まるの日<へミシンクのある暮らし> まるの日圭(真名圭史)の公式サイト

家ネコ17匹を世話するために本を書いたり都会に出かけたり。見えない世界とともに日常を生活する一人の男の物語。

へミシンク質問箱に今日もお答え

2014-08-05 19:54:13 | へミシンク質問箱
そろそろ、金沢行きの準備もせねばなりませんが。まったく宿泊先とか空港からの移動手段とかまったく見てないのでそこも調べないといけませんがね~。ま、いつものことですけど。最近はiphone見ながら行き当たりバッタリでもなんとかなるのでありがたいもんですけどね。

さて、昨日から東京で行う10月のワークショップ募集開始しております

<高次意識(仮)体験ワークショップ>
http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/e863802a02915d6498523d6df40d2d75

それと、こちらの9月の東京ワークショップもまだ募集中ですので、興味ある方はことら見てみてくださいね。

9月27日 <東京(新)知覚訓練ワークショップ> フォーカス21を使います。
http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/b1bc52939ff4bc9232624d8877f54dfd


9月28日 <東京 あの世ワークショップ> フォーカス21から27を使います。
http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/4bc7c26909ab99ed9be179a0ea13588c



今日もインドア仕事中で雨の降りしきる日々でありました。

なので特別に書く事もないので。いつものコーナーに。

まずその前に、ワークのお申し込みメールが送れなかったというコメントを頂きましたので、そのほかの連絡先として。

「まるの日圭のフェイスブックページ」などもありますので、そちらからでも大丈夫ですよ。

http://www.facebook.com/marunohikei

しかし、基本的にGmailは携帯からでもお送りできますので、アドレスをちゃんと入力していただけると大丈夫なはずですよ。

いつも使っているアドレスがGmailが基本なのですが、それ以外だとネコオルのサイト用の
keikaotuko@yahoo.co.jp
もしくは
nekooru@maroon.plala.or.jp
からでもご連絡は可能ですが、こちらはショップのほうなのでスピーディーなやりとりは難しいかもしれませんので、ご注意ください。

さて、今日のこちらのコーナー


【へミシンク質問箱】

<今日のご質問:その1>

ヘミシンクと全然関係ないのですが、動物の話題が出ていたので我慢できずに質問させて頂きます。動物に好かれる人ってスピリチュアル的に何か特別なのでしょうか?何とか訓練でそうなれないものでしょうか?

例えば我が家の黒猫、気難しい子です。絶対私の膝などに乗ってきません。それなのに知人のお父さんの膝には乗るのです(さして動物好きな人でもないらしいです)。野生のキツネとかも寄ってくるそうです(家族旅行でお父さんだけに寄ってきたらしいです)。私的には体外離脱できるよりうらやましい位なのですが、そのお父さんみたいな人はどんな特別な能力があるのでしょうか。幽霊を見るとかと同じような能力なのでしょうか。


<お応えさせていただきます:その1>

精神性が高い人からは安らぎの波動が出てますので、それが動物たちを引き寄せるのです。


なんで事は言いません。家庭環境のせいで動物が苦手なのですが、精神性の高い人もたくさんいますからね。
それは人それぞれということで。ただ、なんとなく精神的に進化すると動物も近寄ってきそうな気がしますが、それはあくまでひとつの側面、と言う感じですね。
我が家に猫が8匹いますが、ほぼ妻にべったりですし。僕の膝の上に好んでのるのは一匹くらいしかいません。オス猫なんかは僕が抱き上げると嫌そうな顔をしますし。
メス猫も抱っこ嫌いが多いのであまり抱っこはさせてくれません。
いや、嫌われてはいませんよ。ちゃんと捕まりますし、抱っこもできますが長くは無理ってことです。

飼い猫とか飼い犬とかは相性も有りますが。基本的に「スピリチュアル的に」なんかある人が仲良くなるとは限らないと言うことです。

動物と仲が良くても人間関係がうまく構築できない人もいますし。偏屈で頑固な人でも動物と馴染める場合も有りますし。こういう場合は「スピリチュアル的に意識が高いからどうとかって、意味あるんかな?」という部分もありますね。

動物は基本的に、オープンです。人に対して小賢しことを考えて受けをよくしようとか、気に入られようとか、そういうことで作戦を立てたりはしませんね。
そのレベルで対応していると、たいていの動物は心を開いてくれますよ。

なので、動物と対する時は、真剣に目の前にいる動物と嘘のない気持ちで接する、と人に吠える犬も、人に襲いかかる犬も、意外と素直にいうこと聞いてくれたりもしますよ。

一回、鎖を巻きつけたまま脱走してきたでかい犬が職場に迷い込んできたときに、ほかの人が行くとガンガン吠えられてましたが、僕は「その鎖をとってあげよう」としか考えてなかったのでまっすぐその犬のとこに行って首根っこ捕まえてみたら少し唸られましたけど「ほら、お前の鎖をとってやるだけだ」と話しかけながらやっていくと素直に外させてくれたりしましたし。対応するときに「恐れ」やら「不安」を出して行くとダメですので目の前の動物に対して正直に対応するのが一番です。なので、上辺だけで可愛がろうとしているとぜったい寄って行きませんから、そこは動物はよく人を見ますので。

それと、僕の場合はお客様のおうちにお邪魔することもあったりするのですが。その時に犬などを飼われていると僕はたいていムツゴロウさん状態で「よーしよしよし」とか言いながらなでなでしに行くのですが。たいてい、その家の方に言われるのが
「普通、初めての人には吠えるんですけど・・・珍しいですね」
とか。
僕はその子をなでまくっているので、へぇ、そうなんですか。という感じになるのですけど。
基本的に犬を必要以上に怖がらないから犬にも警戒されにくいのはあると思います。

動物を引き寄せるひとは、ある意味正直に生きていらっしゃる方なのだと思います。
特に猫はそれを見分けます。僕が何か抱えているときはちっとも寄ってきませんしね(笑)。

自分に正直に生活されているかた、葛藤を手放しつつ生きている方のなかには動物が近寄ってきやすくなる人もいますので。その方は外からどう見えるかどうかは別として、自分に正直に生活されている方なのだろうと思いますよ。

あと、飼い猫がやたらと外からきた人にスリスリするのは「こいつ異物だから自分のにおい付けてやる!」とか「テリトリーを守る」とかそういう意味合いでよっていく場合も有りますので。「猫に気に入られている」とは違う場合も有りますのでご注意を。

ちなみに、動物から警戒されないためのフォーカスレベルは「フォーカス10」です。この領域を使うと、鳥も手づかみで捕まえることができたりもします。実際、薪ストーブに入り込んできた雀を何度か手で捕まえてますし。前の会社ではその領域を活用していたら、鶏を捕まえるのがすっかり得意になってしまいましたし。
ふれあい動物広場でも使ってみるとよって来やすくなります。

人間がリラックスしていると、動物も安心してよってくるみたいなので。動物に好かれたい場合は「フォーカス10」の状態を日常の生活の中で活用してみてくださいね。

一度実験したときに、10、12、21、15、と意識を変えながら鳥に餌をやっていると、確実に10の時のほうが寄ってきましたので実証済みですのでお試しあれ。

といっても、猫が膝にのってくるかどうかは分かりませんけどね。いくら家で飼っていても、乗らない猫は乗ってこないものなので。



<今日のご質問:その2>

ヘミシンクを聴き始めて3カ月目、何度かまるの日さんにもアドバイスを頂いたおかげで、ようやく、大きな体験らしい体験を致しました。まるの日さんの著書の中に、アファメーションが意外と重要との記述があり、大きな体験をしたい旨をアファメーションしたのも効果ありだったかも知れません。お伺いしたのはその体験内容についてなのですが、フォーカス12のフリーフローを聴き始めてすぐに、脳内がグニャグニャ~、キーンという強烈な変性意識が始まって、真っ暗闇の中、魂が(?)猛スピードで急降下し始めました。「あれ?体外離脱って、浮遊じゃないの?」って思ったら、一瞬だけ急降下が止まり、ほんの少しだけ浮かび上がりましたが、ピタッと止まって、またすぐに猛スピードで急降下が始まりました。恐怖を感じてると、途中で頭頂部をガツーンと叩かれて下降は止まりましたが、これも体外離脱なのでしょうか?何だか、坂本さんの著書にある様な視覚を伴うゆったりとした浮遊の離脱ではなかったですが。また、こういった体験も、本人の努力や意思に関係なく、ガイドが『体験させる』という事もあるのでしょうか?ご回答よろしくお願い致します。



<お応えさせていただきます:その2>

体脱にはいくつもパターンがありまして。
「リアル系」「ファンタジー系」「ぼんやり系」みたいな感じで大まかに3つに分かれるかと。あくまで、多くの方からの体験談と、僕の実際の体験談から振り分けてますけどね。

ちなにみ、へミシンクでの体脱だと基本的に「ぼんやり系」が多くなります。
ぼんやり浮かんでいた、ぼんやりと外にいた。部分抜けもよく聞きますね。
首だけつながっていたとか、足だけ抜けたとか。それも上じゃなくて下に沈んでいった、という方は結構聞きますよ。こちらは薄い感じが多いので、そこまで肉体には負担がかからないようです。
「リアル」に体脱したい方はへミシンクCDをリラックス程度に利用して、体脱の時は使わないで出たほうがリアル感は増しますようです。フォーカス10の状態で抜ける方が多いのもこの状態です。ただし、これはかなり才能が必要なようで。実際にうまく体脱している人は数人しか知りません。ただ、体脱をリアルにしている人の話を聞くと、楽しそうなんですよね。しかし、体に負担がかかるという話もありますので。ここはご自分の判断で健康を害しない程度でやっていかれるといいかなと思います。
ファンタジー系の方は、どう見ても異世界、どう見ても人がいない世界、に体外離脱する方です。このあたりの感じはモンローさんのいうローカル3あたりの話かなと思いますが、妻がこれ系なので体験談はよく聞けます。ほかにも結構いらっしゃいましたね。体脱するけど身動きできないとか。人がいない世界でブッ飛んでいたとか。
こちらも体脱した方の話だと疲れたりするみたいなので「あんまし体脱したくない」という方もいます。できない人からみたら贅沢な悩みですよね。

で、坂本さんはリアル体脱派ではなかったと記憶してますので、たぶんバイロケーション的に見られているお話だと思いますけど。このバイロケーションは僕のやり方なんで、こちらについて聞かれるとなんでもお応えできますが、体脱に関しては「才能ですかね」としか言えないところ有ります。

なぜかというと、いくらやっても僕はうすーい体脱を数回したくらいで。いま人とリアルなコントロール可能なものがないんですよね。
バイロケーションだと高次意識とか宇宙船とかそういう部分に入って体験もできるんですけど。まぁ、広義の意味合いだとこういう濃いバイロケーションも体脱に入るのかもしれませんが。
なので、まずご自分で「体脱だろう」と思った場合はそれを受け入れておいて。
その後注意しないといけないのは「体脱しないと体験じゃない」と思い込まない事です。
そうでない体験もたくさんありますから、体脱も「体験のひとつ」程度に考えていただけるといいかなと思います。

で、僕の今までで一番リアルな体脱体験は、モンロー研から帰って来る飛行機の中だったんですけど。
同じように、猛スピードで落下しているのです。やたらリアルに雨つぶの体に当たる感じ、風の感じを受けていて、海面まで真っ逆さまになっているので、本気で「うわ、飛行機落ちた!」と思ったくらい。
で、ギリギリで「あ、これ体脱じゃん」と思えたので「浮ける!」と意識したら海面のスレスレで浮かび上がって、ほっと一安心しているあいだに寝落ちって体に戻ってきた。
と言うことがありました。あの時は本気で焦りました。本気で落ちているとしか思えませんでしたからねぇ。
僕もリアルな体脱は落下体験でしたので、これも体脱の一種ですよ。
体脱の場合は本人が思いもしないタイミングで最初のころはやってきますので、何度かその試練をくぐり抜けていくとコントロール出来る人もでてくるようです。
今回はガイドに体験させてもらった、ということで。ガイドに感謝しておいてくださいね。

と言う感じで、




<<最近のワークショップ情報>>

●金沢まるの日ワークショップ、フォーカス12編 8月9日土曜日

http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/3aab814dc869a3b4d822b15a1278b6de



●金沢まるの日ワークショップ、フォーカス15編 8月10日日曜日

http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/eb13c507b385ba4f95ee148646d7f363




8月「夜会」ほぼ定員になってしまいました。今後はキャンセル待ちになりそうです。

http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/680137c05077bc21da09abf0f0833427


●9月からの東京でのワークショップの参加者募集を開始しておりますので、興味ある方はよろしくお願いします。

9月27日 <東京(新)知覚訓練ワークショップ>
http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/b1bc52939ff4bc9232624d8877f54dfd


9月28日 <東京 あの世ワークショップ>
http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/4bc7c26909ab99ed9be179a0ea13588c




【へミシンク質問箱】
ただ今募集中です。過去の内容は左のカテゴリーにある「ヘミシンク質問箱」を見ていただくと、様々ありますの参考にされてくださいね。
コメント欄に、タイトル「へミシンク質問箱宛」と書いていただきまして、
ヘミシンクから全く関係ないスピの話から、艦これの開発レシピまで。
気になったことをご質問いただけましたら、そちらにお答えさせていただきますので。
今までのご質問は「カテゴリー」の【へミシンク質問箱】にありますので、興味あるかたはそちらもお読みください。



<まるの日圭の「出張ワーク」>

をご希望の方は下のアドレスにて、内容のご確認をされてください。今からですと9月のお申し込み受付中です。
呼び出し次第でどこへでも。「大勢の知らない人とワークするには、ちょっと気が引ける」「気のあった仲間同士でうけてみたい」という方々のために。
お考えの方はお早めによろしくお願いします。
http://blog.livedoor.jp/nekooru/archives/8144160.html








【今後のワーク予定】

●大阪のほうは9月20日、21日、と日別で募集中でしたが、20日は満席。21日もあと一人くらいになっております。キャンセル待ちの方もお申し込みいただけましたら、キャンセルが出次第順にご連絡致しますよ。


9月20日<癒しのヒーリング編>(キャンセル待ち)
http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/9f30ae152335cbeb8b8a11034f062199

9月21日<引き寄せの引力編>(キャンセル待ち)

http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/d6f19a5726ac725dc210bc6943b8bb2a

●8月には東京にて2日間「ハート・イン・クリエイティングワーク」を行います。現在募集中

<8月、東京ハート・イン・クリエイティングワーク>(キャンセル待ち)
http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/f3a6828f5a8b2904deb73fdad4a41e62






有料メルマガ、「まるの日圭の見えない世界の歩き方」今は「日本的あの世の話」になってます。
http://www.mag2.com/m/0001603200.html


有料メルマガ「まるの日圭のヘミシンクCD活用講座」も始まっております。
http://www.mag2.com/m/0001626812.html





ヒーリングサロン ネコオルにて、2013年度版の新作へミシンクCDを販売中です。
ついでにセール実施中。今月、ゲートウェイも入荷しました。
paypalも使えるようになりました。カードを持っているかたにはおすすめですね。
http://marunohikafe.cart.fc2.com/?sort=5

まるの日圭の「ヘミシンク」アプリの紹介ページ
http://catchapp.net/item/detail/582507011


フェイスブックで「まるの日圭」のファンページ作ってみました。
イベント、セミナー紹介とか、ちょっとしたコラムなどを連載していきます。
http://www.facebook.com/marunohikei



<ヒーリングサロン・ネコオル>
ただ今セール実施中。天然石アクセサリー、20%off(一部商品を除く)
ヘミシンクCDも値引き販売有り。
2013年新作CDも販売中です。
http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=51


まるの日圭のガイド拝見もタイミング良ければありかも?
http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=36


まるの日圭のペットガイド拝見、いつのまにかスタートしてます。亡くなったペットのメッセー
ジもあります。
http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=55


ヒーリングサロン・ネコオル、まるの日圭オリジナル、グリッドワークでも使用してます、「トータルセルフとつながるCD」、「よく分かるヘミシンクDVD」 共に販売中!!
なーやさんのクリスタルボウル演奏DVD、CD、Taijyuさんの鍵盤ハーモニカCDも発売してます。
http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=44


・「ハイアーセルフ・シンボルアート」 あなたのハイアーセルフをアートにして描いていいきます。個人用マンダラみたいなものですね。ついに始動
http://marunohikafe.cart.fc2.com/ca60/1030/p-r60-s/


石の精カラーイラストとメッセージ、開始しました。お気に入りの鉱物、ペンダント、アクセサリーからの声やそのエネルギーの姿をイラスト化し、リーディングしますよ

http://marunohikafe.cart.fc2.com/ca62/1266/p-r62-s/


・ヒーリングサロン・ネコオルのセミナー情報、遠隔「 高次シンボルヒーリング 」の内容などはこちら。
http://blog.livedoor.jp/nekooru/archives/5623812.html









願ってイズクモ! (impress QuickBooks)
丸尾 佳
インプレスコミュニケーションズ



誰でもヘミシンク -サラリーマン『異次元』を旅する
まるの日 圭
ハート出版


誰でもヘミシンク3-あの世の会いたい人に会える本-
まるの日 圭
ハート出版





誰でもヘミシンク2-おもしろすぎるガイド拝見
まるの日 圭
ハート出版


ヘミシンクのふるさと モンロー研わくわくドキドキ体験記
まるの日 圭
ハート出版






世にも不思議な異次元体験 ヘミシンクで「人生は変えられる」のか? (マーブルブックス)
まるの 日圭,松村潔
中央公論新社








『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 熊本の女性? 今日もご質に... | トップ | 今日はスタ☆レビ新アルバム来... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
【犬と猫の質問】の回答ありがとうございました (フォイル)
2014-08-05 21:31:19
なるほど、なるほどと思いながら読んでました。
しかし、まるの日さんが好きな動物は鳥とは意外でした。

自分の場合、自分が生まれた時には既に犬が家にいて
それから犬が亡くなったら、また飼う、と続き
社会人になって実家を出るまで
計4匹は飼ってましたが、飼っていた樺太犬を除き
(樺太犬は拾ってきた犬ですが、他はコリー2匹や雑種)
どの犬も割りと早死にしたのは、何かから守ってくれてたのかもしれませんね。
どの犬も外飼いでしたが、最近、両親が柴犬を室内飼いしてます。
この犬も過去飼っていた犬の生まれ変わりなのかもしれませんね。

自分も社会に出て約20年
自分の置かれた環境もあり、ずっとペットのいない生活をしてきましたが
最近はペットが飼いたくなり犬か猫を考えていますが
これも過去飼っていたペットの生まれ変わりが私の元に来たがっているのかな?とか思ったり思わなかったり

そういえば、私が社会人になり実家を出て5年位経ったころ
地元のある震災(3.11ではありません、随分前の話)で、孤児になったシェルティーがいて警察が保護したらしいのですが
警察から両親にこの子の里親になってくれないか?と言われ
飼っていた事を思い出しました。
その時は親も、ウチはコリーに縁があるねぇとか言ってましたが
不思議な縁はあるのかもしれませんね。
そのシェルティーももうこの世にはいませんが・・・
(シェルティーも10年以上前の話です)

ちなみに自分も柴犬か、猫は飼った事がないので、それで猫のどちらかを飼おうかと思ってます。

スピ視点からのペットの話、大変面白く、また勉強になり、楽しく読んでいました。
ありがとうございました。
動物の件ありがとうございました (k)
2014-08-05 21:37:22
いつも丁寧にご回答頂きまして感謝しております。正直に生きることが大事なのですね!私も嫌われてはいないのですが長時間一緒にいてくれないので寂しいのですが、それで彼らがハッピーならそれを受け入れる様にしつつ、私ももっともっとオープンに、精神性も高くなれるように努力したいです。
まるの日さんの「3年後に戻ってくるよ」の猫ちゃん、戻ってきたら是非ブログで報告してくださいね!私の昔の犬もいつか戻ってきてくれる事を期待してます。
ペットは良いですよ。 (りんパパ)
2014-08-05 22:21:28
 まるの日さん、こんにちは。

 私も子供の頃に、ネコちゃんを飼っていて、50を過ぎてからまた飼いたくなって、今のネコちゃんがいます。
 不思議なことに、子供の頃も二匹のネコちゃんでしたが、今も二匹のネコちゃんです。
 マンションも、ペット可のマンションで、ネコチャン二匹までは飼えるところです。

 久しぶりのペットですが、飼って見るとなかなかいいものですよ。
ムツゴロウ (かぉちん)
2014-08-05 23:07:20
まるの日さんがムツゴロウさんやってるところを想像するとツボに入ってしまいました。

まるの日さんがペットにも本音トークを!とあるワークで言われていたのを受け、ことあるごとに、とくとくと飼い犬を説得していますが(ねるべくソフトに)、なかなかに効果があるようで、大変感謝しています。

それまではこうあるべき、で接していたのですが、こちらもあちらも楽に自然体で、でも言いたいことはわかりやすくできればやんわり言っておこう、なアプローチは人間にも通用しそうです。

ペットのワークも期待しています!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL