まるの日<へミシンクのある暮らし> まるの日圭(真名圭史)の公式サイト

家ネコ17匹を世話するために本を書いたり都会に出かけたり。見えない世界とともに日常を生活する一人の男の物語。

今日はオポノポノの話とか

2014-07-02 20:38:52 | へミシンク質問箱
今日は雨っぽい一日で、「梅雨だなぁ」という日を過ごしております。
こういうしとしとと降る雨のなか、ぼーっと過ごすとまたいい感じなのでしょうけど、仕事がいつも追いかけてくるのでそうもゆっくりしていることはできませんね。

で、仕事の合間には「ヘミシンクCD」を聞いて昼寝したり寝落ちしたりしていますが。
いや、普通に聞けば寝ますって。

こういう時は寝る前に「本日は寝ている間に過去生開放」とか「寝ている間に最高のリラックス」とか「寝ている間にガイドメッセージ」とかイメージしながら聴きながら寝る。
というのを併用すると、寝ている間に無意識下でなんかやっていること多くてですね、
寝起きにスッキリしていると何かしら「いいことあったらしい」と言う感じになります。これは僕のヘミシンクの聞き方で実践してきて結果の出ているものなので、
「どうも聞いてたら寝るがな」という方は、座ってきくか、無意識で変化を求める「他力本願モード」で聞くか、でありますね。
ガイドや見えない存在が常に導いてくれているのなら、お願いしてたら聞いてくれるはずですからね。

実際、このやり方でサラリーマン菓子職人時代は激務を乗り越えてましたので。
フォーカス10聴きながらリラックスを求めるといいですよ。

外は、雨に濡れた紫陽花の花がしっとりとしていて。
雨に煙る阿蘇の山並みもなんか幻想的で。

こういう日もまたいいものであります。


今日もこちらのコーナー!

【ヘミシンク質問箱(関係なくても可)】

<今日のご質問>

はじめまして。
まるの日さんの著書やブログ、楽しく拝読させていただいています。

ヘミシンクとは内容が違ってしまうのですが、同じ精神世界系のものとして取り扱われているホ・オポノポノについてヘミシンク的、もしくはまるの日さん的見解を伺ってみたいと思いこの場を利用させていただきました。
というのも、まるの日さんの著書の一つである「モンロー研わくわくどきどき体験記」にブルーソーラーウォーターについての記述があり、まるの日さんもオポノポノの存在知ってるんだ、と思いまして。
私自身、3年位前にオポノポノを知って、心に痛みや重さを感じた時にそれらを実践することによって、確かに苦しみから解放されている実感があり、有効な手段であると感じています。
しかし、ただ言葉を唱えることや、太陽に晒した水を飲むことによってなぜこのようなことが起きるのかということに対して最近不思議に思う気持ちが止められません。
特に、ヘミシンクに出会ってまるの日さんやモンローさんの著作を読むことで、例えば高次の存在にも様々な存在がいるというように、神聖なフィールドの中においても細かく具体性のある、ある意味現実的な世界が展開されていることを知り、オポノポノの効力に対する好奇心が刺激された気がします(笑)
また、オポノポノで言うところの「記憶を消去する」というのが、ヘミシンクのレトリーバルやエネルギー変換BOXと似ている気がしましたので、それについても伺いたいです。

長くなってしまいましたが、
1.オポノポノのクリーニングによって起きることに対するヘミシンク的、もしくはまるの日さん的見解
2.オポノポノとヘミシンク(レトリーバル、エネルギー変換BOX、もし他にもあればそれも)の類似点、共通点
についてお教えいただければ嬉しいです。
よろしくお願いします。


<お答えさせていただきます>

ホ・オポノポノは僕はやってませんがヘミシンクやっている方とか、スピリチュアルに興味をもたれた方はたいてい知っているので、いろいろとお話も聞きますし。
僕のサロンではヒーリングにきた方には阿蘇の天然水を出してますが。それが青い瓶に入れて日にあてた「ブルーソーラーウォーター」だったりしますよ。

実際、これをやるとただでさえ美味しい水が、さらにまろやかになる感じがしておりまして。スピリチュアル的にどうとかそういうのもありますけど、個人的に「味わいが柔らかくなる」ので積極的に使っております。

で、お話を多くの方から聞いた結果、
「目指すところは同じだな」と思ったので特に積極的にやってみようと思ってないだけでして。考え方や物事の捉え方にはとても共感するものがあります。
なので、ヘミシンクと同じところ目的にしてますが、手法が違う、ということでしょうか。

ネギトロ丼を作るときに「包丁の切れ味」に注意するのか「素材の親和性」に注意するのか。その違いみたいなもんでしょうかね。
余計わかりにくいかもしれませんが。


オポノポノについては、パソコンで入力しにくいのでネタに出さないというのもありますが(半分本気)、なんとうか、神道みたいな雰囲気をすごく感じるのですよね。
祝詞あげる感じで言葉述べているイメージありまして。
自然の中に感謝と自分がその中に存在している事を受け入れる意識を持って、今の自分が抱えているものをうまい具合に循環させていく。というイメージを持っております。
真言などの力のある言葉じゃない分、世界にやさしいのかなと。

車が壊れたときに、どこに注目するかで見え方が異なりますしやること変わってきますよね。
例えば、自分の愛車が止まったとしますと。まず「循環系」を見て、ガソリンが来ているか、水が切れてないか、オイルが足りてるか?と見ていくのがオポノポノの世界で。
オイルがどういうふうに働いて車を順調に動かすのか。冷却水はラジエーターからちゃんと行き届いているのか?ガソリンはキャブ(今時ないですが)が詰まってんじゃないか?
とか細かく見ていくのがヘミシンクのレトリーバル的な捉え方かと思います。

水入れて、車が治れば「よし、これでいい感じ」というのと
水入れて車が治らない場合に「じゃあ水漏れないかチェック!」とやれるのがレトリーバルや過去生の開放、といった部分になるかなと思います。

冷却水、オイル、などを定期的に「ちゃんとしたメーカー品」などで交換していると車は意外と壊れません。それに、調子も良くなっていきます。ガソリンも洗浄剤入り、水抜き剤など入れていると他の部分も壊れにくくなりますね。
こういうメンテナンス的なものがオポノポノで。
モンロー研の行っているやり方は、作った人が技術者なんで。どうしても「燃料の循環はキャブのバランス調整から」とか「オイル交換するときはターボ車なら粘度が低いより高いほうが」とかマニア的に見ていくのがレトリーバルなどそういうモノになるかなと思いますよ。

原因を細かに見て開放する。ただし、その開放の手順に囚われてしまうとその本来の目的を忘れてしまうこともありますので。
個人的にはオポノポノのような「全体的に調子よくする」メソッドをやってヘミシンクCDを活用されるとさらにいい効果が出ると思いますけど。

車乗るときにオイルの粘度まで気にする人があんましいないように。人それぞれ、自分にとってやりやすい手法をやっていると一番いいと思いますよ。

と、一応前置きこんな感じです。

一応、一通りの考えは書いておりますが、ご質問の1と2についてお答えしますね。
1、 について。オポノポノでのクリーニングは個人的には「ガイドにお願い!」的な印象を受けますね。自分を守ってくれる、導いてくれる存在を「信じて」その方々と自分がつながっていて。それで自分にとって人生を生きる上で引っかかる滞りみたいなものを「ガイドの視点で」取り除いていただく感じでしょうか。
「自分と自分の関わる全ての存在」が上手く回っていきますように。そんなイメージがありますので、どちらかというと僕はヒーリング的なものを感じますね。

高次シンボルヒーリング(僕のオリジナルですが)を使っているときの感覚に似ているなぁ、と資料読んでて思いました。

ヘミシンク的にはレトリーバルで使う領域から上を全体的にまんべんなく使っている感じがしますので、より高次的なエネルギーも使える気がします。
ただし、行う人がどこまで「見えない人達」「ガイド的存在」を信じているかによりますので。そこをあんまり信じてない方がやると、下手したらレトリーバルより低いところ使うこともあるかもなぁ、と思うところ有ります。
なので、やはりちゃんとやりたい方は本だけでなくオポノポノ教えてくれるところで学んだがいいと思いますよ。
「世界を信用する」みたいな感覚がある人は一気に高いところのエネルギーを活用できますので、たぶんものすごい変化が訪れてくる手法ではないかと。
僕の「ハートインクリエイティング」ワークで使った領域を使うのだと思いますし。いわゆるワンネスみたいなハートのエネルギーを活性化した状態ですね。



ヘミシンクのレトリーバルなどは、そういう領域が限定されているので。逆に言えば個人レベルでの才能とか。個人レベルでの信じている度合いとか。そこに左右されにくいので「誰でも勉強すれば」出来るようになる技だと思っています。
それによる変化を重ねていくことで、自分と自分をサポートしてくれる存在をさらに信用できるようになるので。だんだん高いレベルのエネルギーに入っていく事も可能だと思ってます。順を追ってじわじわと体験しながら学んでいくパターンですから。

なので、才能ないなら努力でカバー、と思っている僕のような人とか。マニア的に「追求しないと」と思う人なんかには向いてますね。
結果、僕もワンネスとかそういうエネルギーの感じをヒーリングでもワークでも最近使っているところですので。行き着くとこは同じではないかと思います。

天才肌にはオポノポノ、秀才肌にはヘミシンク。みたいなイメージはありますけど、どちらもちゃんと「指導してくれる」方のお話を良く聞いて学んでいればどちらも行くとこ同じだと思いますので。あとは好みでいいのではないかと。

でも、個人的には組み合わせ可能だと思うので、クリーニングとヘミシンクCDを合わせたら最強な気はしますね。


2、 について。二つの手法の類似点ですか。
最終的な目標は同じですよね。自分の人生をクリアに豊かに過ごしていきたい、現実世界をより良く過ごしていきたい。というところで。
レトリーバルもクリーニングも同じ「無意識にある滞り」を解消させるための手法ですよね。それがあるから人間行動に移せずに願望も実現できずに人のせいにして、結局自分の周りが悪いになって。それで世界を信用できなくなっていくと、
人生の流れがものすごく滞るものになると思います。

それを防ぐには、自分以外の世界が「優しいもの」自分の世界が「美しいもの」であると感じられる事でして。そのための暗示につかえるのがアファメーションにコマンドみたいなものになると思います。

自分の世界を開放する手法はエネルギー変換BOXでも同じで。ネガティブなものを放り込んだら美しくなって帰って来るようにイメージしたり。レトリーバルすることで自分に関わる世界を開放したり。そういう実際に行動して体験していくのがヘミシンク的な手法なのかなと思います。


と言う感じで、今日はこのご質問にお答えさせていただきましたが。あくまで僕の個人的な意見ですので、参考程度にされてくださいね。

なんでもそうですけど「実際に自分でやってみて」判断するのが一番いいと思います。
ヘミシンクCD、モンロー研の手法が僕が好きなのは「自分でやれる」ことの幅が広いので。
自分なりに探求を進めて行けばそれなりに得るものも多いし。他のメソッドとの組み合わせも無限だし。
日常生活でも使える技多いし。

両方を自分でやってみて、そこでいろいろ気づくところを抑えて行くといいのだと思います。
僕はこういうメソッドは天然石と同じで好き嫌いで選ぶのが一番いいと思いますので(笑)

無理にオススメはしませんが。ヘミシンクCDなどがお入用の時、天然石が入用のときはこちら

ヒーリングサロン・ネコオル

http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=51


でお買い上げいただくとありがたく思います。
と宣伝に引っ張って今日はここまで。

またご質問などもお気軽にどうぞ。




【へミシンク質問箱】
ただ今募集中です。過去の内容は左のカテゴリーにある「ヘミシンク質問箱」を見ていただくと、様々ありますの参考にされてくださいね。
コメント欄に、タイトル「へミシンク質問箱宛」と書いていただきまして、
ヘミシンクから全く関係ないスピの話から、艦これの開発レシピまで。
気になったことをご質問いただけましたら、そちらにお答えさせていただきますので。
今までのご質問は「カテゴリー」の【へミシンク質問箱】にありますので、興味あるかたはそちらもお読みください。



<まるの日圭の「出張ワーク」>

をご希望の方は下のアドレスにて、内容のご確認をされてください。今からですと9月のお申し込み受付中です。
呼び出し次第でどこへでも。「大勢の知らない人とワークするには、ちょっと気が引ける」「気のあった仲間同士でうけてみたい」という方々のために。
お考えの方はお早めによろしくお願いします。
http://blog.livedoor.jp/nekooru/archives/8144160.html








【今後のワーク予定】

●8月には東京にて2日間「ハート・イン・クリエイティングワーク」を行います。現在募集中

<8月、東京ハート・イン・クリエイティングワーク>
http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/f3a6828f5a8b2904deb73fdad4a41e62


<<最新>>

●金沢まるの日ワークショップ、フォーカス12編 8月9日土曜日

http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/3aab814dc869a3b4d822b15a1278b6de


●金沢まるの日ワークショップ、フォーカス15編 8月10日日曜日

http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/eb13c507b385ba4f95ee148646d7f363


●7月 東京夜会
7月19日、
7月26日
に18:30より行います。会場はいつものとこ。
http://blog.goo.ne.jp/marunohi/e/60aaef9f31fc19da1e000ca7a437f27c





●関西時空探索ワーク


「現代編」7月12日も定員に達してしまいました。






有料メルマガ、「まるの日圭の見えない世界の歩き方」今月からは「あの世の話」になってます。
http://www.mag2.com/m/0001603200.html


3月14日から「まるの日圭のヘミシンクCD活用講座」も始まりますよ。
http://www.mag2.com/m/0001626812.html





ヒーリングサロン ネコオルにて、2013年度版の新作へミシンクCDを販売中です。
ついでにセール実施中。今月、ゲートウェイも入荷しました。
paypalも使えるようになりました。カードを持っているかたにはおすすめですね。
http://marunohikafe.cart.fc2.com/?sort=5

まるの日圭の「ヘミシンク」アプリの紹介ページ
http://catchapp.net/item/detail/582507011


フェイスブックで「まるの日圭」のファンページ作ってみました。
イベント、セミナー紹介とか、ちょっとしたコラムなどを連載していきます。
http://www.facebook.com/marunohikei



<ヒーリングサロン・ネコオル>
ただ今セール実施中。天然石アクセサリー、20%off(一部商品を除く)
ヘミシンクCDも値引き販売有り。
2013年新作CDも販売中です。
http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=51


まるの日圭のガイド拝見もタイミング良ければありかも?
http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=36


まるの日圭のペットガイド拝見、いつのまにかスタートしてます。亡くなったペットのメッセー
ジもあります。
http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=55


ヒーリングサロン・ネコオル、まるの日圭オリジナル、グリッドワークでも使用してます、「トータルセルフとつながるCD」、「よく分かるヘミシンクDVD」 共に販売中!!
なーやさんのクリスタルボウル演奏DVD、CD、Taijyuさんの鍵盤ハーモニカCDも発売してます。
http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=44


・「ハイアーセルフ・シンボルアート」 あなたのハイアーセルフをアートにして描いていいきます。個人用マンダラみたいなものですね。ついに始動
http://marunohikafe.cart.fc2.com/ca60/1030/p-r60-s/


石の精カラーイラストとメッセージ、開始しました。お気に入りの鉱物、ペンダント、アクセサリーからの声やそのエネルギーの姿をイラスト化し、リーディングしますよ

http://marunohikafe.cart.fc2.com/ca62/1266/p-r62-s/


・ヒーリングサロン・ネコオルのセミナー情報、遠隔「 高次シンボルヒーリング 」の内容などはこちら。
http://blog.livedoor.jp/nekooru/archives/5623812.html


願ってイズクモ! (impress QuickBooks)
丸尾 佳
インプレスコミュニケーションズ







誰でもヘミシンク2-おもしろすぎるガイド拝見
まるの日 圭
ハート出版


ヘミシンクのふるさと モンロー研わくわくドキドキ体験記
まるの日 圭
ハート出版





『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は石とウイングメーカー... | トップ | 雨がすごい日でした »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
梅雨の晴れ間 (りんパパ)
2014-07-02 20:47:53
 まるの日さん、こんにちは。

 そうか、最初から寝ている間に過去生の解放してくれるように頼めばいいのですね。
 良いこと聞きましたね。

 東京は、梅雨の晴れ間で、良いお天気でした。
質問返答お礼 (みっこ)
2014-07-03 16:26:08
オポノポノについての質問、こんなにも丁寧に返答して下さってありがとうございます。
とても分かりやすくてなるほど、なるほどと思いながら読ませていただきました。

私はヘミシンクを始めてまだ4ヶ月位で、もともとは死別した最愛の人に会うことが目的だったのですが、CDを聞いて記録を取ってとしていくうちに自分の内面がすごく整えられていって、その人との別れの際に負った深い傷もだんだんと癒えていくのを感じました。
まだ、その人と会ったりガイドと会ったりなどの言ってみれば超常的な体験は出来てないけれど、今は内面を癒して、整えて、ということが大事な時期で、そのようにしていく先に自然と向こうの世界と繋がれるようになれる時が来るような気がしています。

オポノポノもヘミシンクもそれに関わる著作も、いま私を苦しみから守り、自分自身に立ち返らせてくれる大事なツールであり存在です。特にまるの日さんの「あの世の会いたい人に会える本」には本当に本当に救われました。
なので、オポノポノとヘミシンクについて今回ここでまるの日さんから伺うことが出来て本当に良かったですし、嬉しかったです。

今回このような場を提供していただいて、また利用させていただいて本当にありがとうございました。
こうして、まるの日さんやヘミシンクやオポノポノやその他の自分がよいと思うもの、好きだと思うものに、つながろうと思えばいくらでもつながれる開かれた時代に生まれてきたことを幸せに感じています。
本当にありがとうございました。
これからも1ファンとしてまるの日さんを応援しています!
Unknown (インカローズ)
2014-07-03 19:54:22
こんにちは、いつも楽しく拝見しています。

7/2に質問された方の内容と少し被るかもしれませんが、言霊系ツールについて質問致します。

お祓いや除霊をする方が、お経や祓詞とかを唱えて、成仏させたり、祓ったりする行為
(本当にうまくいく場合と、そうでない場合とあると思いますが)と、
ヘミシンクのレトリーバルと、どこが違って、どこが同じだと思われますか?

アファーメーションと宗教のマントラとは、何が違うのでしょうか?

また、お経や祓詞が、祓いのツールとして、千年以上使われつづけてきたのは、
やはり、それ自体に何か力があるからなのでしょうか?

こういうマントラや言霊系ツールは、“使い手を選ぶ、誰でも使いこなせるわけではない”
(映画スターウォーズのライトセーバーみたいに?)と言われますが、
例えば、キリスト教徒の欧米人が、意味を理解せずに般若心経を唱えたら、
何かエネルギー的に効果があるのか、全く意味をなさないのか、どちらなのでしょうか?

ヘミシンクからすこしズレた質問になってしまいますが、
まるの日さんなりのお考えをお聞かせください、よろしくお願い致します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL