ヒトリシズカのつぶやき特論

起業家などの変革を目指す方々がどう汗をかいているかを時々リポートし、季節の移ろいも時々リポートします

長野県諏訪市霧ケ峰にある踊場湿原では、ノアザミが花を咲かせ、チョウが乱舞しています

2017年07月31日 | 旅行
 長野県諏訪市霧ケ峰にある踊場湿原に、また行ってきました。約2週間振りの訪問です。

 この踊場湿原は、“池のくるみ”とも呼ばれていて、湿原の中心部に池と湿地があります。このために踊場湿原は“池のくるみ踊場湿原”という呼び名もあります。





 今年は池の水が少ないです。

 踊場湿原は標高 が約1530メートルと、車山高原・霧ヶ峰高原の中では標高が少し低い部分にあります。東西には約820メートル、南北方向に約100メートルと細長い湿原です。ここは、八島湿原と同様に、国の天然記念物に指定されています。霧ヶ峰高原の中心から少し離れているために、観光客はほとんど来ていません。

 踊場湿原の中程の側道から北東方向を見上げると、奧には車山(標高1925メートル)の山麓が見えます。



 今回は、車山高原は朝霧の中でした。

 踊場湿原では、ノアザミが花を咲かせ、ハチやアブ、チョウなどが来ています。



 本当は、ノアザミの花に留まったアサギマダラを撮影したかったのですが、近くには寄って来ませんでした。

 この湿原で咲く花に昆虫が来ていることから、モズなどの野鳥が時々、姿を見せます。踊場湿原の上部の草原に出て来たノビタキです。



 草むらの中では、ウツボグサも花を咲かせています。



 ノハナショウブの花も点々と咲いています。



 ノハナショウブの花の近くでは、コウリンカの花が咲いていました。



 コウリンカの花はこれからは増えるようです。

 そして、草原の中では、コオニユリも咲いていました。



 踊場湿原では、カッコウが時々、鳴きました。しかし、カッコウは近くには姿を見せませんでした。

 踊場湿原の下側では、諏訪市の市街地まで、森や農耕地が広がっています。

 その森の中では、オオウバユリが蕾を膨らませています。



 ここ数日間で、オオウバユリは花を咲かせます。



 オオウバユリの花が咲き始めると、盛夏は初秋に向かい始めます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長野県諏訪市の山麓にある霧... | トップ | 長野県木曽郡木曽町にある木... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
野アザミ (一輪車)
2017-07-31 06:44:56
踊場湿原では、野アザミなどが咲き、昆虫の楽園になっていますね。
アサギマダラとはいずれ出会えるのでは・・
オオウバユリの花が咲くと、ここでは見事な花になりそうですね。
一輪車さま (ヒトリシズカ)
2017-07-31 07:45:14
一輪車さま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

車山高原・霧ヶ峰高原では、これからヒヨドリソウやヨツバヒヨドリの花が咲き始め、アサギマダラが集まります。
こうした機会に、アサゴマダラを撮影してみたいと考えています。
踊場湿原 (イケリン)
2017-07-31 08:12:57
二週間ぶりに訪れられた踊場湿原ではノアザミやノハナショウブなどが
出迎えてくれたようです。
観光地は面白いもので、人気スポットから少し離れると人の姿が激減しますね。
いい撮影ポイントを探し当てられましたね。

ノビタキはいたるところで見かけられるのですね。 羨ましいです。
イケリン様 (ヒトリシズカ)
2017-07-31 08:37:27
イケリン様

コメントをいつもお寄せいただき、ありがとうございます。

この踊場湿原は、観光地から離れているために、静かな湿原です。

広大な湿原の中に、チョウやハチ、トンボ以外に、カミキリムシなどの多彩な昆虫が来ています。

この昆虫を狙って、野鳥もある程度、来ています。
これからは霧ヶ峰高原・車山高原は、急速に秋に向かいます。
やはりガス (fukurou0731)
2017-07-31 09:15:12
ヒトリシズカ様
おはようございます。
やはりガスが出ていますね。
信州は今年の夏、なかなかスッキリと晴れてくれないようですね。
その中で花が咲き、蝶が舞い、鳥が囀ずっているのですね。
fukurou0731さま (ヒトリシズカ)
2017-07-31 11:08:09
fukurou0731さま

コメントをいつもお寄せいただき、ありがとうございます。

霧ヶ峰高原・車山高原も天気が不安定なのですが、実は佐久荒船高原は雨模様が続いています。元々、内山峠付近は夏は(7月は)霧や小雨の多い特異な地形です。

このために、弊ブログでは「佐久荒船高原便り」を更新できないのです。コスモスがいくらか育ってきました。
ノビタキの王国 (ヒキノ)
2017-07-31 11:24:39
踊場湿原、車山肩、強清水のあたりはノビタキの夏の営巣場。
キレイな小鳥ですね。この鳥を見たくて東京方面から、関西方面から撮り鳥屋さんが訪れるようです。なぜか美ヶ原や池の平では見かけません。

夏の高原は素晴らしいですね。

前にお話ししたキベリチョウはキベリタテハでした。まだ見ぬチョウです。
比企の村人さま (ヒトリシズカ)
2017-07-31 12:24:00
比企の村人さま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

今年の車山高原・霧ヶ峰高原は、梅雨明け前の方が天気は安定した晴の時間が多く、散策しやすい日々でした。梅雨明け後の7月下旬は、朝霧が濃く、野鳥観察にはあまり向いていない日々です。

車山肩も霧の駅も駐車場は、土日でも車が並ばない感じです。喜んでいいのかどうかは微妙ですが・・

それでも、バズーカ砲のような望遠レンズ付き一眼レフカメラを三脚に載せた野鳥観察愛好家が何人かは動き回っています。
Unknown (takayan)
2017-07-31 20:54:56
こんばんは。
19日から2泊3日で信州の旅をして来ました。
初日の午後、車山高原と八島湿原を散策し、
翌日は上高地、その後は乗鞍岳の畳平での宿泊でした。
車山高原のニッコウキスゲが、ちょうど見頃で、本当にきれいでした。
踊場湿原は近くなんですね。
車山高原では、野鳥撮影の大砲が並んでいました。カメラマンに、何の撮影かと尋ねると、ノビタキだと仰ってました。
一瞬姿を見ただけでしたが、今日の写真でノビタキがよく分かりました。
このオオウバユリが咲けば見事でしょうね。
takayanさま (ヒトリシズカ)
2017-07-31 21:12:18
takayanさま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

takayanさんが訪れた7月19日ごろが、ゼンテイカの開花が一番、見事な時でした。
7月下旬は車山高原・霧ヶ峰高原では、早朝などに濃霧が出て、時々は雨模様でした。

少しがっかりなさるかもしれませんが、車山肩でお会いになったホオアカは、間違った考えの野鳥観察愛好家が餌付けした個体です(この辺は、弊ブログに書いてあります)。

7月下旬は、車山肩ではホオアカが多く、ここから東側に1キロほど東にある富士見台ではノビタキが多いという不思議なことがありました(八島湿原でもノビタキのヒナが産まれ、繁殖していました)。
次回は、富士見台の車山山麓にも足を伸ばされると、車山高原の多様性をお感じになることと思います。
遅れていたヤナギランの花が見事になり始めました。

今年は、車山肩ではカッコウがよく出てきたので、バズカー包のような望遠レンズが早朝(午前5時から6時まで)に並びました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む