ヒトリシズカのつぶやき特論

起業家などの変革を目指す方々がどう汗をかいているかを時々リポートし、季節の移ろいも時々リポートします

さいたま市見沼区を流れる芝川沿いでは、ハシビロガモなどを観察しました

2017年02月24日 | 季節の移ろい
 さいたま市見沼区を流れる芝川沿いの岸辺では、クイナなどの水鳥がいると聞いて、出かけてみました。残念ながら、ハシビロガモなどのカモ類しか、観察できませんでした。

 芝川は、埼玉県東部を流れる荒川支流の河川です。さいたま市見沼区では、西側から東方向に流れ、東側から南に向かいます。芝川は、江戸時代に干拓された見沼田んぼの中を流れています(湿地の水の排水路のようです)。

 見沼区を流れる芝川の両岸には、畑と造園業の方々の園芸種の木々を育てる園芸園が広がっています。

 ある園芸園では、マンサクの木が黄色い花を多数、咲かせています。





 黄色いマンサクの花の背後に見える明るい褐色の花は、シナマンサクの花です。シナマンサクの木も花をよく咲かせています。

 川上と川下で高低差があまりないために、ゆったりと流れている芝川には、コガモとハシビロガモなどのカモ類が水面を泳いでいます。



 コガモのオスとメス(灰色系の羽根模様)です。



 コガモのメスの灰色の梨地(なしじ)模様は、よく見ると美しいものです。



 数羽いるハシビロガモは、大きなくちばしで、川底のエサを探しています。







 芝川の淀み近くの岸にある木の杭(?)の上に、カワセミが飛んできて、留まりました。





 カワセミは、芝川の淀みの中を泳いでる小魚を狙っています。

 残念ながら、今回はクイナなどのお目当ての水鳥には出会うことができませんでした。

 関東地方では、春三番が吹いたこの日は、関東地方では午後には気温が20度(摂氏)ぐらいまで上がり、暖かい春めいた陽気の日になりました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 埼玉県川越市伊佐沼にある伊... | トップ | 東京都千代田区の皇居東御苑... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
芝川沿い (里山歩き)
2017-02-24 06:55:37
さいたま市を流れる芝川には、流れが緩やかなところに、コガモなどが集まっていて、散策するのが楽しいでしょうね。
カワセミも出てくるので、ますます散策してみたくなります。
里山歩き様 (ヒトリシズカ)
2017-02-24 07:28:13
里山歩き様

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

さいたま市見沼区を流れる芝川沿いには、散策路があり、散策しやすい感じです。

近くには桜並木もあり、これからの散策は楽しそうです。
Unknown (イケリン)
2017-02-24 07:42:38
お目当のクイナなどには、お目にかかれなかったようですが、
野鳥は、いつも出て来てくれるとは限らず、残念な思いをすることが多いですよね。
それでも羽の美しい、コガモやハシビロガモなどに出会えただけもでよかったじゃないですか。

マンサクとシナマンサクの黄色と褐色の組み合わせが素晴らしいですね。
黄色の奥の褐色のボケが印象的です。
イケリン様 (ヒトリシズカ)
2017-02-24 07:58:32
イケリン様

コメントをいつもお寄せいただき、ありがとうございます。

今回のさいたま市の芝川は流路が長いので、また歩いてみて、クイナを探してみます。

園芸業者のマンサクの木の育成所では、多くのマンサクが花を咲かせていました。その背後に、シナマンサクの花が咲いていて、いい撮影対象になりました。
今朝もたくさん有難うございました。 (ちごゆり嘉子)
2017-02-24 08:26:16
マンサクの花と褐色のシナマンサクの花など幾種か咲いていて よかったですね。
さいたま市の芝川・・・流れが緩やかなのでしょうね、
鴨さんがいて、お詳しいんですね。羽の色がきれいなあ・・・
 私なんか全部が鴨さんです(苦笑)
勉強させてもらえました。
ちごゆり嘉子さま (ヒトリシズカ)
2017-02-24 08:49:09
ちごゆり嘉子さま

コメントを重ねてお寄せいただき、ありがとうございます。

今回、観察したカモ類では、ハシビロガモは少し珍しい部類のカモです。

さいたま市見沼区を流れる芝川は、江戸時代に見沼湿地を見沼田んぼに干拓した歴史的な土地です。

昭和時代の高度成長期以前は、田畑や園芸用樹木の育成地でした。いまは、芝川から少し高い土地は住宅街などです。

芝川沿いには、ソメイヨシノの桜並木も多く、春は華やかになります。
Unknown (fukurou0731)
2017-02-24 09:14:19
ヒトリシズカ様
おはようございます。
ハシビロガモは嘴がへら状になっているのが特徴なんですね。羽の色も美しいですね。遠くから見るときは羽の模様が同定の決め手になるとでしょうか?!
カワセミ (COP10)
2017-02-24 09:16:01
今回の芝川散策では、またカワセミに出会っていますね。
御ブログでは、カワセミがしばしば登場します。
カワセミを観察されて、いいですね・・
fukurou0731さま (ヒトリシズカ)
2017-02-24 09:47:35
fukurou0731さま

コメントをいつもお寄せいただき、ありがとうございます。

今回、芝川で観察したハシビロガモは、横幅の広いくちばしが特徴で、これだけでハシビロガモだと分かります。
ハシビロガモは浅瀬をくちばしを開けて進み、シャベルカーのようにエサを探しているようです。

予想以上に、ハシビロガモの雄は顔周辺や背中の羽根の模様が美しいカモです。ハシビロガモは、浅瀬によくいるために、遠くから見たことはあまり無いのですが、割と目立つカモなので、比較的分かりやすい外観のカモです。
芝川 (冬虫夏草)
2017-02-24 15:36:27
さいたま市見沼区などに広がる見沼田んぼの干拓に利用された芝川の今が分かりました。
広大な見沼田んぼの中には公園など緑地や池なども多く残っているようです。
見沼田んぼのハイキングも盛んなようですね。

コメントを投稿

季節の移ろい」カテゴリの最新記事