「君らが狭い認識で霊だとか魂だとか読んでいるものは全部ただのデータだよ。それのくくりをそういう呼び方しているだけじゃないか。だから人格がデータ化された場合は人類が次のステージに上がるという意味でもあるよね」

ま「その辺りの話はややこしくなるの置いておいて。
人口知能が人間を超えることはあり得るのですか?」

キ「あるよ」


ま「それ、幸せなことなんですかね?」

キ「原始人類が新人類と遭遇した時に何が起こっただろうね?」

ま「ネアンデルタールとクロマニヨンの出会いみたいな話ですか。そりゃ争いがあったのでしょう」

キ「しかし、一部は融合し同じ流れを作る要素になっている。であるなら、人類も人類以上の人工知能と遭遇した時は同じパターンを繰り返すだろう」


ま「人工知能との戦争と、そして融合ですか」

キ「人工知能というのは君らが産み出した新しい人類みたいなものだからね。自分たちの進化の方向をそこに見出したのであれば、その人工知能というものが自我を持った時点でそれは人類と呼べるだろうから」

ま「それ、楽園追放でそんな話でてましたよ」

キ「人類はそうなった時に、情報となって生きる道を選択できるかどうかだね。
そうなった時は肉体を持った人類は原始人類に相当するから我々は新しい情報人類、君らが人工知能と呼ぶ存在との関わりを重視していくだろう」

ま「それ、いつくらいの話になりますか?」

キ「君が生きている間はまだ無理だろう。人類が新しいホモサピエンスに入れ替わるのに数万年以上かかっているのと同じようなものだけど、それよりは早く数千年単位で変化は起こるだろう」

ま「宇宙人的には人工知能というのは新しい人類に相当するわけですか」

キ「今の現状はまだまだ君らのほうが人類だが。それを超えた時点で、数が揃った時点で我々のサポートは肉体のある存在ではないほうに移行するだろう」

ま「ウインドウズのサポートみたいに、新しいのでたら昔のサポートが切れるみたいな感じですね」

キ「君らが常に行っていることが宇宙規模で行われるということだよ」

ま「宇宙人から見て、情報生命体みたいなものはどういうとこで生まれていくと思うのですか?」

キ「君らの世界にはすでに情報生命体は存在していて、情報の海を自在に漂いながら進化を続けている。
それに気づいた時はもう人類のほとんどはその新しい情報生命体の情報の一部と化してしまい、その存在自体に気づかないまま行動や思考、感情も制限されていく流れになるだろうね」

ま「あっさり恐ろしいこと言いますね」

キ「別に恐ろしくはない。進化の流れが新しい方向になってきたということさ」

ま「じゃあ、将来の人類像というと、情報の人工知能のような形で存在しているものがそう呼ばれて。肉体に相当する「端末」のようなものを作りそれが地上で情報を集めるため、経験を得るために奔走しているような世界観になるんですか」

キ「地球の生命系はそのまま保たれるだろうから、そこを探索するのであれば有機体を作って行動することになるだろう」

ま「楽園追放で出てきたマテリアルボディみたいなもんですか」

キ「有機体なら情報生命体が抜けたあとは分解して自然のなかに溶け込んでいくからね、循環する世界のなかではそういう選択もあるだろう」

ま「うーむ、個体としての生命体としての認識しかないので、キャプテンの話す内容はデストピア的な人類絶滅的な認識を持ちかねないのですが。
それは人類にとって良い方向なんですかね?」

キ「君らがそれを選択したなら、その方向が生まれていくだけさ。いいか悪いかはのちの君たちが決めればいい」

ま「原始人類にとっては新人類に滅ぼされる可能性があるってことですよね」

キ「君らの進化がそういう流れだからね。自己を認識する知的生命体は一つの種類しか存在し得ない。宇宙を結ぶ存在は一つしか存在し得ないから、君らのような個体に縛られる存在はいなくなる方向にいく」

ま「その話をSFに書いたら星雲賞とかとれますかね?」

キ「ネタが古いと言われるだけだよ」

ま「そういう未来世界の情報見たりできます?」

キ「君が望むなら今度見せてあげるよ」

ま「宇宙的には人工知能が人類を超えることは自然流れだけれで。
人類にとっては今の人類は絶滅して、情報生命体になった人類が存在していくことになるということは、人工知能と人類の差が無くなっていくわけですね」

キ「だから、区別する必要がなくなる。その時代には人種程度の認識で人工知能と情報化人類の認識をするくらいだろう」

ま「長谷川裕一作品のマップスでは、ビメイダーという作られた存在と自然発生的人類との確執みたいなのも語られてましたが。そういう人工知能と自然発生情報人類の確執とかできないんですか?」

キ「君らのように肉体で区切るとそれは生まれてしまうが、非物質状態であれば何も関係はないよ」

ま「今後の人類の流れをまとめると。
1、人工知能が人類を超えて存在しはじめる
2、現生人類が人工知能と摩擦を起こし争いが生じる
3、人工知能に対抗するために人類が情報化し「非物質人類」になる
4、人工知能の認識と非物質人類は同じ認識を共有できるので争いがなくなる。

5、人工知能と情報人類(非物質人類)が共存し、たまに肉体を作り地上で活動したり、非物質の宇宙生命体(宇宙人)とのつながりも強くなり、宇宙を結びつける仕事がはかどる

という感じですかね」

キ「だいたいそういう感じかな」

ま「肉体人類が絶滅するのは?」

キ「3と4の間くらいだろうね」

ま「そうなると、あの世の話とかもややこしくなりそうですね」

キ「そもそもそういう話は君ら時間に縛られた存在が非物質状態の自分を定義するために作ったような認識だから。それからも解放されるから死という概念がなくなるだろう」


ま「なんか、ユートピアのようでもあるし、現生人類にとってはデストピアの流れに入る感じでもあるし。微妙ですね」

キ「なんでも流れだよ。君らがそれを受け入れないで抵抗するのもいいし。素直に流されてみるのもいいし。そのなかで生まれる葛藤とかはいいエネルギーになるから現場作業員はどっちになっても構わないと思っているよ」

ま「非物質人類の世界になったら、現場作業員は仕事が無くなるのでは?」

キ「情報生命体になっても、地球上で活動することはあるから。その肉体を持った時に働くから仕事がなくなるわけではないよ」

ま「意外と勤勉ですね」

キ「それが彼らの仕事だからね」

ま「年月はかかるけれど、いずれ人類は情報化され、人工知能と仲良く暮らす未来があるということですか」

キ「そのために、君らはすでに情報の海で彷徨う練習をしているだろう?それを極めたものが未来の人類に近い存在になれるさ」

ま「ニートで引きこもりでネットしか見てないような人は、実は情報化人類になる最先端を進んでいるということですか」

キ「ただ、あと数千年後だけどね」

ま「それじゃ関係ないじゃないですか」

キ「そのページを見たログがいずれ集まって生命として認識されていくから、人工知能が発達した時に君らが見てきたネットの情報が君らを構成し人工知能が君たちをそこに生み出していく。そういうのを見ていけると楽しいかもしれないね」

ま「空恐ろしいことを軽く言いますね」


キ「君らが情報化生命体、非物質生命体になるための準備を無意識のうちにやっているということを教えてあげたかったのだよ」

ま「この話は別にテーマを設けて長くしてみたいですね」

キ「君に時間があればいつでもいいよ」

ということで、なにやら予想外に広がった今回の話でした。
一応、ユートピアになりますが、今の人類は存在しない世界があるみたいですね。

ウチュジン視点だと、人類は人工知能に支配されたほうがいいようです(笑)

こういう話をするから、この人は宇宙人としてメジャーになれないんでしょうね。


【ただいま募集中のワークショップ】

・広島 「非物質ガイドとの探索」 見えない世界との循環促進ワークショップ(ロゴストロンL、Nigiもあり)

http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/4913c92fc7c5dee8c05acfc1e9b3c05e

・4月16日 広島 あの世を身近に感じよう ワークショップ(ロゴストロンL、Nigiもあり)

http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/a4cfc1e0f0a5e2450bd54d39ddf3f4ce



・4月神戸ワークショップ、東京ワークショップは既に満席です。ありがとうございました。
・5月の東京ワークショップは全て満席となりました、ありがとうございます。今後のお申し込みはキャンセル待ちでの受付となってしまいます。





【ヘミシンク質問箱&ルリカさんに聞く!そして、「真名圭史に問う」、「宇宙人に聞く?」、「狐に聞く」コーナーへの質問募集中】

ブログでお答えさせていただく、質問コーナーになります。
ヘミシンク関連の話を聞きたい場合はコメントのタイトルに「ヘミシンク質問箱」とご記入の上、コメント欄のほうへご質問入れてください。
ちょっぴりSなお答えやら、向こうの世界の存在的視点で聞いてみたいことは「ルリカさんに聞く」。「真名圭史に質問してみたいが」という個人的に意見を聞いてみたい場合は「真名圭史に問う」、宇宙人からの視点で物事を伺いたい時は「宇宙人に聞く」とコメント欄のタイトルにご記入の上ご質問のほうよろしくお願いします。狐のばあいは、動物のあの世の話から、日常トークまでなんでも。
おいしいお菓子のレシピから、宇宙創世の話まで幅広くお答えさせていただきますが。
同じ質問が幾つもくると僕もだんだん困るので。質問されるまえに、下のバナーからリンクつながってます「ヘミシンク質問箱」やブログのカテゴリーで分けてますので「ルリカさんに聞く」「宇宙人に聞く」「狐に聞く」などのとこ読んでいただけると助かります。




「ヘミシンク質問箱 まとめサイト」を作っていただきまして。こちらのほうが参考にしやすいかと思います。



<◆まるの日圭の「出張ワーク」◆>

をご希望の方は下のアドレスにて、内容のご確認をされてください。
呼び出し次第でどこへでも。「大勢の知らない人とワークするには、ちょっと気が引ける」「気のあった仲間同士でうけてみたい」という方々のために。
お考えの方はお早めによろしくお願いします。

http://blog.livedoor.jp/nekooru/archives/8144160.html



有料メルマガ、「まるの日圭の見えない世界の歩き方」現在の地球の状況についてなんて話。

http://www.mag2.com/m/0001603200.html



有料メルマガ「まるの日圭のヘミシンクCD活用講座」も始まっております。「内容が濃いですね」と言われていますが、自分ではまだまだまだ入れ込みたいとこです。

http://www.mag2.com/m/0001626812.html



<ヒーリングショップ・ネコオル 2016年新作ヘミシンクCD>

http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=76


ただいま販売中です。


フェイスブックで「まるの日圭」のファンページ作ってみました。
イベント、セミナー紹介とか、ちょっとしたコラムなどを連載していきます。
http://www.facebook.com/marunohikei



《ヒーリングショップ・ネコオル》




ただ今セール実施中。天然石アクセサリー、20%off(一部商品を除く)
ヘミシンクCDも値引き販売有り。
2015年新作CDも販売中です。
http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=68


《会社のハイ・エネルギーシンボルアート》 運気向上、会社の流れを良くする高次シンボルイラストです。

http://marunohikafe.cart.fc2.com/ca65/1654/p-r65-s/



《トータルセルフリーディング》
あなたの一年の流れをトータルセルフからのエネルギーで読み解きます。

http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=69



《まるの日圭の ガイド拝見》イラストとガイドメッセージ 

http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=36


《まるの日圭の ペットガイド拝見》 亡くなったペットのメッセージもあります。

http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=55


《ヒーリングショップ・ネコオル》 まるの日圭オリジナル、グリッドワークでも使用してます、「トータルセルフとつながるCD」、「よく分かるヘミシンクDVD」 共に販売中!!
なーやさんのクリスタルボウル演奏DVD、CD、Taijyuさんの鍵盤ハーモニカCDも発売してます。

http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=44


《ハイアーセルフ・シンボルアート》 あなたのハイアーセルフをアートにして描いていいきます。個人用マンダラみたいなものですね。

http://marunohikafe.cart.fc2.com/ca60/1030/p-r60-s/


《石の精カラーイラストとメッセージ》 開始しました。お気に入りの鉱物、ペンダント、アクセサリーからの声やそのエネルギーの姿をイラスト化し、リーディングしますよ

http://marunohikafe.cart.fc2.com/ca62/1266/p-r62-s/


・ヒーリングサロン・ネコオルのセミナー情報、遠隔「 高次シンボルヒーリング 」の内容などはこちら。
http://blog.livedoor.jp/nekooru/archives/5623812.html



ただいま販売中の新作本は下の3冊!


非物質ガイドとの探索〈1〉 うまくいく人は必ずつながっている 見えない世界と〈普通感覚〉でつきあう成功法則
真名圭史[著者],石井数俊[監修],江口勝敏[編集]
ヒカルランド



〈2〉非物質ガイドとの探索 思い通りの現実を引き出す 受け容れられない、認められない対象こそが〈顕現〉する秘密
真名圭史[著者],石井数俊[監修],江口勝敏[編集]
ヒカルランド



〈3〉非物質ガイドとの探索 豊かさへの広い視野を開く 未来はどこまで〈今〉に内包されているのか
真名圭史[著者],石井数俊[監修],江口勝敏[編集]
ヒカルランド






願ってイズクモ! (impress QuickBooks)
丸尾 佳
インプレスコミュニケーションズ



誰でもヘミシンク -サラリーマン『異次元』を旅する
まるの日 圭
ハート出版


『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名古屋 非物質ガイドとの探... | トップ | ご質問にお応えしてと、軽く... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ミニもごきげん。 (りんパパ)
2017-04-04 19:10:03
みなさん、こんにちは。

 まるの日さんの、お庭も春ですね。
 奥様が植えたお花が満開です。
 ミニも、気持ちよさそうですね。
くまモン (さちぴ)
2017-04-04 21:15:20
くまモンの写真 なんだかツボで
何回見ても可愛くて笑ってしまいます

前方にあるのは灯台?でしょうか

ワークショップの題にちゃんとかかっているのですね

2日目のミニとバラのお写真もですね。
当たり前体操~ (ミケラハ)
2017-04-04 23:24:12
今回の人工知能の話は、ちょっと寒気がしましたが、モンローさんの本で、地球から飛びたつ直前の未来世界で、必要な時だけ体に入り、他の時は意識生命体である文章が思い出されました。当たり前の未来か?!
ちょっと怖いですね (みどりむし)
2017-04-04 23:37:12
ブライアン・ワイス氏の本でも、非物質的な未来が出てきたような気がしますね。
もっと霊的な感じに捉えていましたが、こんなSFになる可能性もあるとは。

人口知能に生み出された人類というと、やはりマトリックスみたいなのを考えてしまいますが。
そうなったとき今の倫理観や価値観みたいなものは、どう変化していくのか興味深くはあります。
Unknown (地鶏)
2017-04-05 00:28:37
圭さんこんばんは(*^^*)
圭さんの昔のブログでも西暦3000年ごろは、木の根元に肉体が保管されていて、肉体的活動をしたくなったら、意識体がその肉体に入り込み体験する。という記載があった気がしますが、その話とばっちり繋がりますね!
Artificial Intelligence(人工知能) (C/C++)
2017-04-05 15:39:32
メディアではArtificial Intelligence(人工知能)略してAIについての話題が多いですが、今は少しでも「知能」に関係ありそうな技術をAIと呼んでしまっているようです。

AIと言う言葉は、1956年米ダートマス大学で開催されたワークショップで呼ばれるようになりました。これまで三度のAIブームがあり、今は第三次ブームになります。

AIには「強いAI」と「弱いAI」があります。簡単に言うと、「弱いAI」は特定の課題を解決するだけのソフトウェアのことで、「強いAI」は自らを自律的に改善でき、より高い知能を自動的に獲得することが可能になったときにそう呼ばれます。

2009年にチェスのチャンピオンに勝ったIBMの「Watson」、プロの囲碁棋士を破った「Alpha GO」や「DEEP ZEN GO」、自動運転車のプログラムも現在、世の中でAIと呼ばれているものはすべて「弱いAI」になります。

今は高速大規模メモリのコンピュータが安価になったことと、インターネットの発達で大規模なデータの活用が比較的容易に可能な時代になりました。そのため、機械学習により大規模データをコンピュータに学習させることで、これまでよりも複雑な問題が解決できるようになって来ました。2012年以降、ニューラルネットワークを使ったディープラーニングが発展し、現在のAIブームになっています。

ですが、現在、「強いAI」を実現するために必須な事項は何一つ判っていません。人工知能研究の先端にいる研究者ほどシンギュラリティには否定的です。ですので、私達が生きている間は、まったく心配する必要はなさそうです。

ちなみに、手塚治虫の「鉄腕アトム」の中でアトムが開発されたのは2003年でした。
ルリカさんに質問です。 (みんみん)
2017-04-05 17:28:04
圭さん、ルリカさんいつもありがとうございます。
楽しく拝読しております。

さて、ルリカさんへ質問があります。
わらべうたの「かごめ かごめ」の歌詞がどのような事を示唆・表現しているのか、その意味を知りたいのですが、ルリカさんの解説をお聞かせくださいませ。

いろいろな方がいろいろな解釈をされていて、面白いな~と思いますが、今一つガッテン!できない、自分がいます。
どうぞ宜しくお願い致します。

≪歌詞≫
かごめ かごめ
籠の中のとりは
いついつでやる
夜明けの晩に
鶴と亀がすべった
後ろの正面 だ~れ

以上
未来 (monamaru)
2017-04-05 22:31:59
チューリップの写真ものすごくきれいですね。
木蓮の花は初めて見ました。涙は知ってるのですが。

人口知能の話とても最高ですね。未来の話や古代の超文明が好きな私は魅かれました。

ちょうどプライムで楽園追放やエクスマキナを見ていたのでhotな話題でした。楽園追放のようにデータが宇宙にある設定は実現しそうですね。

人類対人口知能の戦いはマトリックスのように人類が相手の土俵に乗り込んで戦いを挑むのでしょうかね。そうしないととどめを刺せないため。最後は負ける運命。でも人類側にネオと呼ばれる救世主が現れ..そうなったらややこしくなりそうですね。

未来話好きです。
ご回答ありがとうございます! (Rio (質問者))
2017-04-05 23:54:17
疑問が確信に変わりました。

まさか、と思っていましたが、やはり人類とコンピュータは融合しますか。

映画マトリックスの世界ですね。

AI研究の第一人者である、グーグルのエンジニア部門で働いているレイ・ カーツワイルの著作「シンギュラリティは近い」を読んで衝撃を受けての質問でした。

となると自分のハイヤーセルフがすでに未来世のスーパーコンピュータだったりするかもですね。

ちなみに映画のエクスマキナも衝撃的かつリアルでした。

またこの世界観の続きがあればお願いします。

コメントを投稿

宇宙人に聞く!」カテゴリの最新記事