元祖toto’s blog
吉田拓郎ファン・燕の子育て日記・旅行日記
ペット・猫 みみ太(18歳没)Pちゃん(♀9歳)
カテゴリーで選んでね!
 




JR四国・復路の切符を、もらって帰りました。

改札がいなくなった時間に到着でしたので
「アンパンマン列車(JR四国の特急)」の車掌さんに
「記念に切符をいただけませんか?」と申し出ると、切符の内容を確認の後、快く「どうぞ」とおっしゃって下さいました。

切符には、目的地の「城崎温泉」
そして途中下車した「姫路」の刻印が鮮やかに残っています。
(到着駅等、一部を修正しています。)
そういえば往路の姫路駅で自動改札に通らなかったなぁ・・・
というのも、出発駅に自動改札機が無く改札印での乗車の場合、出発駅の情報が磁気に残らないので、こんな場合は到着駅では駅員さんに見てもらわなければならないわけで・・・ブザーがなって糞詰まりになった時には焦ったっけ・・・と、小さな事件の思い出まで・・・一枚の切符に色々な想い出が詰まっています。

切符は、JRに回収されても塵になる運命。
皆さんも思い出に残る切符なら、駅員さんに申し出ると持って帰ることが出来ると思います。また、JRの会社によっては「記念刻印」を用意されているとの事。遠慮せず申し出るといいと思います。


一ヶ月に亘る「銀婚式記念旅行」の記事も今日で幕を下ろします。

独り身であった29歳の私が良縁に恵まれ(山の神22歳)結婚、4人の子宝に恵まれました。人生、順風満帆とはいかず逆風の吹きすさぶ事もありましたが、家族全員一致団結し、銀婚式をこうして6人家族全員が元気で迎えることが出来ました。
そしてこれからも「今日までそして明日から」のように、こうして生きてゆくだろう・・・吉田拓郎の詩のように活きて行ければと思っています。そして「平々凡々」の有り難さを身に沁みて感じています。

長女・次女・長男・三女(実名じゃなくて御免)へ
この不出来な親に、身に余る「銀婚式記念旅行」をプレゼントしてくれてありがとう!おかげさまでこの2日間、とても幸せな時間を過ごす事ができました。本当に、本当に心から感謝しています。
ありがとうねっ!!

← CATEGORY 【城崎・姫路 旅の思い出】で、連続した旅行の記事をご覧下さい。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




canon eos kiss x2

一泊二日の「銀婚式記念旅行」帰路の姫路駅新幹線乗り場。
夕暮れ迫る12番乗り場に「のぞみ3号」が到着します。
駅員さんが凛として待つホームに近付いた「のぞみ3号」

シャッターを切りました。

と!上りの新幹線が!

何と言う幸運。
上下線共に動いている新幹線を一枚の中に収める事が出来ました。そして、そのタイミングもドンピシャ!たった一度のシャッター(それも縦位置)でこの映像は奇跡的でしょう。いい想い出とともに幕を閉じる事が出来ました。
そして「のぞみ3号」に乗車、我が家へ向かいました。

明日、もう一枚「おまけ(スキャナ画像)」をUPする予定です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





とうとう、旅行も最終盤です。
駅までの帰路も「観光ループバス」を利用。
偶然にも同じ運転手さんでした。
本線が渋滞、やっと近付いたループバスですが、バス停のレーンに入って来ません。車道本線をジワリ前進。そして、運転手さんは知ってか知らずか手を挙げる私に目を向けません。気付いてくれていないのではないかと不安になり、バスの停車位置まで数歩、歩み出て手を振りやっと目線が合いました。そして車道でドアが開き乗車・・

ここに2枚のループバスの一日パスがあります。
一枚、たった300円ですが、私達にとっては
本当に楽しい思い出が詰まった大切なパスです。

そのパスを見るたびに、「この車、危ないね」の児童の声と
「目線を向けない運転手さん」を思い出す事は悲しい事。

観光都市・姫路市、その観光の担い手である「姫路ループバス」という素晴らしいアイデアも「仏作って魂入れず」では寂し過ぎます。その素晴らしいバスに見合う「魂」、すなわち「人」の養成を切に願う次第です。Passを見て思い出す姫路・・・・姫路城が本当に素晴らしかったからこその再度の苦言、お許し下さい。  【老爺心より】

スキャナー画像の解像度を下げ、一部を修正しています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Google Earth(拡大)

広大な城内を振り返るために
好古園&姫路城をグーグルアースで覗いてみました。

三の丸広場とか一目瞭然。
広場の左上の位置に入城受付があり、あとは迷路のよう・・

あ!城内・西側の一角・・・足を運ぶのを忘れていた!
と、あとの祭り。
でも、まっいいかぁ~
見残しておく方が、次回の楽しみもあるって事だしね!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




canon eos kiss x2

料金所すぐの「菱の門」に戻ってきました。
ここは「三国壕」の向こうに見える姫路城を背景に
絶好の撮影ポイントになっています。
そして、茶屋のような赤い腰掛け、番傘まで用意され
「お姫様」と家族全員が想い出の写真に納まるよう
撮影ボランティアの方がシャッターを押してくれています。

行き道では行列には並ばなかったのですが・・・
ツーショットがほとんどないので写してもらう事にしました。
並んでいる間に状況を撮影(写真)。
コンパクトカメラと一眼レフカメラに担当の方が分かれ
私は一眼レフの方にカメラを預けました。
忙しい中、縦、横、両画面を撮影して戴きました。

とてもいい旅の想い出になりました。
スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

そして、たくさんの想いを胸に姫路城を離れました・・・

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




canon eos kiss x2

狭い階段を登り姫路城最上層に到着しました。
窓から見える光景は感動的。
広がる姫路市と眼前の鯱(しゃちほこ)。
殿様はここから指示を出し繁栄する姫路を築いたのでしょう。

全国各地で明治維新の際に焼き討ちされた日本の城。
姫路城が市民の英知をもって後世に残された事に感謝します。

← CATEGORY 【城崎・姫路 旅の思い出】で、連続した旅行の記事をご覧下さい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




canon eos kiss x2

天守閣に入りました。
靴を脱いだ階の一層上の階でさっそく行列。
これは?なぁ~に?
と、並んでいると「厠(トイレ)」を特別公開中だとか!
珍しいと思い並ぶ事数分。真っ暗な一角に入りました。
すると区切られた厠が二つ。
暗いのであまり分からなかったのですが写真ではこの通り。
400年前の武士達がここで用を足していたのです。
一般には公開されていないそうでちょっと得した気分でした。

そうそう、厠の使い方。(テレビで知った雑学)
座り込む方向は「向こう向き・こっち向き」さて、どっち?
正解はこっち向き。
向こう側にある立て板(今で言う・金隠し)は・・・
和服が汚れないように、和服の裾を板の向こう側に垂らし
用を足していたのだそうな。(元は「絹隠し」)

ただ、学説には色々あってこれが100%とは云えないでしょうがね。

参考 テレビ朝日・芸能人最強NO.1決定戦

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




canon eos kiss x2

今から400年も前に建設された姫路城(通称・白鷺城)。
石垣だけを眺めても、重機もない時代によくぞこれだけのものを作ったものだと、感嘆してしまいます。崩れる事無く、当時のままの美しく反り上る勾配がその設計の素晴らしさを的確に表しているようです。
忍者もここまで到達は出来なかっただろうし、万が一到達しても登れなかったのではないでしょうか。

忍者といえば途中で忍者姿の人に出会いました。一緒に写真に納まってくれる「観光の為のモデル」でした。
そして・・・もう一人の忍者の話!

小学校低学年の女の子が黒頭巾に黒い衣装の忍者姿で両親に連れられ観光中。ちょうど、行く道行く道で同じスピードになり共に天守閣へ!その可愛さに幾度となくシャッターを押したくなりましたが、そこは他人様のお子様。じっと我慢していました。そして、天守閣を降りる最中、真っ暗な階の隅にある一段高い棚から「やぁ~っ」って飛び降りる忍者ちゃん!驚いた?私は我を忘れて、とうとうシャッターを押してしまいました。
そして、ふと気付きご両親に「申し訳ありません。あまりに可愛らしくて・・」と申し出ますと、撮影した事を快く許して戴きました。本当に楽しそうな、明るいご家庭に育つお子様でした。

そして・・・手元には・・・
アングルの右端にしっかと写る忍者ちゃん、黒頭巾の隙間から見える愛らしい眼(まなこ)。とても大切な旅の想い出になりました。もちろん、他人様のお子様なのでブログにはUP出来ません。悪しからず・・・ドロンパッ!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




canon eos kiss x2

足腰が弱ったなぁ・・・の実感と共に
やっと本丸の真下まで到達。
ここまでの迷路のような(狭い)通路は要塞の要、
とても攻め上がる事はできないだろうなと思いました。

多くの人が、そびえ立つ本丸を見上げていました。
運良く人影皆無の刹那があったので一枚撮影。

それにしても威風堂々とはこの事。
本当に溜息が出るほど美しいお城ですね!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




canon eos kiss x2

料金所を通り迷路のような通路を一歩一歩登ってゆきます。
随分近付いたなぁ~と天守閣を見上げつつ歩いていると・・
なんと!桜が?! 咲いて?いる?? ような??

今は秋(11月2日)
まさか?桜が咲いているとは思ってもいませんでしたが・・・
本当に桜が咲いているではありませんか!
何と云う幸運!本当に美しい!
天守閣を背景に桜、桜を背景に山の神を撮影しました。
こんな贅沢してていいのかな・・・
本当に贅沢な時間を過ごさせてもらいました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




canon eos kiss x2

大手門をくぐり堀の内に入ると広大な三の丸広場です。
そこから見上げる天守閣はまだ遠方なのにこの威容!
一歩一歩近付くごとにその美しさが雄大さを伴い迫ってきます。
本当に立派な日本一のお城です。

それにしても敷地も広いっ!!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




canon eos kiss x2

大手門前、その威容に城を見上げてばかりでした。
そして、いよいよ姫路城に入城です。
この日はウォークラリーがあり、場内のグラウンドがその会場になっており城の内外はゼッケンを付けた子供達、そして応援スタッフが沢山活動していました。中にボーイスカウトの姿を発見。自分の小中学校の頃を思い出し「頑張れ!」と応援してしまいました。

念願だった(新幹線からでしか見た事がなかった)姫路城入城!
いよいよその時がやって来ました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




canon eos kiss x2



canon eos kiss x2 トリミング

滝あり、池あり、清流があり
火山(溶岩)あり、里山あり、平地があり
松林あり、竹林あり、花畑あり・・・
そして、それぞれの四季。(訪れたのは秋)

好古園では時代劇の撮影も行われるとの事。(下の写真等)
そういえば、どこか、昔見た事があるような・・・

しばしの間、タイムスリップ体験をどうぞ・・・

← CATEGORY 【城崎・姫路 旅の思い出】で、連続した旅行の記事をご覧下さい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




canon eos kiss x2

好古園に到着。
姫路城の隣に位置する庭園です。
姫路城は人でごった返していましたが、
一歩、好古園に入ると別世界。
静かな時が流れていました。

とても広い敷地にさまざまな日本庭園が広がります。
昔のお殿様・お姫様はここで遊んだのだろうなぁ・・・
など、色々な思いが浮かんでは消え・・・
日本人に生まれて良かったと、心底そう思いました。

長い時間を掛け、中年夫婦二人でしばし散策。
山の神をモデルに撮影を重ねました。
本当に素晴らい庭園でした。(詳しくはサイト検索でどうぞ)

あと2枚、明日に続く

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




canon eos kiss x2

姫路に到着。
4時間だけなので姫路城と好古園だけに絞り観光。
駅から程近いのですが「観光ループバス」があり
どこまででも100円。一日乗り放題で300円PASS。
日付も入って記念になるので乗り放題パスを購入、
ターミナル左端の乗り場から出発しました。

【運行ルート】
姫路駅前(神姫バスセンター)
姫路城大手門前
警察前(城見台公園)
美術館前
博物館前
清水橋(文学館前)
好古園前
大手前
姫路駅前(姫路OSビル前)

(列の一番前だったので)左回りなので左奥の座席を確保。
姫路城を眺めながらまずは一周(車窓からの姫路城・下の写真)
好古園前まで乗りました。
その日は三連休の中日でラッシュになっていてなかなか前に進みません。そして、主要道路を左折したかと思うと、一気に加速!自動車慣れしている私でも左右に振られ一瞬の恐怖を感じていたら・・・
前に座る小学校低学年と思われる児童がポツリ・・
「この車、危ないね・・・」
運転手さんは姫路観光の担い手なのですから、もっと高い責任感を持ってもらいたいものだと思いました。猛省を促します。

そしてもう一度左折すると狭く古い町並み。家に貼ってある地番などの「古い鉄の標識」がいい雰囲気をかもし出していました。さらに左折し程なく「好古園前」で下車しました。

続く

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ